« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

アドマイヤムーン、ゴドルフィンに移籍の噂

最近忙しくて競馬自体もまともに見れていなかったりするのですが、近藤利一氏が暴れるとアクセス数が上がるブログとしては取り上げざるを得まい。

震源地は競馬板
http://ex23.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1184570999/

1 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2007/07/16(月) 16:29:59 ID:p+ssKKLw0
480 名前:日刊記者 ◆zAgLUjlGGE [] 投稿日:2007/07/16(月) 15:48:30 ID:3ZIAzgqoO
正式にゴドルフィンに移籍することが決りました。
売却額は40億円。種牡馬の権利含めて、完全移籍とのこと。
484 名前:日刊記者 ◆zAgLUjlGGE [] 投稿日:2007/07/16(月) 15:58:17 ID:3ZIAzgqoO
すいません、訂正します。
正式に決定ではなく、ゴドルフィン側から提示されたたとのことです。
ただ近藤オーナーも前向きでほぼ間違いないらしいと

セレクトセールでのリーチ氏の大暴れもあって、信憑性が高いとの見方が強いようです。ユートピアを金子真人氏が売ったときに「俺は愛馬を売るようなマネはしない」と言っていた方なので本当に売るかどうかはわかりませんが、もしトレード成立となればダーレーの勝負服でアドマイヤの冠号という訳の分からない自体に。引退後はダーレージャパンの看板種牡馬となるのか、はたまた海外で種牡馬入りするのか。貴重なエンドスウィープの血ということでファンの多くは海外への流出を望んではいないようです(もちろん、海外移籍賛成派もいるようで、BCで見たいとかいってる人もいますね)。

にしてもユートピアのときと違い、紛れもない日本のトップホースが現役中に移籍というのはどうなんでしょうねぇ。もちろんサラブレッドはオーナーの「所有物」ですからリーチが売りたきゃ売るのは勝手、ということではあるのですが、これは他のオーナー、生産界あたりからも非難轟々になりそうな予感がします。サンデーの血が入っているとはいえ生産界からしてみてもこの馬に対する期待は高かったでしょうし。ファンとしても秋の古馬G1戦線の主役が海外移籍(日本で走る可能性も0ではないのかもしれませんが)ということになれば、豊を下ろしたときなんて比べ物にならないほどの非難をリーチに浴びせることになるかもしれません。それでも売るということになるなら、やっぱり40億っていうお金は魅力なんですかねぇ。真意がどこにあるのかはちと図りかねますが。

まぁもちろん今の段階では噂(蓋然性が高いにしても)の域にとどまっているのであんまりいうのもなんですが、少なくとも売るなら引退してからでも遅くはないと思うんだけどなぁ。もうこの馬と一緒に見る夢はないってことなのかい?リーチさん。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

七夕賞の予想とニュースあれこれ

Live Earthのせいで寝不足です。つか地上波最後にメタリカはいいけどNothing Else Mattersかよ。Enter Sandmanもやってたろうがあああああああああああ!あとFoo Fightersはオンラインで見れたけどChris Cornellは見逃した・・・・・・。You tubeに上がらないかなぁ。

◇アメリカ四人娘

そろって敗退。まぁ毎回勝てるわけがないんだけれども、やっぱり残念ですね。コイウタの大負けはちょっと不可解(斤量?)だし、ローブデコルテももう少しやれると思ってたんですが。

◇エクリプスS

こちらではAuthorizedが完敗。勝ったのはタタソールズCを勝っていたNotnowcato。やっぱりこの時期3歳馬が一線級の古馬に勝つっていうのは大変なことなんですね。本当に勝負できるようになるのはひと夏越した秋っていうことになるんだろうか。

◇NHKBS2で

武豊が競馬を変えたっていうのをやってました(番組の中のコーナーの一つで)。僕はその当時まだ洟垂れの小学生だったのでよくわかりませんが、やっぱりこの人とオグリキャップの登場で日本競馬のあり方って大転換したんだなぁとつくづく。そういった意味ではシンザンもブライアンもルドルフも、TTGもエルグラスペもそしてディープも、やっぱりオグリには敵わないわけで。唯一上げられるとしたらハイセイコーくらいのもんなんでしょうか。そう考えるとこの馬と武豊が同時期に現れた、っていうことは奇跡に近いのかもしれないな、なんて思ったりしました。

◇予想

何気にちょくちょくやってます。今回は簡単に。

七夕賞

◎サンバレンティン
〇ニホンピロキース
▲モリノミヤコ
△ヴィータローザ

去年の福島記念の覇者サンバレンティンから。エプソムCも大きく負けたわけではないし、初重賞勝ちの地での巻き返しを期待します。対抗は金鯱賞好走のニホンピロキース。54kgは恵まれたんじゃないでしょうか。あとは軽量モリノミヤコと重賞の常連ヴィータローザまで。

プロキオンS

◎リミッドレスピッド
〇ワイルドワンダー

一騎打ちと見ます。この距離ならリミッドレスピッドのほうが上じゃないかなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お知らせ。

二号館始めました。
http://likeastone.blog111.fc2.com/

競馬以外の話題について書いてます。主に音楽のレビューやら世の中の出来事についてタラタラと書いていく予定ですが、あくまで予定は未定だったり。よろしければどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち着いてきた。

アクセス数の話。宝塚も終わりましたしね。夏だなぁ・・・・・・。

◇その持ち上げ方はどうなんだ

ロックドゥカンブ 能力ケタ外れ!
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20070701-00000034-dal-horse

52kgでしたけどね。坂井千秋元騎手のブログでもこの斤量には疑問を呈されてましたが、こう露骨に結果に出るとなんだかなぁ。このレースで株を上げた馬はイクスキューズでしょう。牝馬が56kgでこの着差なんだから、他の馬との力の差は押して測るべし。例年だったらG1上位組だったのかもしれませんね。今年の牝馬はとにかう層が厚いということでしょう。

それにしてもこのラジオNIKKEI賞って毎年微妙なレースになりますよね。上がり馬が出てくるわけでもなく、有力馬は秋に向けて休みに入ってる時期だし。福島の開催時期の問題もあるんでしょうが、もう少し存在価値を上げられないものか。

◇今年のダービーは大差勝ちブーム

アイリッシュダービーは9馬身差でSoldier of Fortune
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20070702-00000003-kiba-horse

ドイツダービーは7馬身差でAdlerflug
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20070702-00000004-kiba-horse

愛ダービーは馬場が相当渋ってた模様(上の記事では重となっていますね)。英ダービーの2着馬Eagle Mountainは9馬身+短頭差の3着。着差ではAuthorizedより上だけど、当然そのまま受け取るわけにはいかないですね。ドイツでも7馬身差。こちらは不良馬場。前走5馬身差で圧勝してる馬ですが、こちらもこの馬場では比較するのが難しいんだろうなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »