« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

涙、涙の復活劇・・・・・・中山記念回顧

通過タイム
12.9 - 11.7 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 11.7 - 11.7 - 11.4 - 12.9

最初のロケットスタートのおかげでローエングリン=後藤が楽々とハナを奪う。この日の中山は完全な前残り。差してきても中団から、といった感じで後方から突っ込んできた馬はほぼ皆無。そういった状況だからこの時点で相当有利な地位にローエンは立ったといえるでしょう。周りも競りかけるわけにもいかず、そのままローエンのペースに。後続に上手く脚を使わせるようなペース配分もあり、結局はそのまま逃げ切り勝ち。4年ぶりの中山記念制覇となりました。インタビューで後藤騎手がやたら大泣きしていましたけども、あんなに泣いたのはアドマイヤコジーンで初GⅠ取ったとき以来だったんじゃないかな。伊藤正師との複雑な関係があったり、この馬に対しても秋の天皇賞の大ポカや海外遠征の経験などやっぱり並々ならぬ思い入れがあるのかなぁと思います。まぁ勝てて良かったねと。

ただ個人的には勝ち馬よりも2、3着に注目したいところです。先行有利の中山で強烈に追い込んできたエアシェイディとダンスインザモア(ダンスインザモアにいたってはESPのオマケ付)。やはりこの2頭は他の馬とはレベルが一段階違うと見ていいでしょう。というか他のメンバーはGⅡレベルに無かったんじゃないかとすら思ってしまいます。この2頭だってGⅠではそれなりに苦戦するでしょうし・・・・・・。エアシェイディは勝ちきれないですねぇ。手が届くところには来ているんですが、そういう馬なのかもしれません。でも成績は安定しているし、意外と次あたりであっさり勝ってしまうかもしれないんですけど。ダンスインザモアは完全に復調。ESPさえなければ・・・・・・。距離はこれくらいがベストでしょう。安田記念あたりでは意外な伏兵になるかもしれません(出れればだけど)。

それ以外ではマルカシェンクとインティライミですかね、気になるのは。というかどっちもそろそろ休ませたほうがいいんじゃないでしょうか。マルカシェンクについては鞍上もそういってますし・・・・・・。インティライミは完全にリズムが狂ってしまった感じ。この馬好きだから頑張ってほしいんだけどなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Axlさん、ふと思ったんですけど

日本にくるのは大歓迎なんだけどもさ、アルバム3月中には出すっていってませんでしたっけ?まぁ「なんとか頑張るよ」みたいなニュアンスではあったけども、やっぱり無理でしたかそうですか。とはいってもレコード会社から急かされてるようではあるから、近々(といっても2,3年以内)には出るかもしれないなぁ。

とりあえず新曲betterの新バージョンが下記サイトで聞けます。昔からのファンの人はちょっとアレかもしれないけど、自分はこういう曲大好きです、ハイ。早くアルバムで聞きてぇ・・・・・・。

Guns N' Roses  better
http://www.zshare.net/audio/better-sr-mp3.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょwwwwwwwwwwwニコニコwwwwwwwwwwww

ニコニコ動画(β)停止のお知らせ。
http://www.nicovideo.jp/

DDos攻撃を受けてサービスを停止していたニコニコ動画ですが

ほぼ同時期にyoutubeより、ニコニコ動画からのアクセスの一部を遮断されていることが分かりましたので、一旦ニコニコ動画ベータサービスを終了させていただくことにしました。

コレって要は「調子ぶっこいて動画にアクセスしまくってたらようつべさんからアク禁くらいました」ってことですよね?まぁ陰陽師とか200万超えてたしな・・・・・・。個人的にはFEの攻略動画が見れないのが悲しい。なるべく早く新バージョンが完成するのを待つとしますか。いや、でもあるとずっと見ちゃうからほどほどでいいです。

とりあえず見たくなったときのために貼っておく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四位さん(いろんな意味で)ステキです。…アーリントンC回顧

ココログってなんでこんなに使えないのさ・・・・・・。移転しようかしら。どこがいいか教えてください。つかメンテ多すぎだし・・・・・・。とりあえず気を取り直して回顧(書くのは2回目)。

1着トーセンキャプテン
2着ローレルゲレイロ
3着マイネレーニア
4着スズカライアン
5着コンティネント

本田優にとってはおそらく最後の重賞Getのチャンスだったと思いますが、結局は四位洋文が掻っ攫っていきました。まぁ中途半端に手を抜かれるよりは本田騎手にとっては嬉しかったでしょうけどね。

通過タイム
12.6 - 11.4 - 11.5 - 11.5 - 11.9 - 11.3 - 11.5 - 12.2

今の阪神は高速馬場なので、これくらいのラップでも特段ハイペースということはないんでしょうね。とはいえ上位3頭は力が抜けていました(その中でもマイネレーニアと前2頭の差は大きいのですが)。というわけでこの3頭に注目して回顧を。

トーセンキャプテンはこれで無傷の3連勝。好意抜け出しが出来る上に競ってから強いっていうのは魅力ですねぇ。こういう馬は馬券の軸にしやすいです。にしてもジャンポケ産駒は走るなぁ。非サンデー系のトップ種牡馬になるかもしれませんね。トニービンは最後の最後で最優良後継馬を送り出しました。この後はやっぱりクラシックでしょうか。血統的には2400でも平気そうですが、使われ方を見ると皐月→NHKマイルというローテもあるかも。

ローレルゲレイロはまたしても届かず。決め手にかけるというか、重賞を勝ちきるにはワンパンチ足りないってことなんでしょうか。ただホウオーともアドマイヤオーラともドリームジャーニーとも戦っているっていうのは物差しにするには非常に便利ですけどもwこの後はNHKマイルに回りますかね?クラシックにいっても勝ち負けは苦しそうです。にしても本田騎手も必死に追ったんですが・・・・・・・四位空気嫁。

マイネレーニアはこんなもんでしょうw京王杯組はやはりややレベルが落ちると思います。今回は朝日杯と違ってしっかり逃げられましたからね。先に述べたようにペースも速いわけでなく、ほぼ力を出し切っていると思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

くるぞくるぞ

Guns N' Roses 来日決定だぜ、ひゃっほう。

http://www.creativeman.co.jp/2007/GNR_special/index.html

チケット取れますかねー。日曜は皐月賞だからなんとか土曜のが取れるといいんだけども。スラッシュもダフもイジーもいないけど、アクセルさえいればなんだかんだいって大満足です、はい。つーかスラッシュが特別出演とかいったら悶死できます(まずないけどorz)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名伯楽の引退レース

今週のレースを最後に8人の調教師が引退します。中には伊藤雄師、瀬戸口師のような超有名どころもいたり、メジロライアンを育てた奥平師や松永ミッキーの師匠でキーストンとの物語で知られる山本正師もいたりして、あーこの人たちがもう競馬サークルからいなくなってしまうんだなーと思うとやや寂しい感じもしたりします。

引退する調教師は以下の通り。

◇栗東所属

伊藤雄二・・・・・・エアグルーヴ、ウイニングチケット、ファインモーションなど。

瀬戸口勉・・・・・・オグリキャップ、ネオユニヴァース、メイショウサムソンなど。

山本正司・・・・・・ヘヴンリーロマンス、ブレイクタイム、レギュラーメンバーなど。

鹿戸幸治・・・・・・スギノハヤカゼ、マイスーパーマン、アンバーライオンなど。

古川平  ・・・・・・マンボツイスト、ケイアイガードなど。

湯浅三郎・・・・・・レマーズガール、ヤマヒサローレル、エイシンレマーズなど。

◇美浦所属

奥平真治・・・・・・メジロライアン、レオダーバン、ケイワンバイキングなど。

松永勇  ・・・・・・ラブリーストームなど。

また、各調教師が今週出走させる馬は下記サイト参照。

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=18857&category=A

瀬戸口厩舎は最後の最後で16頭出しと大盤振る舞い。ただマルカシェンクの使い方だけはどうにも気に入りませんけども。イースター辺りが最後の重賞Getなるかなーといったところでしょうか。伊藤雄厩舎のエアサバスにも少し期待しています。ともあれ各陣営にとって最後の晴れ舞台なので渾身の仕上げで望むでしょうし、その中から意外な馬が好走、なんてこともあるかもしれませんよ?

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

フェブラリー回顧…それにしてもこの騎手

ノリノリである、っていう感じだなぁ。

1着サンライズバッカス
2着ブルーコンコルド
3着ビッググラス
4着カフェオリンポス

12.4 - 10.6 - 11.6 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 12.4

脚抜きが良いとはいえ早い前半。前に行った馬はほぼ全滅で唯一頑張ったのはシーキングザベスト。あとは全て後ろからの馬が上位独占という結果。

にしてもアンカツ上手すぎだろ、常識的に考えて・・・・・・、という競馬だった。スタートで遅れてるんですけどねぇ。最初の1ハロンでもうその不利を取り戻してシーキングザダイヤとほぼ同じ位置で追走。4コーナーから直線に入る辺りでほんの少しだけ仕掛け、その上で他の騎手よりもワンテンポ遅れて本気で追い出すという、まぁなんとも惚れ惚れする騎乗でありました。さすが今年の連帯率がほぼ5割なことだけはあるというか、本当に上手い。東京の1600はアンカツを買え、なんてことをTVで言ってたけどもいやいや素晴らしい(最終の1600M戦も勝ったし)。もちろんそれに答えた馬も素晴らしくて、直線立ち上がりの脚とかは非常に手応えもよくチャンピオンにふさわしいものだった。ただ距離としてはこの辺りがベストだろうし、これからは何処まで距離を克服していけるか、というのが課題でしょうか。

それに対してブルーコンコルドの幸騎手はちょっとどっしり構えすぎた。落ち着いて乗っているつもりが後手後手に回ってしまうという感じで結局はアレだけの脚を見せながら捉えきれなかったのはその辺が響いたんじゃないかなぁ。ちょっとコーナーワークでもたれたということもあり、東京はやっぱり合わないかのかもしれません。ただ地力は現役でもトップクラスで地方GⅠなどではやはりこの馬中心に回っていくのかなと。

ビッググラスはブルーコンコルドと逆でちょっと仕掛けに焦ったように見えた。ちょっと気が入りすぎたというかその分ちょっと止まってしまったかなと。もう少し落ち着いて構えていたらもう少しは差がつまっていたかもしれない。まぁ逆転までは難しいかもしれないけども・・・・・・。まぁ「仕掛け」というのはかくも難しいということでしょうか。

シーキングザダイヤはあまりにも負けすぎ。位置取りとしては決して間違っていたとは思えないので状態に問題があったのかもしれない。ただまだだ、まだ終わら(rya。

アジュディミツオーは最初の芝が全て。もう勘弁してやってください・・・・・・。帝王賞での巻き返しに期待しておきます。

個人的にはシーキングザベストがかなり頑張ったなと思う。6着に敗れたとはいえ評価は決して落とすべきではないと思いますよ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

なんてこった。

せっかくのGⅠなのになんで実況が佐野なんだ、フジよ・・・・・・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強い馬が強い競馬をする

そういう競馬は見てても楽しい。

京都記念はアドマイヤムーンとポップロック。海外GⅠ2着馬同士での決着だったけども、内容的にはアドマイヤムーンのほうが断然良かったかなと。ある程度前で競馬出来たのはものすごく収穫で、ドバイへのステップとしては悪くなかったんじゃなかろうか。ただペースがねぇ・・・・・・・。やや重とはいえ2.17.2っていうのはこのメンバーにしてはかかり過ぎな気がします。といはいえやっぱりこの距離では国内トップクラス。さすがにプライドを追い詰めただけのことはあります。というか凡走したのは皐月賞だけ?本番に弱いタイプですかね。

クィーンCはイクスキューズ。とはいっても今年の牝馬クラシック路線はなんだかんだでウォッカvsダイワスカーレットなんじゃないかなーと思っていたり。いや、予想以上に強い勝ち方してるんですけどね、この馬も。ただそれ以上にウォッカ@エルフィンSとダイワ@中京2歳のパフォが凄かったという感じ。というわけで今のところは3番手グループとして評価しておこうかなと。とかいってこういう馬が本番掻っ攫っていったりするんだけども。この路線はあとはアストンマーチャンがどうか、というところが注目かな。

というわけで明日はフェブラリーSだけれどもなかなか予想をしている時間がとれないのでこれからは回顧とか中心で行こうかなと。とりあえず競馬ブックの写真パドックで一番良く見えたのはミツオーでした。芝からのスタートじゃなきゃなぁとつくづく。一番人気はブルーコンコルドの模様。JRA賞もらえなかったから、ここで見返してやりたくて仕方なさそうですけども、東京だとイマイチなところが気になります(一応2歳時に重賞勝ってるんだけどねこのときは中山でした。ということは本当に良積無しってことですか)。というわけでいつものごとく本命はサンライズバッカスなのでありました。アンカツ頼むぜ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

夜更かし

明日早いんですけどね・・・・・・。

とりあえずコレ見てたら眠れなくなった。おっくせんまん!おっくせんまん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海猿は沈没・・・・・・きさらぎ賞回顧 そして

ディープのようには飛べず。まぁ比べること自体あれですけども。

1着  アサクサキングス
2着〇ナムラマース
3着  サムライタイガース
4着◎オーシャンエイプス

ラップタイム
12.8 - 11.3 - 12.3 - 12.9 - 12.4 - 12.1 - 11.3 - 11.4 - 12.3

まさにしてやったりの逃げを打ったなぁ、幸四郎は。他の馬に絡まれることもなく、完全な一人。他の馬はオーシャンエイプスを意識しすぎて動けずに、直線に入って必死に追いかけるも届かず。まぁそれだけオーシャンエイプスの前走+追いきりのパフォーマンスが凄かったってことなんですけども。まぁそれを差し引いても強い勝ち方でした。相手が・・・・・といわれそうではあるけども、ラジオNIKKE杯でも不利を受けながらフサイチホウオーとそれほど差の無い競馬をしてるので、本番でも注目の一頭になりそうです。

そのオーシャンエイプスは結局サムライタイガースにも交わされ4着。これで少なくともクラシック戦線の主役となることはなくなったでしょう。まぁレース直後のエントリーにも書いたけれども、この馬は距離が伸びてよさそうな感じではないと見えたので、仮にここを勝ってたとしても本番では苦しかったかもしれません。ただ坂路で12.0を出してるように力のある馬であることは間違いないでしょう。まだ二戦目だし、見限るのにはちと早いかなと思います。個人的にはクラシックにそっぽ向いてNHKマイルとかにいかねぇかなぁ、と思っていたりするわけですが。

2着のナムラマースはなんとか届いたという感じ。ただこれで9戦目。それに加えて本番までにもう一回使うというんだからちょっと・・・・・・。とりあえず本番では苦しいんじゃないでしょうか。

◇というわけで

大体クラシックの役者は出揃ったかな、という感じ。とりあえず抜けているのはフサイチホウオー。これに続くのがドリームジャーニー、アドマイヤオーラの2頭といったところでしょうか?今回のきさらぎ賞組や、京成杯組はそれからまた少し離れたところ、といった感じであとはヴィクトリーがどうかというわけでこちらは若葉Sから皐月へ向かう模様。個人的にはオーシャンエイプスよりもこっちの新馬戦のほうが衝撃的でしたけども、さて。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいやー

4着かー、オーシャンエイプス。にしても思ってたよりも距離が持たなそうな体型に見えるのは俺だけでしょうか?マイルくらいがちょうどよさそうな気もするんだけども・・・・・・。とりあえず武豊は今年はヴィクトリーで決まりですかね?初重賞とはいえ、クラシックの主役を張るにはちと物足りないないようだったかなと。アサクサキングスとナムラマースは強いと思いますがもう少し頑張って欲しかったなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放置プレイ

ちゃんと書かなきゃいかんよなぁ。

というわけで明日はきさらぎ賞にオーシャンエイプスが登場します。先週の共同通信杯では、10kg増などのマイナス要因を抱えながらもフサイチホウオーが重賞3連勝を飾り、クラシック最有力候補の立場を確固たるものにしたわけですが、そのフサイチホウオーに対抗できそうな馬は今やこのオーシャンエイプスくらいしかいないのではないかと。新馬戦では8馬身差の圧勝。それ以上に武豊の賛辞がすごくて

マヤノトップガンが、ついにこんな子供を出したかという感慨がある。

まだ1勝馬の馬に対してもうすでに代表産駒のような言い方。これは乗っている側からしても、かなりの感触があると見ていいでしょう。今年のクラシックはフサイチホウオーを追いかけると決めている立場からするとこういう馬の出現は脅威ですが、1強よりは2強のほうが盛り上がるというのも事実。いきなりの重賞挑戦ですが、ここは軽くクリアして欲しいところです。相手は札幌2歳王者のナムラマース。この馬相手にどういう競馬が出来るかによってオーシャンエイプスの力もある程度計ることができるんじゃないでしょうか?

◎オーシャンエイプス
〇ナムラマース

東京のダイヤモンドSはトウカイトリックが軸かなと。アドマイヤフジにはちと距離が長い気がします。バイロイトがどこまでやるか、というのは楽しみではありますが。春天のダークホースになれるかどうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は東京競馬場

にいってきます。ので今日は早めにおやすみなさい。予想だけカンタンにあげておきます。

◇共同通信杯

◎フサイチホウオー
〇フライングアップル
▲ニュービギニング
△フリオーソ

◇シルクロードS

◎アンバージャック
〇スピニングノアール
▲コパノフウジン

つくづく本命党だな、俺。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »