« 難しいものね、競馬は | トップページ | 深夜の予想会・・・・・・東京大賞典! »

2008ドバイ日本馬事情

有馬が終わってまだ一週間も経っていませんが、早くも来年に向けての動きは始まっています。

ダイワスカーレット、ドバイ参戦、WCかDFへ?
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20071226-00000050-spn-spo

松国っ・・・・・・!お前はまたっ・・・・・・!また馬を休ませないつもりなのかっ・・・・・・!

というのは半分ほど冗談として、春の最大の目標はドバイということではあるようです。そしておそらくはWCを使うのならばステップとしてフェブラリーSを使う、ということなんでしょう。そこでダートの適正を図る、ということなのかなぁ。個人的にはこういうスピードのあるタイプは意外とドバイWCに向くのかも、という気がします。日本馬史上最先着のトゥザヴィクトリーも初ダートのフェブラリー→ドバイWC、というローテーションでしたし、芝しか経験がないのに、という捕らえ方はする必要はないのかなと。

というか個人的には故障さえないのならばいいです・・・・・ホントに。

サムソンもドバイへ
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20071227-00000000-nks-horse

こっちも休ませる気はないということか。

まぁディープのように現役中ずっと厩舎で過ごした馬もいますからねぇ。ただ有馬の敗戦を見ていると精神的にリフレッシュさせる必要はないのかな?という疑問もなくはなく。

こちらはシーマかDFということのようで。2400でも結果を出している馬だし、シーマでいいんじゃない?という気もしますが、1777のDFも距離は大丈夫だと思います。2歳~3歳時は1800で好走していた馬ですしね(相手関係はともかく)。秋天の勝ち方なんかを見ていると2000辺りが適距離、という気もしますし、まぁどちらを選んでも好勝負してくれる(して欲しい)かなと。でもやっぱり有馬の敗戦が気にかかるんだよなぁ。初戦と予想される京都記念までにどこまで「強いサムソン」を取り戻せるかが鍵になるでしょうね。

スズカフェニックスもドバイへ?
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20071227-00000021-sph-horse

出るとしたらDFかなぁ。こちらはあくまで選択肢の一つにすぎない、ということですが鞍上豊だし普通に行くかも知れないですね。

にしてもこれだけドバイ参戦が増えたのは輸送の発達、トゥザヴィクトリー、ステイゴールド、ハーツクライ、アドマイヤムーン、といったところの成功があったことも一つの要因でしょうが、そしてそれ以上に「この時期に中距離のトップクラスが目指すべきG1が日本にはない」というのが最大の理由なんだと思います。少なくとも牡馬は安田記念、牝馬はヴィクトリアマイルまで待たなきゃならないわけで、1年の半分を過ぎるまでG1使えないっていうのはなんとも厳しいところがあると思います。もちろんその間はゆっくり休ませて、というのも一つの考え方ではあるんですが、やっぱりオーナーにとっては勲章が多いほうがいいですしねぇ。

個人的には、やっぱり春先に一つ古馬の中距離G1は欲しいところだと思います。ついでに今現在G1のない1800くらいの距離でなんとかならないもんかなぁと(でも春天は3200のまま存続して欲しい派です。短くするなら菊花賞も短くしなきゃダメじゃないかと)。G1の乱発、といって反対する方も多いとは思いますが、売り上げも下がっている今、有力馬に日本で走ってもらう努力をJRAもするべきではないのかな、と。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 難しいものね、競馬は | トップページ | 深夜の予想会・・・・・・東京大賞典! »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/9600414

この記事へのトラックバック一覧です: 2008ドバイ日本馬事情:

« 難しいものね、競馬は | トップページ | 深夜の予想会・・・・・・東京大賞典! »