« 雨上がりに咲く花は・・・・・・優駿牝馬 | トップページ | 【動画で回顧】それでも彼女を女王と呼ぼう・・・・・・優駿牝馬 »

ひなげしが咲くには咲いたが

ちょっと後味が悪い結果でしたかね。勝ち馬の妨害っぷりが凄かっただけに。

ただ他馬への影響は微妙かなぁ。ハートオブクィーンは既に脚がなかったしソーマジックも手ごたえは微妙(ただ前をカットされなければ着順が一つくらいは上がっていたかもしれないけれど)レジネッタは少し可哀想ではありましたが、なくてもエフティマイアには届かなかったろうし。それにG1ということも加味してのギリギリセーフということなのかなぁと(やや苦しい気はしますが)。人によっては社台の力という意見もありましょうが、それについては「まぁそうね」とだけ。

てな訳で、動画で回顧のほうはパトロールビデオも待って、ということになると思います。上記以外のことで感想を言えば、なんだかんだで桜花賞だよなぁということを再認識できたのはよかったのかなと。それにしてもフジキセキは素晴らしいなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 雨上がりに咲く花は・・・・・・優駿牝馬 | トップページ | 【動画で回顧】それでも彼女を女王と呼ぼう・・・・・・優駿牝馬 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/21165365

この記事へのトラックバック一覧です: ひなげしが咲くには咲いたが:

« 雨上がりに咲く花は・・・・・・優駿牝馬 | トップページ | 【動画で回顧】それでも彼女を女王と呼ぼう・・・・・・優駿牝馬 »