« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

中舘まーちゃん逃げ切った~スプリンターズS回顧~

予想相当いい線いってたじゃないですか。一着以外は!

スプリンターズS結果

1着  アストンマーチャン
2着▲サンアディユ
3着○アイルラヴァゲイン
4着◎キングストレイル
5着△タマモホットプレイ

スプリンターズS映像@ニコ動

通過ラップ
12.0 - 10.3 - 10.8 - 11.1 - 12.0 - 13.2

前半600が33秒1ですよ。普通なら止まる、というかマーチャンも事実止まってるんですが、後ろも伸びずに追いつけないという・・・・・・。これはやっぱり馬場なんだろうなぁと思います。ただスタート直後のマーチャンがとにかく早くて他の馬も追いかけるにも追いかけきれない、といった感じでした。ロケット決めたローエンならいけたかもしれませんが、早々に控えてしまいましたしね。ちなみに二、三着はこの時点で2番手集団。ハイペースにも拘らず先行集団に有利なレースだったということですね。にしても、ここまで楽に逃げられるとは思ってなかったなぁ。無理だと思って切ったんですがw

アストンマーチャンは中舘騎手の思い切った逃げ。追いかけてくるアイルラヴァゲインを4コーナーではむしろ突き放し、直線へ。流石に最後はバタバタになりましたが後ろも届かず、結局押し切りました。これが良馬場だったら間違いなく差されていたと思いますが、この馬場ではそれが功を奏した形。ていうかもし良馬場だったら中舘騎手はどうするつもりだったのかしらん?ただレース前から馬が落ち着いていた、ということだそうですし力を出し切れる状態にあり、全てがかみ合ってのG1制覇。ただ今日は馬場に助けられた部分も大きいと思うので、次のレースでもう一回確かめたいですね。まぁまだ3歳ですし、来年はもっと強くなる可能性も秘めています。短距離界の女王となれるかどうか。にしても今年の三歳牝馬は強すぎ。

二着はサンアディユ。最後一伸びしての二着でこちらも力のあるところは見せることが出来ました。どちらかといえばこちらのほうが強い、という感じのする競馬でした。前に届かなかったのは、まぁしょうがないんじゃないかなぁ。川田騎手ともども来年の高松宮でのリベンジに期待します。

三着のアイルラヴァゲインは早めに追いかけたのが結果的に良かったんじゃないでしょうか。最終的にはサンアディユに差されましたが、他の馬は封じきったわけだし。ただ4コーナーでマーチャンに離された辺りは力の差かなぁという気もします。

4着のキングストレイルはもう少し前で競馬をしたかったんでしょうが、初の千二が響いたか、ちょっと行き脚がつかなかったですね。でも大外回ってこの順位なんだから強いと思います。短距離に狙いを絞っていくのなら今後の短距離路線での主役候補。

5着はタマモホットプレイ。なんといっても3~4コーナーでの内をするするっと上がってきた石橋騎手の好騎乗につきます。ロスなく順位を上げられたことが掲示板ゲットの最大の要因でしょう。苦手の重馬場にも拘わらず頑張りました。

スズカフェニックスはあんなもんでしょう。体調今一歩でこの馬場、中山の短い直線。スタートも良くなかったし、あれで勝ったら化け物です。むしろこの後のレースではこの馬は要注意ですね。きっと盛り返してきますよ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋競馬が始まりすぎていた~スプリンターズS~

何週間ぶりに書くんだろうか。なんかブログ村から「バーナー貼ってないだろ」とか言われる始末です。

◇牡牝トライアル

牡馬は混戦ですねぇ。ドリームジャーニーは鮮やかに勝ちましたが、淀の三千を乗り切るにはあの脚はちょっと切れすぎる気もしますし、ヴィクトリーは気性にまだ不安あり、ホウオーは・・・・・・精神面の建て直しに当分かかるでしょう。むしろ2着のアサクサキングスのほうが気になりますが、こちらも大幅な体重減が次に影響しそうな予感も・・・・・・。となると別路線組?ロックドゥカンプはやや図りかねてるところがあります。一線級とぶつかってないのがなんとも。サンツェッペリンも負けすぎた気がしますしね。とにかく混戦で、本番までに考えがまとまるか不安です。

牝馬はダスカが横綱相撲でトライアルを勝利。あの馬のペースで行こうとしたら結果的に逃げになった、という風に見えました。終いも33秒台でまとめての貫録勝ち。やはり現時点での一番手はこの馬ですね。二着のベッラレイアも秋初戦、テン乗りという条件ではよく走ったと思います。直線追い出そうというときにレインダンスに行きたい進路を取られてしまったにも拘らず、そこから立て直しての二着ですからやはり力はあります。逆転するのはなかなか厳しいですが、目がないわけではないと思います。本番ではここにウォッカやローブデコルテが入ってくると・・・・・・。こちらも悩みそうです。

◇久々すぎる予想は

超簡略版で。にしてもキンシャサとか他にも出るべき馬はいると思うんですけどね。優先出走順位についてはちょっと考えなきゃいけないのかもしれませんよ<JRA

◎キングストレイル
○アイルラヴァゲイン
▲サンアディユ
△タマモホットプレイ
注コイウタ
注プリサイスマシーン

これだけ混戦だとあんまり考えないほうが当たる気が・・・・・・。とりあえずスズカフェニックスはズバッと切ります。体調が不十分なのに加え、中山1200は合わない、武豊TVで言っていたのを覚えておりますよ。それよりも好調キングストレイル、中山巧者アイルラヴァゲインでしょう。一応前走圧勝のサンアディユを三番手にして、タマモホットプレイはうまなでくんでちょっといってたから。コイウタやプリサイスなどの久々組は明日のパドック次第でしょう。他には戦ってきた相手が違う、という点でローエングリンなんかも面白いかも。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

酒で全てを失う人

もって他山の石とすべし、かな。いや、自分は酒飲めないんですけども。

安田康彦元騎手、恐喝で逮捕
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20070905-00000014-kiba-horse

なんで新聞違っただけで1000万払わなあかんねん、という突っ込みはさておき、現役時代も飲酒運転で騎乗停止処分になり、その後も奇行を繰り返しついには引退。挙句の果てには新聞一枚でこの恐喝ときたら、もう人としてどうしようもないとしかいい様がないです。酒におぼれて人生ダメにしたってとこですが、酒だけじゃないですよね、心の問題。よっぽど心を入れ替えない限り、社会復帰は無理なんじゃないですかね。競馬ファンとしては元ジョッキーという肩書きを持った人がこういうことするのは、あまりにも哀しい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

喉元過ぎればなんとやら

JRAも再開2周目、施設間の移動も限定的に解除されて馬インフル騒動も一段落、なんて空気が流れていますがほとんどの問題が未解決なんじゃないの?

佐賀競馬中止のお知らせ
http://www.sagakeiba.net/

ホームページ上ではただ単に馬インフルエンザの影響で、と書かれていますが

馬主が再検査を拒否
http://www.asahi.com/national/update/0902/SEB200709020003.html(朝日)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07090304.htm(読売)

というのが真相のようです。木曜日までに全管理馬525頭に検査を行い、陽性馬が114頭(全体の21.7%)。土日の出走予定馬は土曜が76頭、日曜が75頭で(記事には書いてないですが、木曜日の時点では陰性だったんだよね?)、土曜の出走予定馬に対する31日の検査でも9頭が陽性反応で除外。組合側は日曜の出走予定馬に対しても1日の夕方か2日の朝に再検査する予定だったと。

ところが二度も検査するなんて聞いてない、と馬主側が猛反発。土曜の検査で9頭も陽性反応を示した馬が出たにも関わらず、です。結局馬主側が再検査を拒否したため、公正性を保つことが出来ないと判断し開催中止という事態になった、ということのようです。

JRAに関しては確かに収束に向かいつつあるように見える馬インフル騒動ですが、地方競馬ではまだ終わりが見えてこないというのが現状のようです。9月に入ってからも大井、園田、笠松、佐賀と開催を中止していますし、岩手でも出走予定馬102頭のうち陽性反応の出た馬が17頭も出ています。こうやってみると、むしろJRAがごまかしてるんじゃね?と思えてくるほど。

そして何より問題なのは、佐賀の件でも分かるように当事者(これはファンも含めて。自分も含めて)の危機感の無さなんじゃないのかなぁと。特にJRAではたった1週間で開催に漕ぎ着けて「しまった」ので、今回の事態に対する認識が甘いものになってしまうんじゃないか、という気がします。21%の馬が陽性反応を示している佐賀ですら、馬主会は「一回の検査で十分」だなんて思っているのですから。

今回の件で浮き彫りになった問題点は多くあると思います。マスコミへの対応の仕方から、調教師会や馬主会との連携、関係者の意識の改革、防疫上の不備の改善といった点などなど。もちろん完全に騒動が収束したわけではない現段階であまり多くを求めるのもなんなんですが、これらのことへの対処が出来て初めて今回の馬インフル問題は終結したといえると思います。まぁ今の競馬界にそれが出来るかどうかはまた別の話、ですけども。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »