« とりあえず簡単に | トップページ | 今年も終わり »

ノーベル賞・・・・・・

有馬記念については明日にでも回顧を書くとして、とりあえずはてブでも人気らしいこの記事に食いついておく。

「塾は禁止」教育再生会議で野依座長が強調
http://www.asahi.com/national/update/1223/TKY200612230248.html

議事要旨によると、野依氏は「塾はできない子が行くためには必要だが、普通以上の子供は塾禁止にすべきだ。公教育を再生させる代わりに塾禁止とする」と再三にわたって強調。「昔できたことがなぜ今できないのか。我々は塾に行かずにやってきた。塾の商業政策に乗っているのではないか」と訴えた。

さすがノーベル賞受賞者はいうことが違うわ。研究のやりすぎでどこか頭が変になっちゃったんでしょうか。とにかく前提に塾憎しの発想があるのはミエミエで、とりあえず「んで、どうやって公教育を再生するンスか(笑)」って聞いてみたいもんだけど。昔は出来たのに今出来ないっていう言い方も思考が止まった老人の意見丸出しで(事実そうなのかもしれないが)、問題の本質に目を向けようっていう気が全く感じられないしなぁ。個人的には塾を全肯定するつもりはないんだけど(つーか俺も塾はあんまり好きじゃない)、現在の教育システムにおいては塾の存在はもう必須といわざるを得ないじゃないか。それを否定するって言うことは全てを根本的にひっくり返すっていうことだ。この意見に同調してるどこぞの大学の学長もいるようだが、お宅のところの入試はどうなってんだと言いたい。現在の入試システムに学校側だけでは対応しきれなくなったから塾が勢力を伸ばしてきたんじゃないか。本当に塾の存在意義やらなにやらを見直すならば、まずそこから見直さなきゃならない。そこに目を向けずに小手先だけで変えたって意味ないっていうのに。いわゆる「有識者」たちがこの有様じゃ日本の教育の再生なんてまだまだ先になりそうだなぁ。

|

« とりあえず簡単に | トップページ | 今年も終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/4667661

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞・・・・・・:

« とりあえず簡単に | トップページ | 今年も終わり »