« 因縁は次代へ持ち越し?・・・・・・ポルトフィーノ回避 | トップページ | 決め手はギャロップの・・・・・・桜花賞予想 »

ゴスホークケン?いいえ、ダンディです・・・・・・NZT、阪神牝馬S予想!

ようやっと院のレポートが終わったー。というわけで取り急ぎ予想を。

◇NZT

◎アサクサダンディ
○ゴスホークケン
▲サトノプログレス
△レオマイスター
×エイシンフォワード

なんか予想投票所で前の人の予想と大被りしてる・・・・・・。まねしたわけじゃないよ!

朝日杯でのゴスホークケンは強かった、強かったけれども強力な先行馬が揃った今回のレースで果たして最後まで残せるか、というところにやや疑問。それならスプリングSで上位と互角のレースを繰り広げたアサクサダンディでいいんじゃないでしょうか。惜しくも皐月賞の切符は逃したものの、出ていれば十分勝負できたはず。ならばNZTで勝負にならないわけがない!1600もこの馬には問題ない距離ですし、迷わず本命に推します。

ゴスホークケンは対抗に。やっぱり朝日杯は強かったので・・・・・・。ウチパクもそろそろこの辺で人気馬で重賞を勝っておかないとまずかろう。

三番手はアサクサダンディと同じく若竹賞組のサトノプログレス。若竹賞のレベルの高さはアサクサ、スマイルジャック、そしてショウナンアルバが示している通り。上位は十分狙えます。ノリさん今回は3ゲトでお願いします。

あとは超ハイペースになった前走を度外視してレオマイスター。マイルならやれるんじゃないかしらん?エイシンフォワードも一応チェック。ダンツキッスイ、ダノンゴーゴーはすぱっと切ってみます。ダンツは展開が苦しいし、ダノンは1200のときほど切れないでしょう、中山だし。

◇阪神牝馬S

◎ジョリーダンス
○ローブデコルテ
▲キストゥヘブン
△エイジアンウインズ
×ブルーメンブラッド

ジョリーダンスは去年の秋はもっと好走できるはずだと思っていたんですが、スワンC、マイルCSと失意のレース。しかしその後阪神カップで蘇り、前走も前が壁になりつつも6着には突っ込んでみせました。牝馬相手、直線長い阪神、そして岩田となればここは重賞制覇のチャンスでは・・・・・・・。

対抗はローブデコルテ。ジョリーダンスと悩みましたが正直でこちらを二番手に。前走3着は力通りと評価していいと思います。オークス馬ではありますが、やっぱりコジーン産駒というところが強く出てきたのか距離短縮へ路線変更。思えばオークスのときは短距離馬だと思って悔しい思いを・・・・・・。ならば今度こそ1400で勝ってみせい!

キストゥヘブンは三番手。桜花賞の週だし復活があるかも、と思いつつ普通にマイル戦では好走が目立ちますしね。掲示板は確保間違い無しか。ただ先週G1を取った幸が今週も連勝はちと苦しいか・・・・・・。

あとは上がり馬エイジアンウインズと後藤がわざわざ出張してきたブルーメンブラッド。ただごっちゃんは阪神合わないイメージが・・・・・・・。

◇そして・・・・・・。

Like A Stoneも3万ヒットを超えたのでそろそろ色々やっていかんとな、ということで先週のおうまのアイコン様での予想大会への参加に続き、

キルトクール㈱様への入社希望を出してみました。

いわずと知れた競馬ブログ界の一大勢力(?)に自分なんぞが参加していいのかという気もしますが、まぁ

ご自由にどうぞって書いてあったし

申し込んでみました。いや、本当は結構真剣に考えた結果ですよw

思えば去年の春~秋はいわゆるキルトクールの神が降臨していたので、そのときにとも思っていたのですが、実生活の忙しさにかまけてここまでアクションを起こさないままでした。が、クラシックも始まることだし、春だし!思い切って入社希望を出してみたわけですよ

。実際にはこれから1月ほどの研修期間、となるようです。そのあと本採用、ってことかな?まぁ、そこで落とされてもネタにはなりますが、やっぱり落ちたくはないです><

というわけで、人事部長であるひろく~ん様、ご検討よろしくお願いしますー。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 因縁は次代へ持ち越し?・・・・・・ポルトフィーノ回避 | トップページ | 決め手はギャロップの・・・・・・桜花賞予想 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/20182513

この記事へのトラックバック一覧です: ゴスホークケン?いいえ、ダンディです・・・・・・NZT、阪神牝馬S予想!:

« 因縁は次代へ持ち越し?・・・・・・ポルトフィーノ回避 | トップページ | 決め手はギャロップの・・・・・・桜花賞予想 »