« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

安倍ちゃん・・・・・・・

さすがアホの子。

集団自衛権行使可能な方向で解釈見直し検討を指示
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000102-jij-pol

解釈でなんとかなるんなら改憲なんていらんだろうが。ひねくれた読みかたしたら「権力者の解釈どおりに憲法読むのが当たり前だろうが( ゚Д゚)ゴルァ!!」とすら読めてしまうわけですが。まぁ実際自衛隊に対する政府見解っていうのはそういうところがあるのだけれども。それでどうにもこうにもならなくなったから改憲したいんじゃねーの?それとも本当に子供じみた「押し付け憲法論」だけってわけじゃないでしょうね?実際それだけっぽいから困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何という混戦

間違いなくこのレースは荒れる

天皇賞(春)枠順確定
http://sports.yahoo.co.jp/news/20070426-00000000-kiba-horse.html

この中ならアイポッパーかなぁ。格でいえばメイショウサムソンですが、この馬には距離が長いんじゃないかと思ってるんですよね。血統的には問題ないんですがねぇ。デルタブルースは3着以内に食い込めないようだとちょっと恥ずかしい気がします。マツリダゴッホ、ネヴァブションあたりがどうか、というところも注目したいところですが。

ドリパスとソングオブウインドがいない天皇賞なんてヽ(`Д´)ノ

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんてこったい

NIN発売日延期・・・・・・・orz

といっても金曜日なので我慢(`・ω・´)

◇これだけじゃなんなので。

ルーシーさん事件の判決で騒がしくなってるようですが、これに関しては検察側のミステイクとしかいいようがないでしょう。証拠不十分ってことですからね。あと刑が軽い(無期懲役が上限)という意見に対しては、もっと声を大にしていっていいと思います。日本の刑法って明治時代からほとんど手入れがされてないですからねぇ。時代に即したものにどんどん変えていっていいと思うんですが。今までがちょっと法っていうものに対して日本人が無関心すぎたのかなぁとも。

◇これで終わりにしようと思ったら

多摩センター動物病院事件のまとめサイト
http://tingun.hp.infoseek.co.jp/

上記の件については結構前から騒がれていたんですが、ようやく判決が出た模様です。マスコミも取り上げたり、さらにはぬこ大好きな2chねらーも動き出したようで、ぶっちゃけ喜ばしい。教師もいいけど、政府には医師免許更新制度も作ってもらいたいものです。倫理面のチェックとかも含めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勘違い

選挙≠追悼儀式。そういう意味では長崎はギリギリ踏みとどまったかな。

長崎市長選挙、元市統計課長田上氏が初当選。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000009-nnp-l42


横尾氏敗れる、娘憔悴

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000013-san-soci

無効票1万5千票

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000016-maip-pol

世襲制に対する批判、というよりも市民が現実的な選択を(なんとか)したということなんでしょうね。市長の家族としては当選するものと思っていたのかもしれませんが、世の中そこまで甘くないと。喪服を着て選挙活動とかはちょっとあざとかったんじゃないかと思います。でも一昔前だったら通ってたのかもしれないなぁ。そう考えると日本人の気質って奴が変化してきてるのかもしれない。

一番下の記事は感情論の究極形。個人的には哀悼の意を表するのはいいけども、よそでやれと。選挙ってそういうものじゃないでしょう。1万5千票の行方によっては選挙の結果も大きく違ったはず。気持ちはわからないでもないですが、これは選挙権の放棄と一緒で投票しなかった人と何ら変わらないと思います。せっかく市政に参加できる機会なのになんとももったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全く縁のない話ですが

採用バブルといわれてますが簡単な話ではないようで。

「ゆとり」チルドレンの就活
http://www.asahi.com/job/special/TKY200704170177.html

そんなに不安ならわざわざ新卒で取ることもないだろ、なんて思ってしまうわけですが。おそらくしばらくは新卒>>>中途の状態が続くんでしょうが、こういう記事を見ると逆転とまではいかないながらも新卒>中途くらいまでは採用状況は変わっていくんじゃないかとすら思ってしまいますね。あまりにも新卒の程度が低いようならば会社側が方針変更することは十分ありえるわけで、実際のところそういう動きは少しづつ始まっていたりするようです。

採用バブル到来の虚実
http://job.nikkei.co.jp/parents/what/index_03.html

となると、この記事にもあるように採用された勝ち組とされなかった負け組という二つのグループが出来てくるわけで、結果それが格差につながることになるというなるんだろうか。ある意味日本も資本主義国家らしくなってきたじゃねーかともいえるわけですが、それが社会不安につながるとしたらやっぱりどこかで歯止めをかけなきゃいけないんだろうなと。大企業にばっかり媚売ってる場合じゃねぇよ、安部ちゃん。

でも安部ちゃんアホの子だからなぁ・・・・・・。無理かなぁ・・・・・・(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年やろうぜ

結局行けなかったんだけどもね・・・・・・・orz

ジョッキーマスターズ、河内洋騎手が優勝
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20070422-00000013-kiba-horse

パドック映像見たけども、すごい人が集まってたなぁ。フローラSよりもこちらのほうがメインだったといっても過言ではないのかも。直線は引退ジョッキーによるレースとは思えない追いっぷり。1レース限定なら普通のジョッキー相手にも十分やれそうなところがすごい。考えてみれば、ギャンブル抜きの競馬っていうのがものすごく貴重で、こういう試みはもっとあってもいいんじゃないかと思います。とりあえずJRAには毎年1回くらいのペースでいいのでこれからも続けてもらいたいなぁと。第1回っていうくらいだからその気があると信じておきましょうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

意外な反響に

驚いております。

↓前々回の記事、えーっとのコメント欄です。
http://taratara-zakki.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_99ed.html

透けて見えるのは報道機関に対する不信感を通り越した嫌悪感かなと。まぁさもありなん、と思うわけですが報道機関に対する不信感が報道の自由に対する不信感につながってしまうといかんなぁ、と思ったりするわけで。報道の自由という考え方は個人の自由を守るものに必要不可欠なものだし、それが損なわれてはいけないというのは憲法学界共通の認識だろうし、自分もそれに異論はありません。問題はその担い手がそれに相応しいだけの働きが出来てるかってことなんですよね。そういった意味ではコメント欄でMAMEO様がおっしゃっている報道機関に対するチェック機能っていうのはやはり必要なんじゃないかと思います。しかもそれは国家機関じゃなく(報道の自由の保護という観点からすると国家機関の介入は極力避けなければなりません)国民が行う必要があります。たとえばマスコミに対する情報開示請求とかが可能になればいいんですが……。

あとコメント欄でも触れてありますが、テレ朝の一連の嘘に関してはもうわけわからんとしか。可能な限りテレ朝に好意的に解釈するならば、この手の犯行予告(かどうかはまだわかってませんが)は頻繁に届いていて、そのほぼ全てが愉快犯的なものだったので今回もそうだろうと思っていたら本物だった、こりゃまずい・・・・・・という展開ですが、まぁどちらにしろミスですからね。愉快犯と断定して良い権限が報道機関にあるわけでもないし。最初から素直に警察に相談しておくべきだったんじゃないかと。報道機関から警察に任意に提出する分にはかまわないわけだし。まぁ全てが悪いほうにまわった典型的な事案かもしれないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完璧なシステムなんてないわけで

期日前投票は無効ですか。何票くらいあったのかしら。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000019-mai-soci

期日前投票制度の欠陥、ということになるのかもしれないけど、直前に候補者が亡くなるなんてことはよほどのことがないとおきないわけで、もしかすると立法段階では想定外ですらあったのかもしれない(瀕死の病人が立候補するとは考えないだろうし)。もう一回投票させろって人もいるらしいけども、選管の職員がいってるように公平性の観点から考えたらムリな話。残念ながらこれはどうしようもないでしょう。これも今回の事件の大きな代償の一つですかね。

◇一応競馬ブログです。たぶん。

ジョッキーマスターズ競争、岡部頑張る。
http://sports.yahoo.co.jp/news/20070420-00000027-spn-spo.html

とりあえずこれのために見に行こうかなとは思ってます。勝つのはたぶんミッキーか本田なんだろうけども。にしても引退してもなお、1ハロン20秒を正確に刻めるってのがすごい。現役でも出来ないやつとかいるんじゃねぇか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

えーっと

テレビ朝日が容疑者からの文書提出を一時拒否
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000408-yom-soci

なんかまた2chで叩かれてるようですが、裁判所からの差し押さえ令状がない限りそりゃ普通は拒みますよ。こういう事件だと「捜査には進んで協力すべきだ!」っていう論調がどうしても強くなる(悪いことではないけども)のであれなんですがね。何でかといえば(相当大雑把に、しかも細かい理由をすっ飛ばして言えば)警察の介入を許すことは取材制限につながるから、というのが理由なんですが、その辺を理解せずにテロ朝だからといって叩くのはちょっとあれかなと。まぁ普段真面目に報道してないからこういうところで叩かれるっていうのもありますけどね。事件が事件だから協力すべきって意見もあるかもしれないけども、まぁ「そう簡単に警察に情報源渡さないぞ」というポーズの部分も大きいんじゃないかと。ちゃんと手続き踏めよ、ってことでしょうね。あと2chであった報道の自由と生命を天秤にかけるっていうのはちと飛躍しすぎかなと。

まぁただ上にも書いたように、最近の報道機関の怠慢のせいでこういう意見もやや通りにくくなってるのかなぁ、ていうのはあるんじゃなかろうか。メディアにこういう「特権」が許されるのは国民の自由を守るのに有益だからなんですけどね。各報道機関の方、「報道の自由」を連呼するのもいいけどそれを守るための努力をしてますか?全ての国民にそっぽ向かれてからじゃ遅いよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

超☆最高!

長崎こえー。

◇というわけで買って来ました、Avril Lavigneの最新アルバムThe Best Damn Thing。新作のSD買うのはノラジョーンズ以来ですか。タイトルの超☆最高!はこのCDの宣伝文句(タイトルを訳すとこうなる)ですが、まぁ聞いてみようか。

……なんか普通。

悪いアルバムじゃないとは思うけども、つーかアヴリルらしいアルバムだとは思う、うん。ただなんかこう、驚かせてくれるというか、成長したって感じるアルバムではないです。以前のまんま。それがいいか悪いかは別だけどもね。少なくとも我が家ではヘビーローテーションすることはないなぁ。

◇このあとも新作ラッシュだから困る。来週はNIN(輸入版もうでてんだよなぁぁぁぁぁぁ。欲しいぃぃぃぃぃぃぃぃ、けど我慢の子。)、来月はマルーン5にVelvet Revolverも出るとか何とかで金欠ですわ。

◇長崎の事件はどうやら個人間のもつれ・・・・・・・・・じゃないだろ、常識的に考えて・・・・・・・。右側っぽい方の姿がちらついてるような。17年前も同じ長崎市長が銃撃されてんのよね。どうなってんじゃ、長崎。

真面目に言えば、こういうことやらかすってことは民主主義の否定。どこぞの将軍様と同じ思考回路だっていいかげんに気づけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きてます。

ブログには中々時間が割けませんが・・・・・・・。

院に通ってるはずなのに院で勉強しているという感覚がないという不思議な状況。つーかここは学部か・・・・・・。1年目は講義形式が多いし仕方ないのかも知れんけど、う~ん。

皐月賞はとりあえずカッチー狂おしくオメ、とでも。クラシックの雰囲気に惑わされずに思い切って自分の競馬をした2頭が出だしで後手を踏んだ2強を封じ込んだという感じ。ただ今日の競馬を見る限りホウオーのダービー一番人気は固いな・・・・・・。ヴィクトリーは距離が伸びることが気性的にやや不安。アドマイヤオーラは距離的な不安があるので今度こそホウオーで固いかなと。直線600以上あればやってくれるはずです。

◇私信

ダイバスター借りっぱなしでしたwwwwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うおっしゃあああああああああああ

ダイワスカーレットキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

アストンマーチャンはレース前からあれだけテンションが上がってしまうと苦しいなぁ。武豊といえどもいかんともしがたい。ウォッカはやっぱりエルフィンSが余計ってことになってしまうんだろうか。負けるパターンではなかったと思うんだけども。

今年のG1はアンカツ→ユタカ→アンカツときていて、来週のG1でもアドマイヤオーラ=武豊対フサイチホウオー=安藤勝己の対決が濃厚。今年のG1もといJpn1戦線はやはりこの二人が中心でしょうかね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多謝

6年間働かせてもらったバイトの最終日でした。社員の方にはとても高価な本を買っていただきました。大変お世話になったあげく、このようなプレゼントまでしていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。長い間お世話になりました。またシフトに入ってないのにわざわざ駆けつけてくれた方々、更には餞別まで持ってきてくれた方、本当にありがとうございました。あなたたちのような素晴らしい仲間にめぐり合えたことが自分にとって何よりの幸せです。これからのみなさんの人生が素晴らしいものであるように祈っております。本当にありがとう。

つっても永久の別れってわけじゃないし、また近いうちに遊びにでもいこうや。思ったより時間取れそうな今日この頃なのよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

驚かなくなってきた

世界で輝いた!ムーン優勝/ドバイDF
http://sports.yahoo.co.jp/news/20070401-00000023-spn-spo.html

プライドに短頭差に迫った馬だしコレくらいできて当然、ていうのは別に驕った考え方じゃないでしょう。日本の芝のトップクラスなら好勝負できるということは去年と今年で完全に証明できたんじゃないでしょうか。ダイワメジャーはちょっと離されたけれどもこの辺は遠征経験の差かなとも。元々遠征が苦手なようだし。

一方で他のレース、特にダートではまだまだ世界との差は大きいということが浮き彫りに。日本の競馬(というか中央競馬)がどうしても芝>ダートという構造なのでこうなってしまうのは仕方が無いともいえますが。本気でドバイ、ひいてはアメリカのダートレースを取りにいくならもっとダート路線の整備を進めていかなければならないでしょうね。日本ダービーに匹敵するようなダートG1がないことにはどうにも・・・・・・。あとはアメリカと同じ土やポリトラックを全競馬場で導入するとかいろいろありますが、JRAにそこまでやる気があるかどうかは相当疑問です。ていうかないだろうなぁ。

あとどうでもいいですが上記の記事の

粘る南アフリカのリンガリを抜き去ってゴール。

ていうのはどういうことよ。どうみてもリンガリの追撃を凌いでのゴールじゃないか。事実を伝えられない記者は不要です。スポニチの記者なんてこんなレベル、といわれてしまえばそれまでですが。

◇イグイグJRA賞広場が

何やら残念なことになってる模様。俺がニコニコ動画で遊んでる間にこんなにヒートアップしていたとはねぇ。一応今は沈静化してる・・・・・・ように見えてまだくすぶってるようで。おいおい・・・・・・。イグイグJRA賞の締めがこういう形で終わるのは残念だし、あってはならないことでしょう。ていうかいい大人なんだからいつまでも米欄とか使ってグチグチいわないの!もうやめると決めたんならば多少納得がいかなくても矛を収めなさいって。というか元々は「あの文章では傷つく人や勘違いする人たちがいるから修正なり削除したほうがいいんじゃない?」って話だったんじゃないんでしょうか。それがどうしたらここまでこじれるんだか・・・・・・。どうにも傍論のほうで盛り上がってるようにしか見えないんですが。

自分は一日に一桁くらいしか人がこないような超弱小ブロガーではありますが、投票だけとはいえ企画に参加させていただいた立場から言わせていただきます。ひろく~ん。。。さんは今回の騒動の元になっている例の文に関しては削除したほうが良いかと思います(現時点ではまだ残っていますね)。確かに今回のイグイグJRA賞に関しては参加人数が少なく、盛り上げてきたひろく~ん。。。さんとしてはやりきれない思いがあったでしょう。それは理解できます。そしてその気持ちがああいう文章を書かせてしまったのだとしても、少なくとも自分はひろく~ん。。。さんを責めることはしません。ただ、あの文によって不快になった方、傷ついた方がいるのも事実です。そういった人たちに対しては素直に謝罪(もう散々されているようですが・・・・・)&文の削除という対応を取るべきではないかと思います(削除しないと口だけ謝ってると思われてしまいます)。ひょっとするとひろく~んさんは「あの文章を消したら負けかなと思ってる」のかもしれませんが、そんなことはないですよ。もしひろく~ん。。。さんの負けがあるとしたら、それはイグイグJRA賞自体が後味の悪いまま終わってしまうことなのではないでしょうか?arikui様も元々はひろく~ん。。。さんを卑怯者扱いしたいわけではなく、あの文章はいただけない、ということを言いたかった(と自分は理解しています)だけだと思いますので、それが解決されれば全てが丸く収まるはずです。自分はイグイグJRA賞の発想自体は大変素晴らしいものだと思っていますし、参加人数だったやりようによってはもっと改善できると考えています。そのイグイグJRA賞がこんな形で終わってしまうのは残念でなりません。もう一度言わせていただきます。ひろく~ん。。。さんは来年からのイグイグJRA賞のためにもあの一文を削除すべきだと思います。イグイグJRA賞にはまだ未来があります。ここで死なせてはいけません。そして願わくば最後にもう一つ、今度こそ次回につながるようなエントリーで今年のイグイグJRA賞を締めていただけると幸いです。

うひゃあ、なんだかすごい長文になっちまったい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »