« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

デットーリになれなかった武豊……JC回顧

ちょっと過激なタイトルだけど、まぁいいか。ただ「僕はデットーリになりたいわけじゃない」って言い返されるでしょうけどね。ごもっともです。

JC、アドマイヤムーンが制す
http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2007/05/05/08/10/result.html

  1着△アドマイヤムーン
  2着○ポップロック
  3着◎メイショウサムソン
  4着   ウオッカ
  5着   デルタブルース
       ・
       ・
       ・
  9着×フサイチパンドラ
10着▲インティライミ

通過ラップ
12.9 - 10.7 - 12.0 - 12.3 - 12.2 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.2 - 11.3 - 11.1 - 11.9

久しぶりの現地観戦でしたが、やっぱり競馬場はいいですねぇ。ファンファーレの瞬間なんかはやっぱり現地のほうがいいや。馬券はなんとかとれました。・・・・・・サムソンとポップロックのワイドですけど。

さてレースですが、これJCにしてはスローなレースだったと思います。原因は1~2コーナーのところで、コスモバルク=松岡が引いたこと。これ五十嵐騎手だったらどうしたかなぁとも思うのですが、ひょっとしたらある程度競ってでもいたかもしれません。ただ松岡騎手は抑えるほうを選択して、結果先頭に立ったのがなんと横ノリ=チョウサン。2コーナーで一気にペースが落ち着いてしまいました。

結果としてはこれがメイショウサムソンにとっては響いたと思います。これでメイショウサムソンは動くに動けなくなってしまった。ここでポジションアップに脚を使ってしまえば前でじっくり脚を溜めているアドマイヤムーンやポップロックには直線での競り合いで負けてしまうおそれがあるし、こうなってしまったからには直線に賭けるしかない、それまではとにかく力を溜めておこう、と豊は思っていたのではないでしょうか。

ただそれ以前に、サムソンの位置っていうのは早いペースにも遅いペースにもある程度対応できる場所を選んでいたように見えました。これはおそらく圧倒的1番人気という立場から豊が取った戦法だと思いますが、ちょっと消極的過ぎたのかもしれません。まぁ前走の勝ちっぷりから馬の力に自信があった、ともいえますが、例えばサムソンに対して別の形で信頼を寄せている(と思うのですが)石橋騎手だったらもう少し前につけたかもしれません。サムソンらしさを貫ければどんなペースだろうと負けない、といった感じで。豊もサムソンを信頼しているでしょうが、それは「この馬の力ならどんなレースでも勝てる」と言う感じで石橋騎手とはちょっと違うんだと思います。結果として豊のこの自信(過信ではないと思います)が4コーナーでも大外のコース取りを選ばせたのだと思いますが・・・・・・。

それに対してアドマイヤムーン、ポップロックは先手を打って前に行きました。ここが天皇賞との大きな違いでしょう。どちらも積極策にでて、結果としてこれが功を奏することになるわけですが、もしペースが速くなっていたら、と思うとポップロックはともかくアドマイヤ=岩田騎手は思い切ったなぁと)。個人的には今でもこの馬には2400は長いと思っているし、スローになったことの恩恵を一番受けたのもこの馬だと思っています。スタミナ勝負になっていたらさすがにポップロック、メイショウサムソンのほうが上でしょうから。ポップロック=ペリエも前走の出遅れを教訓に先行策にでました。有馬記念で2着に入ったときも同じ位置取りでしたが、一走してペリエもこの馬のよさを思い出したってとこでしょうか。

さて、もう一頭の人気馬のウオッカはなんと最後方からでした。いろんなところでこの騎乗には疑問の声が出ているようですが、どうなんでしょう?ちょっと突拍子な意見になりますが、やっぱり絶好調時には至ってなかったんじゃないのかなぁと思っていたりします。もし馬の力に絶対の自信があればいくらなんでもあんな乗り方はしないでしょう。恐らく今のウオッカではまともにやったら勝ち目がない、と四位騎手は思っていたんじゃないでしょうか(もちろんこの考えについての是非はあると思いますが)。そうしたときに、自分より強い相手に勝つためにはウオッカの最大の武器を最大限生かすしかない、と四位騎手は考えたと思います。その結果があの位置取りになった、と思っているのですがどうでしょう?自分は今回はウオッカはダメだろう、と思っていたので4着に突っ込んできただけでも賞賛モノだと思っています。四位騎手のコメントを見る限りでも、改めてこの馬の力を思い知らされた、という感じですし次走ではまた違った競馬が見れる気がします。まぁ年内もう一戦するかは微妙なところですが・・・・・・。

さて、スローのままレースは流れ直線へ。ラップを見れば分かるとおり典型的な直線ヨーイドンです。サムソン、ウオッカは大外へ。ポップロックも内側は通らずやや外に振ります。そんな中最内を突っ込んできたのがアドマイヤムーン。なんというか、キレイに空きましたよねぇ、ここ。ちょっとウイニングチケットのダービーを思い出しました。まさにここを通れと言わんばかりで、岩田騎手も満を持して追い出します。ポップロック、メイショウサムソン、そして最後方からウオッカが猛追しますが結局凌ぎきってムーンが勝利。もしペースがもう少し速ければ捕まっていたでしょうね。また内側は馬場がやや荒れていたとは思いますが、ムーンは宝塚で不良馬場をこなしたようにパワーがあるタイプなので、迷わず最内を選べたのだと思います。とにかく全てがムーンに向きました。それに対して上手くいかなかったのがサムソンだと思います。

ムーンはこれで引退。最後に2400の国際G1を勝ったことは種牡馬になる上でものすごく大きいこと。この馬にとっては本当に大きいハナ差でした。ちなみに自分の周りにいた人たちはみんな、最初勝ったのはチョウサンだと思っていましたw 勝負服になじみがないというのもありますが、やっぱりあの位置にムーンがいるとは誰も思っていなかったんでしょう。

ポップロックはまたしても二着。まぁそれがポップロックのポップロックたる所以かもしれませんが・・・・・・。地味にシルバー・ブロンズコレクターなんですよねぇ。

サムソンはとにかく大事に乗りすぎました。1.8倍というオッズからして仕方がない部分もあると思います(僕らが思っているよりプレッシャー凄いと思いますよ?さすがの武豊といえども)。かつてランフランコ・デットーリがJCD(イーグルカフェ)、JC(ファルブラブ)と唯一のJC連勝を果たしましたが、豊は絶好のチャンスを生かすことが出来なかったと。まぁ人気に差がありますし、精神状態を考えても同列に並べることはできませんが、やっぱり悔しいと思います、この負けは。もうこんなチャンスは二度とないかもしれませんから。ただ有馬では逆襲してくる予感があります。というかあれだけ苦しい競馬をして3着なんですから実力は折り紙つきでしょう。あとは豊が今回の敗戦を糧と出来るかどうかだと思います。有馬とは相性の悪い騎手ですが、このままでは引き下がれないんじゃないの?

ウオッカも負けて強し。四位騎手も次走からは自信を持って乗ってもらいたいです。ただ今年は休みでいいんじゃないかなぁ。ダスカにタイトルは取られちゃうけど(むしろください><)無理して来年に響いてしまうくらいなら、ゆっくり休んで来年また素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しいと思います。

最後に。

インティライミどこいった!

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第27回ジャパンカップをガチで予想

久々にご当地で観戦予定です。というわけでしっかり予想しないと!

◇その前にJCDおさらい

1着◎ヴァーミリアン
2着   フィールドルージュ
3着△サンライズバッカス
4着△メイショウトウコン
5着  ワイルドワンダー
6着▲ドラゴンファイヤー
       ・
       ・
       ・
10着○フリオーソ

通過ラップ
7.1 - 10.7 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.9 - 12.6 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5

というわけであっさりヴァーミリアンでした。道中やや後ろかな、という気もしましたがタイムを見ればなんてことはない、ただ前が早かっただけという・・・・・・。祐一が簡単にハナを取れているようで取れていなかった、というのが原因だと思います。というか幸よ、何故そんなに積極的なんだ・・・・・。キャンディデートもやはりアメリカ馬だけあってテンのスピードはありますし。ウチパク=フリオーソもそれについていって最後はアラアラ。その辺りが国際レースの怖さといえばそうなんですが。

そんな中で上手く乗ってたのは2着のフィールドルージュだったと思います。にも拘らず2着というのは流石ノリといわざるを得ないのですが、よほど東京のこの距離があってるんでしょうかねぇ。普通ならこの馬が勝ち馬になるレースなんですが、ヴァーミリアンがそれだけ強かったということですね。

3着のサンライズバッカスはもはや抑えずにはいられない馬になったと思います。この馬の今年に入ってからの堅実さは異常ですし。距離は確かに長いのかもしれませんが、それでも安定して突っ込んでくるのは地力のある証拠。来年も現役続行のようならフェブラリーでは要注意ですね。

4着のメイショウトウコンは今充実期なんでしょうが、追い込んで届かず。余りの速さに後続の馬も脚を使わざるを得なかった、ということなんでしょう。そういうレースだからこそ勝ち馬の強さも際立つというわけで。

6着のドラゴンファイヤーは結局はまだちょっと力不足だったと。一線級とやっていなかったのもひょっとしたら仇になったかな?まぁまだ三歳なので来年以降に期待します。

◇というわけでJCです。

ディラントーマスが出走不可、ということで相当萎えていたんですが、参戦するからにはガッチリやりますよー。

◎メイショウサムソン
○ポップロック
▲インティライミ
△アドマイヤムーン
×フサイチパンドラ
注ドリームパスポート

やはりメイショウサムソンを本命にせざるを得ないでしょう。馬のほうはまさに充実期だし、鞍上にも死角なし。天皇賞よりも距離が伸びたのも好材料です。枠もいいところを引きましたし、まさに大本命。少なくとも連は外さないと見ます。逆らいたくなる気持ちもありますが、ここは正直に従っておくしかないでしょうねぇ。

二番手はポップロック。この本命対抗は秋天と変わらずです。前走は追走にてこずりながらも追い込んで4着。ペリエもこの馬との呼吸を思い出したでしょうし、2400に距離が伸びるならやはりこの馬を押さざるを得ない・・・・・・と皆さん思ってるようで、ワイドではこの組み合わせが現在ウォッカ―サムソンに続いて二番人気。まぁ安定感からいくと仕方ないかなぁという気もします。唯一気になるとしたら内枠ということですが、コスモバルクは先にいくだろうしなぁ。エリモハリヤーも幸四郎ならヘンなことはすまい。というわけで不動の?対抗です。

三番手にインティライミを持ってきます。サムソンを負かすならこの馬かアドマイヤムーンじゃないのかなぁと。但し嵌れば、ということで条件は相当厳しいのかなぁ。それだけサムソンが充実している、ということなんですが。ただこの馬も完全に復活したといってよく、二着争いなら十分ポップロックやムーンに対抗できるだけの力を持っています。やはりこちらも外せない1頭。

4番手は迷ったあげくアドマイヤムーンに。正直ベストの距離ではないと思うし、宝塚で勝てたのは終始サムソンのマークに徹することが出来たからじゃないかと考えると、ここでの逆転には相当条件が厳しくなると思います。ただそれでも可能性はあると思うし、潜在能力でならサムソンにも十分対抗できる馬。春の時点では二強と言われていた馬だし、やはり外せないのかなぁと。引退レースでもあるでしょうしね。

あとはフサイチパンドラ。侮ってはいけないと思うんですよね、この馬。夏には札幌記念を勝っているし、前走だって負けたとはいえ強い競馬でした。去年のJCでも掲示板に乗っていますし、距離の適正もあると思います。おそらく明日もペースは早くなると思いますが、それに惑わされずに追走できれば大掛けする可能性はあると思います。ドリームパスポートは馬体次第でしょうか。正直完調とまではいかないでしょうし、どこまで仕上がっているか疑問ではありますが、何せ去年の二着馬ですしねぇ。よっぽどひどくない限り買っておこうかなと。

さて名前の出ていないウオッカですが切ります。理由は簡単で「一頓挫あった馬は買わない」。狙ってここに出てきたならいいんですが、直前まで決めかねての出走ですから、その時点で大きく割り引かなければいけないでしょう。あとはやっぱりダービーの檄走の疲れがまだ完全に癒えていないんじゃないか、という気もします。なんだかんだで春から常に臨戦態勢だったわけですし、エリ女でのハ行もその表れなんじゃないのかなぁと。まぁ来たら来たでしょうがないとは思いますけどね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

何気に混戦な気がするJCD予想です。

ヴァーミリアンが抜けてるのはいいとして、対抗をどうするか。ドラゴンファイヤーもいいんですが、うーむ。

◎ヴァーミリアン
○フリオーソ
▲ドラゴンファイヤー
△サンライズバッカス
△メイショウトウコン
×フサイチホウオー
注ブルーコンコルド

というわけで何故か異様に人気のないフリオーソにしてみました。確かに東京コースがどうか、というのはあるとは思うのですが、前走はブルコン、サンライズバッカスの二頭を抑えきっていますし、ここは買い時かなぁと。

噂のドラゴンファイヤーは三番手。去年のアロンダイトのように一気に頂点に上り詰める可能性もありますが、一気に相手が強化されるのでこの評価に。こういうとあっさり勝たれてしまうんですけどね、今日のサンアディユみたいにw

あとはいつものごとくサンライズバッカスや怖い怖いメイショウトウコンを押さえた上で、フサイチホウオーにも×を打っておきます。ダートで復活してくれればなぁ。ブルコンは体重が増えていれば買ってもいいかなぁという感じ。前走だけでは見限れないです。海外馬は切ります。スチューデントカウンシルには東京の2100はちょっと厳しいような・・・・・・。

なんか印が多くなってしまいましたが、二番手以降は本当に混戦だと思います。あと触れませんでしたが、ヴァーミリアンはいいんじゃないでしょうか。二走ボケの恐れもなさそうだし、今の豊なら大きなロスなく乗ってこれるんじゃないですかね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

三日連続重賞です…京阪杯予想

久しぶりに「前日予想」が出来そうです。金土は帰りが1時とかだからなぁ。

というわけで京阪杯、JCD、JCと重賞三連発。JCはディラントーマスが入国不可で正直かなり興ざめしている部分もあるのですが。なにかと病気に祟られる年ですね、今年は。というわけでとりあえず京阪杯の予想を。

◎ブラックバースピン
○カノヤザクラ
▲サンアディユ
△クールシャローン
注タマモホットプレイ

サンアディユが豊って強奪したんかいな、とも思ったんですが、そうではなくて川田騎手がリーチに強奪されていたという(東京でアドマイヤメインに乗る予定だったらしい、けどメインは出走せず)。哀れ川田と思うと同時に、豊にとってアドマイヤと手が切れたのはやっぱり正解だったのか。このサンアディユもそうだし、ベッラレイアにドリームジャーニー、さらにはメイショウサムソンと本当にいい馬が回ってくるようになりました。

とまぁそんな話は置いておくとして、本命はブラックバースピンです。秋三戦目ということに加え、スプリンターズS組よりは消耗が少ないんじゃないでしょうか。メンバー的にもここはそこそこチャンスだと思います。

対抗はカノヤザクラ。こちらもスプリンターズSには出走しなかった組。今年の三歳牝馬は強いですからねぇ。1200までなら堅実に走る馬ですし、古馬相手に重賞二着の実績も光ります。

三番手にサンアディユ。57kgはさすがに重いかな・・・・・・。調教が上手くいかなかったという話ですし。ただ実力的には抜けているのであっさり勝ってもおかしくないんですけどね。

あとはもう一頭の三歳牝馬クールシャローンに△をつけて、何故か不気味なタマモホットプレイを注にします。むーん、何故こんなにも気になるんだ、タマモホットプレイ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

取り急ぎ予想させていただきます…マイルCS

正直いまだに迷っていますが・・・・・・。

◎カンパニー
○スズカフェニックス
▲ダイワメジャー
△キングストレイル
△ジョリーダンス
×フサイチリシャール
注アグネスアーク

天皇賞組を上位に見ます。その中でも今年絶好調のカンパニーを本命に。去年の秋の惨敗から陣営がじっくりと立て直してきましたが、その結果が見事に出ています。元々力のあった馬ですし、そろそろG1に届くかも?

アグネスアークはパドック次第なのでとりあえず注。前走がギリギリだったと思うのですが、その出来をなんとか保てていれば、この馬を対抗にしてもいいかも知れません。が、現段階ではこれで。個人的には距離もちょっと気になります。

というわけで対抗はスズカフェニックス。前走スプリンターズSは予想通りの敗戦。場所が京都に変わり、中間もしっかり乗り込まれてきたのならこの馬が浮上してきてもいいと思います。

ダイワメジャーは迷ったあげく3番手。地力は一番のはずですからねぇ。正直勝ちきるまではいけないか、と思ってるんですが二着に粘りきる可能性はあるのかなと。

他は充実著しいはずのキングストレイル(負けているのは展開のアヤもあるでしょう)、前走からの変わり身を期待してジョリーダンス、ペリエサーンを確保したフサイチリシャールまで。スーパーホーネットは切ります。まぁ自分が切る、ということは連には絡んできそうな匂いがプンプンしてきますが・・・・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽々でした・・・・・・エリ女回顧

ヨシトミ先生のナイスアシスト、でしたかね。ああいう無難な競馬が先生らしいといえばそうなのですが、あれで負かせる相手かよ?

1着◎ダイワスカーレット
2着△フサイチパンドラ
3着  スイープトウショウ
4着△ディアデラノビア
5着   アドマイヤキッス
      ・
      ・
      ・
8着○ディアチャンス

正直あんまり感動のないレースというか・・・・・・。ダスカ好きなんですけどもね、ああも予定調和のレースをされてしまうとなんだかなぁという気がします。

ダスカにとっては位置取りよりは自分のペースでいけるかどうかが重要だったレース(まぁいつもそうなんですけども)。そう考えると、絡んできそうなアサヒライジングの鞍上がヨシトミだったというのはものすごくラッキーだったんじゃないかなぁと。仮にアサヒが出遅れなくってもあのペースで流れたんじゃないでしょうか。結局ハナに立つ形になりましたが、道中も本当に楽。中盤ひきつけて直線では他馬を寄せ付けない上がりで引き離す。うーん。強いレースだったしファンとしては大満足なんですが、競馬としてはイマイチ盛り上がりに欠けてしまいますね。ダスカ自体も全てを出し尽くしての勝利、っていう感じじゃないと思います。その辺りが物足りなさを感じるところかなぁ。

2着はフサイチパンドラ。やっぱり走るっていうことですね、この馬。ペースを遅いと感じて早めに動いていった辺りは流石ルメールといったところではあるのですが、そのままダスカとガチンコ勝負をするまでには至らず。まぁあれだけ楽にいかれては仕方がないのかな、という気もします。

3着はスイープトウショウ。3着まで来たか、というと失礼かもしれませんが正直な感想。今年は本当に順調に使えていなかったですからね。ただ往年の迫力は失われていたかと思います。というか、全盛期なら大接戦のゴール前だったでしょう。そう考えると少し物寂しい気がします。

4着はディアデラノビアがなんとか確保。ルメール同様豊も遅いと見て早めに動いたのですが、最初の位置取りが後ろ過ぎましたね。まぁ追い込みが身上の馬ですから仕方ないともいえますが・・・・・・。直線ではいい反応を見せていましたが、前が止まらないのだから追いつけるはずもなく。とにもかくにも今日のレースはスローすぎたよなぁ・・・・・・。ディアチャンスの8着も似たような理由なのかなぁ。

アドマイヤキッスが5着とな。掲示板だけはゲットしてくるのはもはや名人芸。この強くもなく弱くもない、というところは結構好きです。

アサヒライジングは7着ですか。まぁ勝ちにいかないんだからそうなりますわな。スタミナ勝負に持ち込んでこそ生きる馬だと思うんですけどね。なんであそこで安全策に走ってしまうかなぁ・・・・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?

ウオッカでないの?

というわけで一番人気馬の取消し、という緊急事態。結局13頭立てというG1にしては異例の少頭数でのレースに。まぁ、本命のダスカにとってはウオッカが出てこようが出てこまいがレースの作戦が変わるようなことにはならないでしょうから問題はないのですが、やや興をそがれた感はありますねぇ。とりあえず前日の予想には特に変更を加えず、△のアサヒライジングを▲に繰上げしておきますか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリザベス女王杯予想します

いつも通り簡単にですが・・・・・・。

◎ダイワスカーレット
○ディアチャンス
▲ウオッカ
△ローブデコルテ
△ディアデラノビア
△アサヒライジング
注フサイチパンドラ

ダスカの本命はいつも通り。距離が200伸びるのがどうかというところですが、まぁなんとかしてくれると信じてみます。

相手にはディアチャンスを持ってきてみました。この馬相当強いと思うんですけどねぇ。まぁ他が豪華なのであまり目立たないのかもしれませんが、それでもノリなら、ノリならきっと2getしてくれる!

復讐の鬼と化したウオッカは三番手。というかだんだんこの馬がわからなくなってきたというか・・・・・・。ダービーを見る限り強いんでしょうけども、秋華賞みたいなレースもあったりと。とにかく、レースではこの馬の力をフルに出し切れるかどうかにかかってると思います。出せればダスカと互角以上の勝負をしてくれるとは思うんですが。

他にはオークス馬ローブデコルテ、やけに自信満々な豊が不気味なディアデラノビア、今秋絶好調ともいえるアサヒライジングなど。あとは不思議ちゃんフサイチパンドラも要注意ってことで・・・・・・。3着まで、と思うと意外に絞りきれないレースですね。本当はデアリングハートまで印をつけたかったんですが、流石に自重します・・・・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チョウカイフライト・・・・・・・

予後不良だったとは・・・・・・。

開催出来事
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20071104-00000024-kiba-horse

デビュー時はSS×チョウカイキャロルっていうことでずいぶんと騒がれた馬。正直あまり強い馬ではなかったので重賞ではほとんど見かけることはありませんでしたが、名前を見かけるたび「お、まだ頑張ってるのか」なんて思っていたんですが・・・・・・。

実際には毎週のようにサラブレッドは死んでいっているわけで、知ってる馬の死にだけ反応してしまうというのはいかにもファンの身勝手さ、という気もしますが、逆に言えばせめて知っている馬の死だけは心にとどめておきたい、という風にも思います。いつも楽しい部分だけ見ているから忘れがちになってしまうんですがね・・・・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディラントーマスクル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

うれしいんだけども、コンディションはどうなのよ?

ディラントーマス他8頭JC出走受諾
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20071101-00000013-kiba-horse

BCがよっぽど不完全燃焼だったのか・・・・・・。引退先延ばしで参戦です。ただ4月から毎月レースに出てるんですよね、この馬。よっぽどタフなんでしょうが、果たしてどれくらいの調子でJCに出走できるのか・・・・・・。他には去年のBC勝ち馬レッドロックスやソードダンサー招待S勝ち馬のグランドクチュリエ、クレメント・L・ハーシュ記念ターフ選手権S勝ち馬のアルティストロワイヤルなど。馬インフルがあったわりには結構メンバー揃ったんじゃないですかね?いや、あんまり詳しくないから分からないんですけども・・・・・・。ディラントーマスとレッドロックスがいるだけでも十分というのが素人的感想です。

ダートのほうはパシフィッククラシックの勝ち馬スチューデントカウンシルが受諾。パシフィッククラシックって結構大きなレースだった気が。ひょっとするとリドパレス以来の大物襲来なのでは・・・・・・。ていうかラヴァマン負かしているんですね。

日本勢はサムソン、ヴァーミリアンとどちらも豊鞍上の馬が総大将ってことになるんですかね。他ではJCではインティライミやポップロック辺りが、ダートではブルーコンコルドやサンライズバッカス、フリオーソ辺りが主力になるんでしょうかね。サムソンとしては今年の凱旋門賞馬を負かして来年に・・・・・・、と出来れば最高なのですけどね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »