« 菊に背を向けダービー馬は秋の盾へ | トップページ | もう豊が可哀想になってきた。 »

【動画で回顧】電撃戦も最強世代…スプリンターズS

現4歳牝馬は層が厚すぎる。

スプリンターズS / スリープレスナイト

夜は凱旋門賞なんだから、その日の夜は眠れないってことでしたか。

通過タイム
11.9 - 10.4 - 11.3 - 11.4 - 11.5 - 11.5

'06
12.0 - 10.1 - 10.7 - 11.6 - 11.5 - 12.2

去年は不良馬場だったので'06を持ってきてみる。勝ちタイム自体は今回のほうが上ですが、道中は今回のほうが楽だったという感じ。結果として先行勢に有利な展開となりました。

スリーレスナイトは絶好のスタート。この時点で上村騎手としてはやるべきことの8割は終わったという感じでしょうか。後は仕掛けどころを考えるだけという感じで外目の不利を受けにくいポジションをキープします。直線入り口でキンシャサが早めに仕掛けにきますが、それをあっという間に置き去りにして後は独壇場。凱旋門賞のZarkavaも強かったですが、こちらも同じくらいの完勝劇でした。上村騎手は初のG1制覇。よくサイレンススズカと共に語られる騎手ですが、これからは上村といえばスリープレスということになりそうですね。前の記事で取り上げたようにこの後は香港とドバイを目標にするということ。繰り返しますが是非鞍上は上村騎手でお願いします。

キンシャサは完全に力負け。坂の影響があったのかなぁとも。何とかビービーガルダンは押さえ込みましたが完敗の内容でした。ただ1200への距離短縮は大成功であることは間違いないですし、来年の高松宮では逆転の要素も十分あると思います。というか1200でも引っかかる馬ですからねぇ。

ビービーガルダンは最後はキンシャサに交わされましたが現時点では十分といえる内容。こちらも1200では安定した成績を収めていますし、来年以降の主役候補ですね。とりあえず近いうちに重賞勝っておきましょ。

スズカフェニックスは4着。展開次第では十分勝機もありましたかね…。キルトクールしてる身としては冷や汗ものでした。ただスタート直後の出足の悪さはやっぱり気になります。年齢なのかなぁ。とはいえマイルCSならまだ十分狙えるだけの力を持っていると思います。オッズが下がるようならねらい目。

カノヤザクラは出負けした時点で終了。最後はメンバー中2番目の上がりを使っているんですがねぇ。大外回らされてはどうにもならず。実力負けじゃないだけに不完全燃焼な内容でした。

ファイングレインは春の勢いに未だあらず、ということでしょうか。もちろんこの2戦だけで見捨てるわけにはいきませんが、ちょっと不甲斐ないですかね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 菊に背を向けダービー馬は秋の盾へ | トップページ | もう豊が可哀想になってきた。 »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/24393425

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】電撃戦も最強世代…スプリンターズS:

» 【建設/UAE】世界最高1kmの超高層タワー計画発表 ドバイ[08/10/06] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1223260265/ [続きを読む]

受信: 2008年10月10日 (金) 19時03分

« 菊に背を向けダービー馬は秋の盾へ | トップページ | もう豊が可哀想になってきた。 »