« 100円→974万円 | トップページ | 100円→228万円 »

祝杯挙げてる場合じゃねぇよw

検察も一緒に怒られてるようなもんなんだけどなぁ。

村岡元官房長官に逆転有罪判決(リンク先はいずれも関連記事)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000134-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070511-00000000-maip-soci
http://www.asahi.com/national/update/0510/TKY200705100187.html

一方「祈るような気持ち」(検察幹部)で2審判決を迎えた検察側は、逆転有罪判決で威信を保ち、安堵(あんど)の空気が広がった。ある幹部は「ほっとした。1審は『えっ、なぜ?』って感じだったからね。こういう日ぐらい祝杯を上げたい」と笑顔を見せた。

判旨を見ればわかりますが、高裁は野中、青木両氏について検察が起訴しなかったことについて「やろうと思えば出来たはず(なのに、起訴しなかった)」と異例の発言をしています。もちろん起訴する権利は検察が独占してますから「まぁあんたらの自由なんだけどね」と付け加えているわけですが、素直に読む限り高裁は検察の今回の捜査に対して批判的、といっていいでしょう。この裁判に関しては当初から村岡元官房長官だけに罪を被せたんじゃないか、という声が上がっていましたが、高裁のこの発言はそういった声にある程度同調したものといえるのかもしれません。まぁ検察としては祝杯挙げて喜んだふりをすることで、その辺りの批判をなかったことにしたいのかもしれませんけども。

更に言えば、この判決は暗に「村岡だけじゃなくて野中、青木らも関与していた」と認定してるかのようです。野中氏はともかく青木氏は今も自民党参議院議員のトップですから、この判決の与える影響っていうのは少なからず大きいものがあるはず。ただでさえ政治資金規正法の改正案で揉めているときにこの判決ですからねぇ。仮に法案が通ったとしても参院選挙で争点の一つとして浮上してくる可能性は十分あるわけで、安部ちゃん内閣としてはいよいよ正念場になってきたなぁと思ったりしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 100円→974万円 | トップページ | 100円→228万円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/6378809

この記事へのトラックバック一覧です: 祝杯挙げてる場合じゃねぇよw:

« 100円→974万円 | トップページ | 100円→228万円 »