« 【動画で回顧】欧州競馬をどどーんと~三歳編~ | トップページ | はるばるきたぜ函館スプリントとRadio日経予想です »

【動画で回顧】決死の逃走は実ったが…宝塚記念

あやうく忘れるところでした。というかギリギリ木曜日以内に間に合った感じ。だめだこりゃ。

パトロールV

通過タイム
12.5 - 11.1 - 11.9 - 12.7 - 12.4 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.2 - 12.2 - 12.9

馬場を考えると中々にタフなレース。重馬場が苦手な馬には非常にキツイレースでアルナスライン、アドマイヤオーラは結局レースにならずといった感じ(オーラはレース後に骨折が判明)。終始後方にいた馬もサクラを除いては勝負になりませんでした。

エイシンデピュティは予想通りの逃げ。正直ウチパクが出遅れないかどうかちょっとだけ心配してたんですがねw 馬場が重くなっても苦にはしない馬で、この展開に持ち込んだ時点で今期の充実振りから馬券の圏内であることは確定的。最後は迫る2頭をなんとか凌いでグランプリの栄冠を手にしました。秋は鞍上ウチパクのまま天皇賞から香港Cというローテションを予定しているとのことで、去年のリベンジ、そして海外へということになりそうです。

惜しかったのはメイショウサムソンとインティライミ。インティライミは先行する競馬。道中もいい感じで進み、いざ直線追い出そうとしたところでアサクサキングスに寄られて後退してしまいました(哲三騎手はムチも落としたとかなんとか)。その後必死に追うもわずかに及ばず3着まで。ここ最近の不振から見事に立て直し、重馬場も見方につけての最大のチャンスだったわけで、陣営は本当に悔しいでしょうね。

サムソンは道中は中団、3、4コーナーで先団に取り付くという競馬。しかしこちらも直線入り口でアサクサに寄られ(ただしこれはそこまで厳しい不利ではない?)、ラスト150m、エンジン全開になったところでもう一度アサクサにぶつけられと散々。特に二回目の不利は派手さ(?)はないものの痛い不利だったのではないのかなぁと(武豊日記によると、3.4コーナーでアサクサに外に張られたのもきつかったとのこと)。豊は前半期の重賞は散々でしたが、こういう不利を受ける場面も多かったですね。レース後四位騎手に対して「あの乗り方をするなら勝てよ、他人を勝たすような事をするな」と説教したとか。まぁフラストレーションは溜まってるだろうなぁ。
サムソンは今回の敗戦で凱旋門賞遠征が怪しくなってきているような感じも受けますが、個人的には行ったらいいと思いますよ。アドマイヤジュピタの遠征も決定したことだし、国内で負けたら参戦してはいけない、という決まりもありませんしね。

サクラメガワンダーは直線にかける競馬。ただ大外を回した分上位3頭からはやや離される結果に。これに関しては祐一も失敗と思っているようで、我慢して内をついていたらこの馬も最後の争いに加わっていたのかもしれませんね。それにしてもスペ・グラは重馬場が上手い・・・・・・。

アサクサキングスは直線迷惑をかけまくった揚句自身も5着どまり。アサクサは菊花賞のときも直線入り口でフラフラしていましたが、今回も苦手な重馬場が響いたか右に左にフラフラ。あの癖は今後もこの馬のネックになりそうです。着順的には馬場を考えれば5着は頑張ったほうではありますが、あのレース振りではねぇ。

他の4歳勢も散々な結果。アルナスラインは馬場と見ていいでしょうがちょっと負けすぎの感も。とりあえず重賞を取るところから、でしょうか。能力はあると思うので秋にはなんとか立て直してもらいたいです。残りの2頭、ロック様とオーラは共に故障発生。ロックは怪我の程度が心配されましたが、現状では左後繋靭帯断裂という情報のみ。とりあえず最悪の事態は免れたようですが、能失まで至っているかはまだ不透明で、復帰できるとしても相当先の話になりそうです。オーラは骨折が判明。これが2回目で、タキオン産駒はやっぱり脚元がネックということですかね。こちらは3ヶ月くらいの戦線離脱ということでそこまで重い怪我ではないようです。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 【動画で回顧】欧州競馬をどどーんと~三歳編~ | トップページ | はるばるきたぜ函館スプリントとRadio日経予想です »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/22054665

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】決死の逃走は実ったが…宝塚記念:

» 凱旋門付近の口コミ情報 [海外旅行ガイド]
フランス凱旋門付近の口コミ情報を探しました。 なるほど、日本でも有名な●●ブランドはここに。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 01時26分

« 【動画で回顧】欧州競馬をどどーんと~三歳編~ | トップページ | はるばるきたぜ函館スプリントとRadio日経予想です »