« >上位とは力の差がありそうです。 | トップページ | 【単勝一点一騎駆け】中山に神登場、一方阪神の二冠馬は?…オールカマーなど予想 »

【動画で回顧】春の勢力図は変化したのか?……牡牝トライアル

大きな変化なし、と見ます。元々この世代は上位がダンゴ状態なんじゃないですかね?

◇淀の3000にどこまでつながるか

セントライト記念 / ダイワワイルドボア


第一コーナーで大クラッシュ。1枠一番のリノーンリーズンが故障を発生し、フジヤマラムセスがまきこまれ落馬。他にもダイバーシティなど数頭が不利を受けました。リノーンリーズンは急性心不全でそのまま死亡。こういう事故は競馬においては決して避けることが出来るものではありませんが、やっぱり実際に起こってしまうとつらいものです。今はただリノーンリーズンの冥福を祈ります。

通過タイム
12.6 - 11.5 - 11.9 - 12.3 - 12.9 - 12.6 - 12.5 - 12.6 - 11.8 - 11.8 - 12.1

レースのほうはネオスピリッツが引っ張る展開で、有力馬はほとんどが先団。タケミカヅチ、ダイバーシティ、フサイチアソート辺りは中団より後方。3コーナーでマイネルチャールズが動いてノットアローン、ダイワワイルドボアもそれを追って進出開始。この動きでレースが一気にタフになった感があります。◎クリスタルウイングはこの時点でアラアラでズルズル下がっていくばかり。直線ではチャールズとノットアローンの叩き合いになりますが、最後はダイワワイルドボアがまとめて交わしさって重賞初制覇。2番手は叩きあいを制したマイネルチャールズ。3着がノットアローンでここまでが優先出走権。4番手には不利を受けつつもダイバーシティが入りました。キングスエンブレム7着、タケミカヅチ9着、キングオブカルト10着、クリスタルウイングは14着と惨敗でした。

ダイワワイルドボアはここ2戦は古馬に混じって好走していた馬。春のトライアルはどちらも後方からの競馬を強いられ結果が出せませんでしたが、今回は中団から早めに競馬を進め見事重賞制覇となりました。3コーナーで仕掛けたところでは前二頭にやや置いていかれましたが、坂下でエンジンがかかってからは見事な伸び。ただ淀の3000ではどうでしょう・・・・・という気もなくはないです。

マイネルチャールズは春のクラシックとはうって変わって積極的なレース。最後は交わされたもののノットアローンを押さえきったのだから評価できると思います。やっぱり中山が得意なのか・・・・・・?こちらも3000mをこなせるかどうかが本番でのポイントにはなりそう。

ノットアローンはややESP気味のスタートではありましたが、なんとか先団の位置をキープ。皐月賞、白百合Sと結果が出ていませんでしたが、ラジオNIKKEI賞辺りから持ち直した感じです。

4着のダイバーシティは不利がなければ、という結果ではありました。前走も良馬馬とはいえ大雨の中でしたし、一度ちゃんとした条件で上位馬との力関係をみたいところです。当然今後も注目すべき馬ですね。

あとはキングスエンブレムは休み明けを考慮すればあんなもんだろうし、タケミカヅチを不利を受けているのだから…といったところでしょうか。両頭とも距離に限界がある馬ですし、少なくとも菊では買いづらいかと思います。超スローの直線ヨーイドンならともかく。

クリスタルウイングは太め残りだったのか、体調に問題があるのか…。期待していただけに少々ガッカリ。あの負け方では本番での巻き返しも厳しそうです。馬体だけではG1はとれないってことでしょうかねー。

◇女王2頭を粉砕

ローズS / マイネレーツェル

なんつーか東西メインの本命がどっちも直線でズルズルいく姿を見るっていうのはなんともあれですよね。

通過タイム
12.3 - 10.7 - 11.4 - 12.5 - 12.1 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 12.3

エアパスカルが引っ張りその後にダイワスピリッツやブラックエンブレムがつく形。女王2騎は中団。馬場を考えればこちらも中々にタフなペースですよ。ただそれ以上に内外の差があったように思えます。というかエアパスカルはよく頑張ったなー。

桜の女王レジネッタは勝ち馬やムードインディゴに見られる展開ではあったし、苦しい競馬ではあったかなと思います。小牧騎手もギリギリまで我慢しての追い出しだったんですが……。ただ大きく負けたわけではないし、道中の展開も考慮すれば十分強さを見せられたと思います。秋華賞はやはりこの馬中心でしょうね。

樫の女王トールポピーは内から伸びあぐねて6着。ただ休み明け、内外の差を考えればトライアルとしては上々の結果ではないでしょうか?本番で評価が下がるようならおいしいと思います。

さて勝ち馬のマイネレーツェルはオークスで豊がいった「不利がなければ勝ち負けだった」の言葉を証明する勝利だったと思います。というかオークスでは大きな不利があり、桜花賞でも上位とはほとんど差がなかったんだから、本当はもっと人気していいはずだったと思うんですが……。こちらも春から引き続き世代の上位にいることは間違いないですし、本番では当然主役の1頭でしょう。

ムードインディゴはナンテコッタイドンガバチョ(/´△`\)、なんですよねぇ…。体重が戻って大正解、ということでしょうか。後方でじっくり待機した祐一の判断もよかったですよね。それにしてもここまで走るとは…。本番で一番悩まされそうな馬ですかね。忘れな草賞勝ち馬が忘れたころにやってきた、なんて全然上手ないわ!

あと本番で怖そうなのは4着のオディール。トールポピーもそうですがこちらも内側、この辺りは展開一つで大きく変わってきそうですね。ブラックエンブレムは関東じゃないと買えないようです。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« >上位とは力の差がありそうです。 | トップページ | 【単勝一点一騎駆け】中山に神登場、一方阪神の二冠馬は?…オールカマーなど予想 »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/23945742

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】春の勢力図は変化したのか?……牡牝トライアル:

« >上位とは力の差がありそうです。 | トップページ | 【単勝一点一騎駆け】中山に神登場、一方阪神の二冠馬は?…オールカマーなど予想 »