« 【動画で回顧】欧州競馬をどどーんと~短距離編その1~ | トップページ | 【動画で回顧】復活のLittle Fly High…小倉記念 »

動画で回顧の予定でしたが

トールポピーの弟が衝撃デビュー
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080731-00000006-kiba-horse

なんでこんな血統が道営で走っているのかと思ったら足下に不安があったのね。父キンカメは今のところなかなかの勝ち上がり率な気が。産駒数が多いっていうのもあるでしょうけどね。

◇ロックオブジブラルタル以上?

というわけでマイル編です。といいたいところですが、つべ上の動画が一斉削除の憂き目にあっていますねー。Queen Anne だけは見つけましたがその他は動画がないので簡単に結果だけ。タイトルに偽りありでスイマセン。おそらく過去の動画にも影響が出ていると思われます。残念ですが、こればっかりはしゃーないですね。

Queen Anne Stakes / Haradasan

まずはロイヤルアスコット開催のクィーンアンSから。勝ったのはオーストラリア産のHaradasan。2着は去年の仏1000ギニー、ムーランドロンシャン賞の勝ち馬Darjina、3着は去年の英愛1000ギニー馬Finsceal Beo、5着は後のエクリプス賞勝ち馬Mount Nelsonでした。
Haradasanはこれで引退、種牡馬入り。北半球へのシャトルも決まっているとのことですが、日本には・・・・・・こないかな。Darjinaは3戦連続2着。次走はロートシルト賞でNatagoraと対戦予定ですが、ここで連敗脱出となるかどうか。

Coronation CupはLush LashesがG1初制覇。3・1/4馬身差の圧勝でした。英1000ギニー4着のInfallibleが2着、英1000ギニー2着のSpaciousが4着。

その結果を受けて行われたFalmouth SではコロネーションS7着のNahoodhが勝利。Infallibleは連続の2着。Nahoodh はこのあとロートシルト賞に駒を進めますが、3歳勢ではNatagoraが一歩抜けている印象です。

そしてつい先日行われたSussex SではHenrythenavigatorが僅差ながらも勝利で4連勝。2着はセントジェームスSに続きRaven's Pass。最後は大分詰め寄られた感じで、余裕があったとは言い辛いかなぁ。ただ抜け出すときの脚は流石だし、最後も押さえきっているのだから十分でしょう。オブライエン師はジャイアンツコーヅウェイやロックオブジブラルタル以上だ、といっているという話も聞きますが、まぁ話半分に聞いておくことにします。リップサービースの部分が大きそう。
この後はマイル路線を突っ走るのか距離延長にいくのか。ただ10F以上には公爵がいますし、このままマイル路線で行くんですかねー。


なんというか、動画がないと辛いなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 【動画で回顧】欧州競馬をどどーんと~短距離編その1~ | トップページ | 【動画で回顧】復活のLittle Fly High…小倉記念 »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/22702168

この記事へのトラックバック一覧です: 動画で回顧の予定でしたが:

« 【動画で回顧】欧州競馬をどどーんと~短距離編その1~ | トップページ | 【動画で回顧】復活のLittle Fly High…小倉記念 »