« 【動画で回顧】蝶のように舞い、蜂のように刺す・・・・・・京王杯スプリングC | トップページ | 【動画で回顧】3年連続連対ならず・・・・・シンガポール空港国際C »

【動画で回顧】酔いをも醒ます、アジアの風・・・・・・ヴィクトリアM

悔しいからあんまり思い出したくないんですが、こういうときこそ回顧する意味があるので頑張ってやります。くっそー。

1着  エイジアンウインズ (/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ
2着△ウオッカ
3着  ブルーメンブラッド
4着  ヤマニンメルベイユ
5着○ニシノマナムスメ

◎ベッラレイアは8着、▲ジョリーダンスは7着、×トウカイオスカーは9着でした。そんなところで並ぶな・・・・・・。

通過ラップ
12.4 - 11.3 - 12.0 - 12.2 - 12.1 - 11.2 - 11.0 - 11.5

去年
12.3 - 10.8 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.2 - 11.2 - 11.9

間に12秒台が3回も入るゆったりとした流れ。ちなみにやや重で行われた第一回ですら12秒台は2回だったので、遅く流れたといってもいいかと。そうなると短距離組にはプラスになるし、中距離組には苦しくなると・・・・・・。

それを抜きにしてもエイジアンウインズは強かったです。この馬決して楽な競馬をしているわけではなく、直線では前にマナムスメとレインダンスの壁が出来てます。そこを仕掛けのタイミングをワンテンポ遅らせている(男藤田のファインプレイですね、ここは)とはいえ、突き抜けてくるのだから相当なもの。東京以外、例えば京都とかなら1600mも十分持ちそうで、秋のマイルCS辺りは面白そうです。

ウオッカはメンバー中最速の上がりだし、現状ではよく走ってるとしか。豊がややゆっくりと構えすぎたという気はしますが、数字を見る限り前が止まらなかったというほうが正しそうです。エイジアンウインズは33.4で上がってますからねぇ。もう少しペースが流れてくれれば、というのはあったでしょうがそれが競馬としか言いようがないです。つか次走はどうすんのよ。

ブルーメンブラッドも1400まででしか勝ち星のなかった馬ですが、内をついて突っ込んできました。最近ごっちゃんは重賞でこういう上手いところを見せることが多くなってきましたね。余裕が出てきたのかな。エイジアンウインズに交わされた後も粘り強く走ってウオッカとは大接戦のゴール前。去年の8着から成長した姿を見せてくれました。

ヤマニンメルベイユは前三頭には敵わなかったものの、マナムスメは見事に封じ込んで見せました。中山牝馬Sの勝利は伊達じゃなかったということでしょう。福島牝馬Sのときもそうでしたが、交わされてもしぶとく粘れる馬なんですよね。そう考えるともう少しペースが早い方がよかったのかも、という気はします。

ニシノマナムスメは5着まで。この馬も上位の切れ味に屈したという感じ。本質的には1600~1800の馬でしょうから、こちらももう少し早く流れてくれればというところでしょうか。エリ女はちょっと長そうだしなぁ。

ベッラレイアも同様ですね。本当に中距離馬に向いた流れにはならなかったなぁ。直線向いたときは来た、と思ったんですけどね。あそこから伸び切れなかったのは休み明けの部分もあるんでしょうが。まぁそれも覚悟しての本命だったので、それはそれで良しです。また、秋頑張ろう。

ジョリーダンスは直線で不利。お願いですからまともに競馬をさせてあげてください。まぁ不利がなくても届かなかったかなぁ。去年の出来なら不利を受ける前に突き抜けていたと思います。・・・・・・ただ、それでも安田で狙ってしまいそうで怖いorz

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 【動画で回顧】蝶のように舞い、蜂のように刺す・・・・・・京王杯スプリングC | トップページ | 【動画で回顧】3年連続連対ならず・・・・・シンガポール空港国際C »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/21022059

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】酔いをも醒ます、アジアの風・・・・・・ヴィクトリアM:

« 【動画で回顧】蝶のように舞い、蜂のように刺す・・・・・・京王杯スプリングC | トップページ | 【動画で回顧】3年連続連対ならず・・・・・シンガポール空港国際C »