« フジヤマケンザンの馬主逮捕とな | トップページ | 【単勝一点一騎駆け】秋競馬スタート…エルムS&紫苑S »

【動画で回顧】九州ブランドの前にジャパン敗退……東西2歳S

週末は胃痛でダウン・・・・・・。気力を振り絞って予想大会に投票はしたものの、ブログを更新するまでには至らずでした。せっかくセイウンワンダー来たのになぁ(一番人気ですけど)。てなわけでせめて回顧だけでも。もう週末ですが、とりあえずいってみよう。

◇特集しなかったG誌(笑)

新潟2歳S / セイウンワンダー

おそらくは先週の段階で出否未定だったのかと思われますが、それにしてもねぇw

追い込むと思われていたカヴァリエがハナを切る展開。馬場が不良発表でしたし、5着に残っているんだから悪い判断ではなかったのかなと。バンガロールも先行。ガンズオブナバロンも3番手で追走する形。

そんな中セイウンワンダーは道中は後方2番手から。それでもって直線でも大外に持っていって差しきってしまうんだから力が違ったとしかいいようがありませんかね。荒れた馬場を苦にしない辺りは流石グラス産駒といったところ。上がりも一頭だけ34秒台で文句なし。順調に行けば朝日杯の最有力候補だと思います。ショウナンタキオンみたいにならないといいですけど。

2着のツクバホクトオーはコース取りの差もあるでしょうが立派な二着。というかステファニーチャン産駒なんですね。懐かしい名前です。人気どころではバンガロールが3着。こちらはこんなもんなのかなと。強いけど上位陣相手にはちょっと足りないというポジションになりそうです。

ガンズオブナバロンは誌上パドックを見たときに、よくこれでレコードが出せるもんだなぁと思ったくらいに未完成な馬体。それでも素質でなんとかなるかも、と思い一応△を打ったんですが馬場も響いてか全然ダメでしたね。ただ素質があるのは確かなのでここで見切るわけにはいかないかと。長い目で見てあげる必要がありそうです。

ダイワバーガンディも決して大きく負けたわけではありませんが…。まぁデビュー戦も鮮やかではあるもののタイムがアレだったのでこんなもんなのかなと。

◇豊…

ここまで来ると呪いか何かがあるんじゃないのかと

小倉2歳S / デグラーティア

嫁んとこが3連勝で初重賞。浜中騎手も地元で初重賞と初物づくし。というか皆コウセーコウセーいいますが、浜中騎手も大ブレイク中なんですよ・・・・・・。重賞がなかなか勝てず、というところでしたがここで取れたことは大きいと思います。それも人気馬での勝利ですしねー。デグラーティアはもう少し距離が伸びてもいいように見えました。1200も十分対応していますがちょっと忙しそうでしたし。それにしても今年は本当にフジキセキが凄いですねー。

2着のコウエイハートは九州産限定レースを2連勝するも、相手が相手ということであまり人気していませんでした。かくいう私もキルトクールorz
その2連勝の中身自体は先行抜け出しで危なげなくというものでしたし、レースセンスはあったということなんでしょうけども、まさかジャパンに先着するとは……。あとは小倉で使い続けてきた強みもありましたかね。

ツルマルジャパンは4コーナーで既に手ごたえが怪しく、直線も伸びきれずといった感じ。それでいながら3着に「残った」辺りは底力と評価すべきか周りが走らなかっただけなのか…。豊は「馬が固かった」といっていますが、肝心の重賞でそうなってしまう辺りが今年の豊を象徴しているといえなくもなく。それさえなければセントウルはスズカフェニックスで迷わないだけどなぁ。
あとは1600→1400→初の1200という使い方もあるでしょうね。阪神→新潟→小倉、という輸送も含めてローテに問題があったという見方も十分あると思います。まだ2歳馬ですし。

◇海外競馬もちょろっと。

愛チャンピオンは公爵様回避でNew Approachが順当勝ち。両馬ともこの後は凱旋門賞ということになりそうです。サムソンにとってはうれしくないニュースといえばニュースですかね。

そのサムソンはフォワ賞回避で凱旋門賞直行。なにやらヤホーの※欄では叩かれていましたが、フォワ賞使った馬もことごとく勝てないのが凱旋門賞なんですよねぇ。個人的には使わないよりはマシではあると思いますけども。

その凱旋門賞の前哨戦ともいえる三レース(フォワ賞、ニエユ賞、ヴェルメイユ賞)が今週行われます。なんといっても現在一番人気のZarkavaが出てくるヴェルメイユ賞(だからこその「前哨戦」)ですが、出走頭数も少なく普通に2桁いますやん。ただそれでも公開調教になりそうなことには変わりはない?
ニエユ賞では仏ダービー馬のVision d'Etatが一番人気2番人気。一番人気はパリ大賞典2着のProspect Wellsの模様。いやはやお恥ずかしい限り…。ともあれMontmartreがおそらく本番回避と思われますので、3歳牡馬からはこの2頭やNew Approachということになりますか。そういえば愛ダービー組は?
フォワ賞は前年度のパリ大賞典勝ち馬のZambezi Sunが一番人気ですが今年の戦績を見ると上位とは差がありそうです。

短距離路線ではHenrythenavigatorの連勝ストップ。
映像は埋め込み不可のためこちらで。
勝ったのはロートシルト賞の勝ち馬Goldikova。二着はDarjinaで ま た お 前 か という感じ。Henrythenavigatorは大外、馬場が合わずということもあり5着。そろそろ休ませてあげたいNatagoraはその後ろでした。
ヘンリー様は最終目標がBCクラシックという話でしたが今回の敗戦でどうなるか。まぁ理由ありの敗戦なのでそれほど響かないとも考えられますが…。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« フジヤマケンザンの馬主逮捕とな | トップページ | 【単勝一点一騎駆け】秋競馬スタート…エルムS&紫苑S »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/23676816

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】九州ブランドの前にジャパン敗退……東西2歳S:

» 【ツクバホクトオー】についてブログの検索結果をまとめると… [最新キーワードチェック!]
ツクバホクトオー についてブログの検索結果をまとめると… [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 18時07分

« フジヤマケンザンの馬主逮捕とな | トップページ | 【単勝一点一騎駆け】秋競馬スタート…エルムS&紫苑S »