« 10年ぶりの無敗制覇へ……Prix de l'Arc de Triomphe!(1) | トップページ | サムソン、2年越しの夢……Prix de l'Arc de Triomphe!(3) »

欧州最強軍団、凱旋門連覇なるか……Prix de l'Arc de Triomphe!(2)

中身とは関係ないですが、カジノドライブにはエスピノーザ騎手が騎乗するようですよ。てなわけで今日はオブライエン厩舎の2騎です。

◇欧州完全制覇へ最終段階

Juddmonte International Stakes / Duke of Marmalade

どうでもいいけどNew Approachはよくこれで3着に来たと思いますよ……。

さて、誰がなんと言おうと今年の欧州古馬戦線を引っ張ってきたのは公爵様であることは間違いありません。確かにZarkava辺りと比べると決して圧倒的なパフォーマンスでここまで来たわけではありません(Prince of Wales's Stakesは派手でしたが)。それでもこの馬には決して負けない強さがあることは事実です。日本で無理やり例えるならば、個人的な印象はオペラオー辺りと被りますね。キングジョージで12Fも克服していますし、ロンシャン自体の経験もあります。確かにここ最近古馬勢が苦戦しているというデータはありますが、それでも今年の凱旋門賞において、この馬がZarkavaと並んでの2強であることは間違いないと思います。

◇愛ダービー馬の誇りにかけて

Prix de l'Arc de Triomphe('07) / Soldier of Fortune(5th)

夏の一斉削除のおかげでYou tube上に動画がないので仕方なく去年の凱旋門賞で誤魔化してみる。もちろん勝ち馬はDyran Thomasです。

去年は愛ダービーを9馬身差で圧勝し、秋初戦のニエル賞も制したものの、本番では追い込み届かず5着に敗れたSoldier of Fortune。今年の復帰戦だったコロネーションCで凱旋門賞2着のYoumzainを破ったものの、続くサンクルー大賞ではそのYoumzainの後塵を拝していました。そしてそのままステップレースを使わずに凱旋門賞ということになったわけですが、人気では3番手と高い評価を受けています。元々公爵様が凱旋門賞を回避して、オブライエン厩舎としてはこの馬で凱旋門賞を獲りに行くという見方もあったようですし、去年の愛ダービーでのパフォーマンスもあってこの馬の評判は相当高いようです。問題はぶっつけで凱旋門賞を制覇したのは「神の子」ラムタラ以降出ていないということ。それ以外にもぶっつけで凱旋門賞を制覇した馬はシーバード、ミルリーフ、レインボークエスト(繰上げ1着)と歴史に残るような名馬ばかりです。もちろん競馬に絶対はありませんが、Soldier of Fortuneにとって厳しいデータであることには間違いないと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 10年ぶりの無敗制覇へ……Prix de l'Arc de Triomphe!(1) | トップページ | サムソン、2年越しの夢……Prix de l'Arc de Triomphe!(3) »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/24156622

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州最強軍団、凱旋門連覇なるか……Prix de l'Arc de Triomphe!(2):

« 10年ぶりの無敗制覇へ……Prix de l'Arc de Triomphe!(1) | トップページ | サムソン、2年越しの夢……Prix de l'Arc de Triomphe!(3) »