« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

東京競馬場の三帝会戦…JC展望

書こうと思った矢先に岩田が落ちた……。


◇史上初

のダービー馬三頭の激突となる今年のジャパンカップ。メンバーを見る限り、この3頭に菊花賞馬2頭+中山専用機昨年のグランプリホースがどう挑むか、という感じではありそうです。

一番良い枠を引いたのは今年のダービー馬ディープスカイでしょうか。天皇賞では内枠を引いたために前に出ざるを得ませんでしたが、今回は真ん中の9番枠。ある程度自由な選択が出来るのではないでしょうか。気になるのは前走の疲れがどうか、ということですが、これについては他の有力馬もほぼ同じ条件ですからね。

これに対して前走ディープスカイを退けたウオッカの4番枠も悪くはない……のですが、落ちた岩田が乗れるのかどうか。岩田が乗ると仮定して話を進めれば、距離に一抹の不安を抱えるこの馬にとっての理想は去年のアドマイヤムーンのようなロスのない競馬をすることでしょうから、その意味では岩田を按上に迎えられたのは良かったのかなと(乗れればですが)。枠も去年のムーンと一緒ですし、おそらく岩田騎手もそういうイメージでいたのではないのかなぁと思うのですが、まさか落馬とは。どうにも角井厩舎は秋天で今年の運を使いきってしまっているような感じがしてならないなぁ…。能力的にはメンバー中最上位であることは間違いないので、あとはレースを支配できるかどうか。

そして帰ってきた石橋サムソン。なんかもうこれだけで本命にしてあげたい気分ですが、日本の競馬は海外遠征帰りの馬には非常に厳しい……。調べてないのでアレですが、タイキシャトルやディープインパクトのようなモンスターを除けば、海外帰りの馬がその後すぐ好走する例ってほとんどないんじゃないでしょうか(トゥザヴィクトリーやヴァーは長期休養を挟んでいるので例外扱いしていいかと)。また、この馬は冬は何故か走らないという馬で、この寒さが厳しくなってきた時期に果たしてどこまでできるのか、という点でも疑問があります。そう考えてみると、やっぱりここでは割り引かざるを得ないのではないでしょうか。いや、勝たせてあげたいんですけどね…。

さて、この「三帝」に挑むのは二頭の菊花賞馬であるオウケンブルースリとアサクサキングス。オウケンについては、多くの人が三頭に割ってはいると見ているようで、現在三番人気に推されています。まぁ菊花賞は強い競馬でしたからね。ただ淀の3000は秋天と同じくらいの疲労度があると思われること、菊のメンバーが正直微妙であったことを考えると、そう簡単にいくのかな、という感じはします。加えて最内枠というのがどうでるのか、というところもあって、少なくともウオッカ、ディープスカイより上に評価することは出来ないのかなぁと考えます。

アサクサキングスが何気に6番人気で、これはルメール人気なのかなぁと思ったりもしますが、真面目な話、アサクサはようやくベストパートナーに出会えたんじゃないのか、と思っております。先日のエリ女を見ても、やっぱり先行馬に乗せたらルメールは超一流。切れる脚がなく、何とか先行して粘りきりたいアサクサにとっては最高の鞍上ではないでしょうか。2400という距離延長も好材料。穴を開けるとしたらこの馬と見ています。

マツリダはやっぱり左回りに不安があります。ここではあっさり負けて、中山で最強伝説、という流れじゃないのかなぁと。

他の日本馬ではアドマイヤモナークとトーホウアランが怖いところですが、京都大賞典組のその後を見るとなぁと感じで切ります。スクリーンヒーローも前走からメンバー強化に斤量+4kgでは。

最後に海外馬は全てキルトクールです。というかこのメンバーにあっさりやられるようなら日本馬は当分海外遠征なんてすべきじゃないですよね。唯一怖いと思っていたマーシュサイドも熱発取消ですし。

というわけで予想としては

◎ディープスカイ
○ウオッカ
▲オウケンブルースリ
△アサクサキングス
×メイショウサムソン
キルトクールはペイパルブル、というか海外馬

という感じでどうでしょ?

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

3年連続フサイチのその後は……東スポ杯予想

私生活がひと段落したので、久々に予想でも。

今年はフサイチ軍団からは出走無し。まぁ会長がヒルズから出て行っちゃうくらいですし…。

◎ブレイクランアウト
○ダノンカモン
▲スズカワグナー
△セイクリッドバレー
×バックハウス
注メイショウドンタク
キルトクールはピサノシンボル

いちょうS組から◎と○を。ブレイクランアウトは前走終わったと思ったところから4着に食い込んだのあの脚を評価します。スムーズにいったダノンカモンと差はないんじゃないですかね。豊の重賞での不調振りが相も変わらず気になりますが、ここは本命で。ダノンカモンは安定性がありそう。

もう1頭の2勝馬スズカワグナーは3番手に。前走のエンジンのかかり具合を見ると、東京コースは悪くないようにも思えますが…。

あとは前走大きな不利があったセイクリッドバレーにルメールのバックハウス。注で男藤田も抑えておこうかなと。マッハヴェロシティも気になりますが、先生だし、来たらあきらめます。

キルトクールはピサノシンボル。ペリエサーンは怖いけど、どうも強さを感じないんだよなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【動画で回顧】ルメール再生工場……エリザベス女王杯

豊には悪いけど、最後の直線で久しぶりに大笑いしてしまったレースでした。
てなわけで、鉄(ネタ)は早いうちに打て!

'08エリザベス女王杯 / ポルトフィーノリトルアマポーラ

予想大会に投票した戦前予想はこんな感じでした。

◎カワカミプリンセス
○エフティマイア
▲リトルアマポーラ
△ベッラレイア
×レインダンス

実況も「ポルトフィーノ!?」と言ってしまうほどのスタート直後の大波乱。あれだけ派手にコケてしまえば豊といえども落馬を免れず。京都、G1、スタート直後。うーん、どっかで見たことあるような……。騎手は両肩打撲とのことで来週は乗れるのかどうか。

コスモプラチナ、ビエンナーレが行くのは予定通り。そしてリトルアマポーラが先行するのもある程度予想されたことだったんではないでしょうか。それを見るようにカワカミとマイネレーツェル、ベッラレイアはその後ろ。あとは中団後方にレジネッタ。隊列はこれで大体確定。カワカミは終始リトルアマポーラを意識してのレースといった感じです。

そして直線ですが、ビエンナーレをリトルアマポーラが早々に捕らえて先頭。カワカミは仕掛けどころでリトルアマポーラにやや置かれますが、しぶとく伸びてきます。その外からはベッラレイアが追い込んできますがこれはやや勢いに欠ける感じ。あとは内からレインダンス、カワカミの後ろからマイネレーツェルが来ますがもはや圏外。そして大外から何故かポルトフィーノ。

結局そのままリトルアマポーラが古馬2強を寄せ付けず1着ゴールイン。……まぁポルトフィーノに交わされたせいで、強さが何故か際立たない映像ですが。カワカミ、というかノリさんは定位置確保で、ベッラレイアが3着。レジネッタは12着、エフティマイアは13着と共に惨敗。

リトルアマポーラは先行して一変。おそらくそれに期待しての4番人気、ということだったんだと思いますが、流石ルメール、見事に結果を出して見せました。同じ勝負服であるハーツクライ@有馬記念で見せてくれた、追い込み→先行の華麗なる脚質転換で見事古馬を完封。クラシックでは上手くいかないレースが続きましたが、ここに来てようやく結果が出たという感じです。元々マイネルチャールズ辺りといい勝負をしていた馬。能力を引き出せればこんなもの、ということでしょうか。最優秀3歳牝馬の座もこれで混沌としてきましたね。今日のレースを見る限り、強さはこの馬が一番という気になってしまいますが。

カワカミプリンセスは道中スムーズに運べたものの、仕掛けどころでリトルアマポーラに置かれてしまいました。その後も勝ち馬とは差を詰められず、完敗といった内容。やはり全盛期と比べると力が落ちてきているのかなぁ。3歳時の強さを知っているだけにどうしてもそう思ってしまいます。もちろん、今回もベッラレイア以下を完封しているし、現役屈指の実力の持ち主であることは間違いないんですが……。

ベッラレイアは3着まで。カワカミは交わせるかと一瞬思いましたが、最後はねじ伏せられてしまいました。こちらも道中はスムーズにいっており、現状ではこれが実力ということでしょう。トップロード産駒になんとかG1を勝たせてあげたいものですが、生まれてきた年がなぁという感じ。

あとの馬はちょっと離されてしまいました。マイネレーツェルは騎手がいうように現状ではよく走っているといえるでしょうし、レインダンスは幸四郎もう少し前から行けよ、という感じでしょう。レジネッタは体重を落としていたように、体調がピークを過ぎていたということだと思います。エフティマイアは季節なのかなぁ。

ポルトフィーノは、まぁなんというか、客として見てる分には楽しかったんですがねぇ…w
ただ実力の片鱗は見せることが出来たんではないでしょうか、なんていっても気休めにもならないですね。ここまでG1に縁がないというか、これだけの良血で今年の成績はもはやネタクラスです。とりあえず能力はある馬なんで、陣営は気落ちせずまた来年に向けて立て直してください、としかいいようがないです。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せっかくなのでオグリキャップの動画を集めてみました

だって明日見にいけないんだもん。・゚・(ノД`)・゚・。

てなわけで、せめて過去の勇姿だけでも見てやるんだもんね。

続きを読む "せっかくなのでオグリキャップの動画を集めてみました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐突ですが武蔵野Sの予想とか

何か眠れないので久々にー。

◎ユビキタス
○サンライズバッカス
▲アドマイヤスバル
△エスケーカントリー
×トーセンブライト
注ベルモントプロテア
キルトクールはタケミカヅチwith大先生

1600に戻ればユビキタス、という感じですが56kgがどう出るか。
酒神様はもはや外してはいけない馬です。
カネヒキリは今回は様子見。タケミカヅチ共々来たらしゃーないって感じでしょうかね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ナタゴラ来ないのか(´・ω・`)

マイルCS、ナタゴラら辞退
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20081107-00000002-kiba-horse

受諾はRahy's Attorneyのみ。この馬もWoodbine Mile SでKip DevilleやVentura XIも負かしているので十分強い馬だと思うのですが、やっぱり父ディヴァインライトだし来て欲しかったなぁという。

この間のwire様のコメントの通り、JCのほうもConduitくらいしかめぼしいところが…。日本から海外へ出て行くことは多くなりましたが、国内で行われる国際G1の顔ぶれは寂しくなるばかり、といった感じがします。検疫の問題とかがあるのはわかりますが、ちょっと残念。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリパス引退

2chより。おソースありです。
http://www.saison-tc.co.jp/general/horse/detail.php?code=4002

3歳終了時にはフジキセキ後継の最有力だと思っていたのが、結局余生は乗馬として過ごすことに。もちろんそれでも十分幸せなことではあるんですが、これだけの馬がなぁという感じ。特に骨折後は結果を出せず、それに加えて転厩騒ぎもあったりと順風満帆とはいかない競馬人生ではありました。せめてもう一花咲かせてあげたかったけれど…。

ともあれ4年間お疲れ様でした。JCで2着に突っ込んできたあの脚は忘れません。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【動画で回顧】至福の1.57.2…天皇賞(秋)

まずはとにかくあの名勝負をもう一度。

'08天皇賞(秋) / ウオッカ

パトロールビデオ

事前予想はこんな感じでした。

◎ダイワスカーレット
○ディープスカイ
▲エアシェイディ
△ウオッカ
×アサクサキングス
キルトクールはアドマイヤモナーク

ウオッカが△なのは欲が出たのと(笑)、外枠、豊の呪いを嫌ったからです。今考えてみれば外枠以外はどれも理由にならんですね。

ラップタイム
12.6 - 11.1 - 11.5 - 11.9 - 11.6 - 11.6 - 11.7 - 11.3 - 11.3 - 12.6

昨日の10Rで3歳のホッカイカンティが1.32.7なんていうタイムで走っている今週の東京の馬場を考慮したとしても、このペースは凄いです。最後は流石に止まっていますが、それだけ厳しい流れだったということでしょう。

ダイワスカーレットが好スタートでハナを切る展開。アンカツはやや手綱を引っ張る感じ。何気にウオッカのスタートもよく、早めに好位置をキープします。この辺の豊の動きは流石。ディープスカイは内枠を考慮して早めに出していきますが、その分引っかかったか。アサクサキングスは思ったより下げましたね。中団前目。エアシェイディはウオッカの後ろ。カンパニー、ドリームジャーニーは後方から。

直線向いて坂下で早くもディープスカイとウオッカが先頭を捉えにかかりますが、この時点でいわゆる3強は全部手綱を持ったまま。坂の途中で合わせ馬の形になったウオッカとディープスカイがダイワスカーレットを捉えて交わします。その後ろからはものすごい勢いのカンパニーと外エアシェイディ。そして坂上、一旦交わされたと思ったダイワスカーレットが脅威の二枚越し。再び先頭に立ちます。それをもう一度差し返すウオッカに食い下がるディープスカイ。この三頭にカンパニー、エアシェイディも加わっての大激戦となり、そのままゴール。1.2着、3,4着のどちらも写真判定となる大混戦でしたが、15分の審議の末最後は2cmのハナ差でウオッカが勝利。3着争いはかろうじてディープスカイが制して人気どおりのワンツースリーとなりました。

ウオッカはG1で3度目の対戦、得意の東京を舞台にようやくダイワスカーレットに先着。一瞬ヴィクトリアマイルの悪夢がちらつきましたが、今回はなんとかハナ差交わして先頭ゴール。豊も長いトンネルを抜けるG1勝利となりました。外枠スタートもすんなり好位につけ、直線も余裕を持っての追い出しとレース運びは申し分無し。それでいてこの大接戦なわけですからとにかく相手が強かったということでしょう。もちろんこの馬もそれを上回る結果を出したのだから大したものです。これで1600、2000、2400と東京G1を3勝。こんな牝馬にはもうしばらくは出会えないでしょうね。

ダイワスカーレットは7ヶ月ぶり、初の東京と他の2強よりも不安材料を抱えてのレースでしたが、そんな戦前の評価を吹き飛ばす檄走。道中はややかかり気味ではあるもののペースを握り、最後も脅威の二の足を見せての本当に惜しい2着。レースを見ていて、正直坂の途中で「ダメか」と思いましたが、そこからもう一度差し返した姿には本当に感動しました。最後もTVカメラの角度のせいか勝ったと思っていたんですが…。ただ本当に素晴らしいレースを見せてくれました。この馬もウオッカと並んで本当に歴史に残る牝馬です。

ディープスカイは向こう上面で折り合いを欠いたのが痛かったか。直線はウオッカと火の出るような叩き合いとなりましたが、結局はねじ伏せられてしまった感じ。とはいえ、今回のようなスタミナも要求されるハイレベルなレースで史上屈指の名牝2頭とこれだけの勝負を演じて見せたのだから立派なものでしょう。ダービー時点では何だかんだで1800~2000mがベストかなぁと思っていましたが、神戸新聞杯、そして今回の結果を見ると2400mも十分こなせるものと見ていいと思います(んなこととっくにわかってるわ!という突っ込みはご勘弁を)。次走はJCということになりそうですが、十分勝負になると思います。あとはもう少し外枠を引けるといいですかねw

カンパニーは最後の最後で空気を読んでの4着。このペースにもかかわらず3F33.5という驚異的な脚を繰り出したものの上位3頭にはほんの少しだけ及びませんでした。というか、これだけの馬が東京では0-0-1-8という成績なのはもはや競馬界のなんとか不思議ですよ、本当に。相手に恵まれないのよなぁ。11番人気というのも不思議ではありましたが。

エアシェイディも何故か8番人気でしたが、それの評価を覆す走りでした。前走はいかにも休み明けだしたし、得意の東京ということもあって流石の走りを見せてくれました。カンパニーと同じ7歳馬。この世代のクラシック馬はデルタブルースを除いてもう引退していますが、この2頭を初め息の長い馬も多くいますね(今回の秋天には5頭も出走!)。

グラスワンダー産駒の2頭が並んで突っ込んできたのも壮観ではありました(笑)ただどちらも世代最上位にはちょっとおよばないか。今回は上位が強すぎました。

アサクサキングス・ドリームジャーニーは4歳牡馬代表としてはやや不甲斐なかったか。ドリームジャーニーは2連勝も相手が…と思っていたのでアレですが、アサクサはもう少しやれても良かったんじゃないかと。藤岡兄にはもう少し積極的なレース運びをしてほしかったです。まぁどちらもレースレコード(タイ)で走ってるんですけどねー。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3強はいいけど

他の馬が人気落としすぎじゃないですか?エアシェイディといいカンパニーといいアドマイヤフジといい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »