« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

無事是名馬・・・ノボトゥルーお疲れ様でした

ノボトゥルーついに引退
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080227-00000009-kiba-horse

種牡馬になれるそうで、本当によかった。

同期はオペにトプロ、アドベの三強。というかオペももう12歳なんだなぁ。この三頭が引退して、トプロとアドベが天国へいった後もずっと走り続けたノボトゥルーは本当に偉い。63戦連続重賞出走なんてどんな記録だよとw 

もっと早く種牡馬になれたら、という声もあるかもしれないけれども、ここまで走ったからこそ人々の心にもノボトゥルーの名はしっかり刻まれた。とにかく長い間お疲れ様でした。いい仔が出ることを祈っています。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイド戦術、4着地獄の前に沈む・・・フェブラリーS観戦記

というわけで久々に東京競馬場にいってきました。午後からの参戦だったのですが

G1なのに人がいない・・・・・・。

考えてみれば今日は給料日前だったわけで、それに加えて電車も徐行運転するほどの強風。JRAの売り上げのほうも結構厳しかったんではないでしょうか。とはいえ、メインレースの時にはだいぶ人も増えていましたが。

とりあえず、馬券を当てることを目標に今日はワイド馬券中心でいくことに。7Rはワインアドバイザーからワイドで流し。ここからが悪夢の始まりでした。

7R 軸ワインアドバイザー 4着
8R 軸ダノンブライアン     1着
9R 軸ナンヨーヒルトップ   4着
11R 軸ロングプライド    4着
12R 軸パパラチア      4着

なんという4着地獄(10Rはパスしました)。唯一来た8Rもパドック見る限りダノンブライアンで決まり、という感じだったし・・・・・・。ここまで酷いとグゥの音も出ませんな。それにしてもつくづく本命党だな、俺。

さて今日の見所は9Rと11Rだったと思いますが、ヒヤシンスSのサクセスブロッケンはとにかく強かった。抜け出してからの脚は1頭だけ抜けていました。これで3連勝。芝クラシック路線は混沌としていますが、ダート路線はこの馬にシルクビックタイム(次走は芝だそうですが)イイデケンシンと充実。海外に行ってしまうカジノドライブも入れれば、近年稀に見る当たり年かもしれませんね。

さてフェブラリーSですが、最後まで悩んだのがヴァーミリアンの取捨。一番強いのは間違いないけど、マイル戦、中間での一頓挫、豊が今年重賞未勝利・・・などがあってどうしたものかと。そんな感じでパドックにいったんですが・・・。+7という馬体重もそうですが、やや余裕残しの体。得意の距離ならともかく、このメンバー相手にマイル戦を勝ちきれるか?と思い評価を下げました。今思えば不遜もいいところですねw ちなみに最終予想はこんな感じでした。

◎ロングプライド
○フィールドルージュ
▲デアリングハート
△ヴァーミリアン
△ブルーコンコルド

んー。正直に言えばダスカが出てきてくれていれば全く迷うことはなかったんですが・・・・・・。直前で本命にしようとしていた馬が消えて正直混乱した中での予想。まぁいつも混乱していると言えばそれまでなんですが。

素人目ながらよく見えたのはロングプライドとブルーコンコルド。特にロングプライドは前のドラゴンファイヤーがイマイチだったのもあって余計によく見えました。ブルーコンコルドも気合い十分で、マイルなら一発ありそうな感じ。そこまで感じていながらこの馬から買えない辺りが馬券ベタの馬券ベタな所以ですかね。

フィールドルージュ、ワイルドワンダーは可もなく不可もなくと移りました。ヴァーは上で書いたようにやや太めに見えました。デアリングハートはまずまず。

んで結果はご覧の通り。

1着△ヴァーミリアン
2着△ブルーコンコルド
3着  ワイルドワンダー
4着◎ロングプライド
5着  リミットレスピッド
       ・
       ・
7着▲デアリングハート
       ・
       ・ 
競争中止○フィールドルージュ

まぁヴァーミリアンは強かったとしかいいようがありませんね。つか一つ前のエントリーで「一番強い」とか書いておきながら何評価下げてんだ俺・・・・・・。ともあれこれで胸を張ってドバイにいけます。カーリンなどの世界の強豪相手にどこまで出来るか楽しみです。

ブルコンも流石の2着。結局は「格」の違う2頭の決着だったというわけで、新興勢力はそれを除くには力及ばず、ということでしょうか。それにしてもこの馬も8歳か・・・・・・。あと一つくらい勲章を増やせるといいんですが。

ワイルドワンダーは人気通りの着順。直線入り口ではこの馬とヴァーの一騎打ちと思いましたが、力の差をまざまざと見せ付けられる結果に。最後はブルコンにも交わされ3着。これはもう生まれた年を間違えたとしか・・・・・・。

ロングプライドは4着。ペリエなら交わせると思ったんだけどなぁ・・・・・・。坂上で脚色が3着馬と一緒になってしまった。現状では精一杯の競馬でしょう。ペリエが死んで、俺も死んだと。

フィールドルージュはゲートを出るときに脚をぶつけて怪我をしてしまった模様。競馬場でのレース回顧で岡部さんも仰っていましたが、大事に至る前に止めたノリは立派。まぁ馬券の半分がその時点で紙くずになったのはアレでしたが。ノリの好判断のおかげで馬体にも影響がない模様。ようやく本格化した馬だし、あせらずゆっくり立て直してもらいたいですね。次出てきたら君から買うよ!

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイワスカーレット回避

またか・・・・・・orz

ダイワスカーレット、フェブラリーS回避
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000006-kiba-horse

これで実質ヴァーミリアン1強か。マイルが不安視されていますが、着差は縮まっても負けることはないでしょう。豊が今年重賞未勝利なのが気がかりと言えば気がかりですが。

にしても、オークスに続きトラブルでGⅠ参戦ならずとは・・・・・・。これでドバイWC参戦の芽は消えて、行くとしてもDF一択か。まぁ個人的にはフェブラリー使わずにWCでもいいんじゃないか、という気もしますがそこまで冒険は出来ないだろうし。ドバイも含めて白紙でした。ウオッカせっかくわがまま言ってDF参戦決めたのに・・・・・・(´・ω・`)
それにしてもこの馬ツイているのかいないのか。今週末の参戦は正直この馬目当てだったんだけどなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにもなりません・・・・・きさらぎ賞回顧

今年の牡馬クラシックはもうわからんわ。

1着△レインボーペガサス
2着▲スマイルジャック
3着  ヤマニンキングリー
4着◎レッツゴーキリシマ
5着○ダイシンプラン
       ・
       ・
7着△ブラックシェル

豊は重賞勝てんなー。ブラックシェルは直線もよれてたので重かったっていうのもあるんだろうけど、出遅れ気味であの位置からではまた溜め殺し言われるんだろうなぁ。まぁ前から行っても勝てなかったと思いますが、ちょっとなぁ。

というか今年のクラシック戦線を象徴するような混戦。レインボーペガサスは最後の追いっぷりはさすがペリエ、としかいいようがないけど・・・・・・。

スマイルジャックは勝負弱いところがあるんだろうか。好走すれども勝てずの連続。
ヤマニンキングリーはよく頑張ってますが、どうせなら勝ち馬と接戦くらいに持ち込んでくれないとね。

ダイシンプランは追い込みに賭けすぎか?マイルに行くのもありでしょうが、岩田としても諦めきれないだろうなぁ。

レッツゴーキリシマは距離?スマイルジャック以上に評価するのは難しく、おそらく皐月にいっても苦しいでしょう。ライアン産駒には頑張ってほしいんですが、こっちもマイル路線かなぁ。

6着アルカザン、10着メイショウクオリアは予想通り。先週に続き今回でも結果を出せず、ラジオNIKKEI賞組の評価はこれで確定でしょう。

というわけで結局大混戦のままトライアルへ。ホントにフサイチアソートくらいしか残ってないんですが・・・・・・。あとは若駒Sの同着2頭とか?ブラックシェルは次走馬体重を絞れればリベンジもあるでしょうが、本番で本命視はできないしなぁ。とりあえずショウナンアルバとかももう1走するようですし(スプリングSか?)、トライアルが終わるまでわかりませんね。というか終わっても分からないまま本番へ、という可能性のほうが高いような・・・・・・。 にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシックの登竜門・・・・・・きさらぎ賞予想

毎度のごとく深夜更新です。

さてきさらぎ賞ですが、スペシャルウィーク、ネオユニヴァース、ナリタトップロード、アサクサキングスとクラシックホースを多数輩出するようなレース。昔はハクタイセイとかもいましたし、もっと遡ればインターグシケンやらキタノカチドキ、ヒカルイマイ、タニノムーティエ、マーチスと錚錚たるメンバーです。

今年の注目馬はブラックシェルということになるんでしょうか。ここまで連帯率100%。前走はキングスエンブレム、ファリダットを破ってここにコマを進めてきました。ただ上に上げたようなメンバーと比べると・・・・・・。絶対的な軸馬とはいえなさそうです。

これに対抗するのはレッツゴーキリシマ。というか現時点での格はGⅠ2着馬のこちらのほうが上。戦績も安定していますし、何よりも久々のメジロライアン産駒の大物かもしれません。応援するならこっちかなぁなんて思ったりもしますが。

この二頭に割って入るとするとダイシンプランか。前走は期待を大きく裏切りましたが、今週の調教ではアドマイヤオーラをちぎったとかなんとか。岩田騎手もこの馬には相当入れ込んでいるようだし・・・・・・。ここで負けたらクラシックは厳しくなるだけに必勝体制で臨んでくるでしょう。

あとはメイショウクオリアやアルカザンは対戦した、もしくは参戦したラジオNIKKEI賞組が今年は大コケなので、その流れからすると苦しそう。それならば、善戦どまりではあるが、東スポ杯や若竹賞でフサイチアソート、ショウナンアルバといい勝負をしてきたスマイルジャックかな?

◎レッツゴーキリシマ
○ダイシンプラン
▲スマイルジャック
△ブラックシェル
△レインボーペガサス

ダイシンプランは半信半疑の○。手堅くいくならスマイルジャックやブラックシェルを上に持ってきたほうがいいんでしょうが、ここで前走から大変身となれば・・・・・・、という期待も込めて。あとは穴っぽいところでレインボーペガサスなんかも面白いですかね?

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

混戦に断、とはならず・・・・・・いろいろ回顧

というか今週も派手に外しました。印をつけた馬で馬券に絡んだのはファイングレインとマルカシェンクのみとは・・・・・・。3つも重賞あったのに・・・・・・。

小倉大賞典はアサカディフィート。10歳にしてあの差し足は見事としかいいようがないのですが、この馬トップハンデ(実質的にはディアデラノビアですが)なんだよなぁ。他の馬が不甲斐ないと言えば不甲斐ない。タイムも平凡だし、マルカシェンクやニルヴァーナも一線級でやるにはちょっと・・・・・・、という感じですね。

シルクロードSはファイングレイン。前半はアストンマーチャンが引っ張り34.7。やや重ということを考慮すればハイペースと言ってもいいのかもしれませんが、これについていった先行勢は全滅。上位は全て中団後ろから後方待機組。その中でも素晴らしい切れを見せたファイングレインが初重賞ゲットとなりました。これで淀短からの2連勝で宮記念の有力候補に浮上です。ただ相手にはスズカフェニックスなどがいますからねぇ。簡単には行かないでしょうが、おそらく本番では上位人気になるんでしょうな。アストンマーチャンはやっぱり最後止まって終了。スプリンターズSの時は後ろも止まってくれましたが、今回はそうもいかず。今後はいかにスタミナを温存して逃げることができるか、ということが課題になりそうですが、ひょっとすると頭打ちかも・・・・・・?アイルラヴァゲインは情けなし。

共同通信杯

1着  ショウナンアルバ
2着  タケミカヅチ
3着   マイネルスターリー
     ・
     ・
5着◎サダムイダテン
     ・
     ・
7着▲スマートファルコン
     ・
     ・
9着○サブジェクト

ウォーエムブレム産駒重賞制覇キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

とりあえず照哉は「疲れた」とか言わないでもう少し種付け頑張れ!
勝ち上がり率も優秀だし、種付けさえ上手くいっていれば間違いなくポストサンデーを担えていただろうに・・・・・・。なんとか種牡馬引退から復帰とはならないもんですかね。

ただレース的にはどうでしょうか。今年の牡馬物差し馬のタケミカヅチを基準とすれば、今日のレースもレベル的には決して高くない、ということにもなりそうですが・・・・・・。その一方でタイムは優秀。ここ最近では一番早いのかな?抜け出すときも余裕を持った追い出しでしたし、抜け出してからもしっかりしてましたからねぇ。クラシック戦線でも上位であることには変わりはないとは思います。ただ頭一つ抜け出したとはいえず、まだまだ混戦が続きそう。

サダムイダテンは直線追い込むも坂上で止まった感じ。あれは坂というよりは距離ではないのかなぁ。追い出したときは突き抜けると思わせるだけの脚はあったんですが。とりあえずクラシック戦線上位からは脱落か。マイルCに行くなら逆においしいですが。

最後にエルフィンSはポルトフィーノが順当勝ち。ただ今回もスローのまま決着ということで底を見せず、この馬の真価については次走に持ち越しです・・・・・・。次はチューリップ賞になるんでしょうか。ハイペースになったときにどうか、というのが早く見たいですねぇ。

とりあえずクラシック戦線は直前のトライアルまで待たないとなんともいえない状況。あとは来週のきさらぎ賞のブラックシェルと、弥生賞を予定しているフサイチアソートがどうか、というところですが、なんか混戦のまま皐月賞まで行きそうな気もしてきたなぁ。個人的にはフサイチアソートに期待しているんですが。

牝馬路線今年も角居厩舎が中心ですかね。トールポピーとポルトフィーノの二頭を抱えていますから・・・・・・。トライアルでも使い分けて、ということになりますか。というかもしかして二年連続でどっちかをダービーに回したりするつもりなのか、角居!

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシックを担えるか・・・・・・共同通信杯予想

二週連続の月曜日開催。JRAも大変ですなぁ。ただ偶然にもその月曜日に東西でクラシックの本命馬になりうる二頭が出てきます。

◇牡馬編・・・共同通信杯

混戦模様のクラシック戦線ですが、その行方を占う上で、おそらく今年はこの共同通信杯が最重要レースということになるんではないでしょうか?だからこそ願わくは良馬場でやってもらいたいのですが・・・・・・。

とにかく注目はサダムイダテンとサブジェクトの二頭。ラジオNIKKEI賞の1・2着馬ですが、評価としては2着のサダムイダテンのほうが現時点では上のようです。ラジオNIKKEI賞ではアンカツも迷わず(?)サダムイダテンを選んで、サブジェクトは初の鞍上チェンジ。ただそこで確保したのが我らがオリビエ・ペリエ、そして結果はご覧の通りですから競馬はわからないものです。

あくまでアンカツの感触を信じるならばここはサダムイダテンでしょうが、レース運びに注文がつかないのはサブジェクトですかね。前走で先行して勝てたのは、流れが向いたとはいえ大きな収穫だったのではないでしょうか。そんなサブジェクトを力でねじ伏せることができれば、サダムイダテンが一気にクラシック本命に躍り出ることになりそうですが・・・・・・。

◎サダムイダテン
○サブジェクト
▲スマートファルコン

ここは素直にアンカツの判断に従っておきますか。そろそろクラシック戦線の中心馬が出てきて欲しい、という願望もありますが・・・・・・。サブジェクトも差は言われているほどはない、と見ます。朝日杯や萩Sでの負けが尾を引いているのかもしれませんが、陣営も「追い込みにこだわり過ぎた」というようなコメントを出してますし、新境地を開いてのこのレースこそがこの馬の試金石となるはず。ここでちぎられたらアレですが。あとはゴールドアリュール産駒の応援の意味もこめてスマートファルコンまで。混戦になった場合は逆転も?

◇牝馬編・・・・・エルフィンS

こちらはもちろんポルトフィーノです。新馬戦圧勝後、中々予定通り上手くいかないまま、結局年明け復帰となりましたが、潜在能力では現役3歳牝馬の中でもトップクラス。阪神JFの勝ち馬トールポピーなどとやりあうためにはここは負けられない一戦です。相手はレジネッタが筆頭になりそうですが、期待の意味も込めて、

◎ポルトフィーノ

でいきます。この馬初戦圧勝とはいえ、以前書いたように(→ココ)まだこの馬の強さを評価できる段階ではありません。とはいえ、やっぱりこの馬が主役に躍り出てくれないと面白くないよなぁ、という思いがあるのも事実。というわけで贔屓目たっぷりの予想にもならない予想ですが一つ願望ということで。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二週連続で・・・・・・シルクロードS予想

やっぱり中止ですかー。東京も多摩地区は雪が積もってましたからねぇ。にしても狙ったように土日に降るな・・・・・・。

シルクロードS

◎アイルラヴァゲイン
○テイエムノブシオー
▲ファイングレイン

アストンマーチャンはある意味ここが試金石ですが・・・・・・。G1勝ちしたもののスワンSでは大敗。手が豊に戻ってどうか、というのはありますが、やや苦しいんではないのかなぁ。

ということで本命はアイルラヴァゲインで。調教師も狙ってここを使ってきたといってますし、去年も淀短→ここ、と好走してますしね。相手はテイエムノブシオーで。3番手に今年の淀短の覇者ファイングレインを持ってきてアストンマーチャンはズバッと切ります。

ただ今週は豊絶好調なんだよなぁ。まぁダメならダメでそのときですが・・・・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は三重賞・・・・・・小倉大賞典予想

うーん、今週も簡易版になりそうです。中々時間が取れないなぁ・・・・・・。

◎マイネルフォーグ
○ニルヴァーナ
▲マルカシェンク

一番人気はマルカシェンクですかねぇ。ここで勝つようなら一気に第一線に返り咲き、ということになりそうですが、どうかなぁと。前走も圧勝とまではいえなかったので、2kg増の今回はちと厳しいか、ということで同じニューイヤーSで4着に飛び込んだマイネルフォーグに◎を。対抗にはこちらも復活の気配のニルヴァーナ。マルカシェンクは三番手にします。もう一頭の人気馬デラデラさんは切ります。流石に56.5は重かろう・・・・・・。

◇東でも

注目レースがありますね。というわけで白富士Sも簡単に。トーホウアランが復帰し、他にもサンツェッペリンやフィフティワナー(つかなんで芝使ってんだ)などが出てきますが・・・・・・

◎ゴールドアグリ
○メテオバースト

でどうでしょう?流石にトーホウ、フィフティは厳しそう。サンツェッペリンも完全にリズムが狂ってしまってますし、それならこの二頭かなと。まぁ復活劇があると面白いかな、とは思いますが・・・・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京は中止ですが、簡易版で復活です。

なんともグダグダな復活になってしまいましたが・・・・・・。

とにかく京都メインの京都牝馬S予想です。

◎アドマイヤキッス
○ブルーメンブラッド
▲コスモマーベラス

あいかわらずの本命党ですが、こんなもんではないのかなぁ。ローブデコルテはちょっと背負いすぎな気がしますし、カタマチボタンも前走復活の気配とはいえ相手が強化されてますから・・・・・・。

というわけでG2までなら最有力のアドマイヤキッスにスズカフェニックスに迫ったブルーメンブラッド、それにここ2走で好走しているコスモマーベラスでいいんではないかと。オッズ的にはそこまでおいしくはないですが、復活初戦だしリハビリがてら、ということで。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »