« 【動画で回顧】'98世代の遺伝子…2歳G1 | トップページ | 【動画で回顧】この女、異次元につき…有馬記念 »

【動画で回顧】帰ってきた雷…JCD&東京大賞典

まさかまさかの大復活

'08JCD / カネヒキリ

'08東京大賞典 / カネヒキリ

武蔵野Sに出走が決まった段階では、誰もこの復活劇は予想していなかったんじゃないでしょうかねぇ。

JCDではヴァーミリアンが後方からの競馬を強いられる展開。米のティンカップチャリスが引っ張る展開で途中からはサクセスブロッケンがそれを交わして前にでます。3コーナー手前からヴァーミリアン、そしてそれに続いてメイショウトウコンが動く展開で、一気に流れが厳しくなりますが、カネヒキリはここでも動かずに内側でじっとしていました。朝日杯のフィフスペトルでもそうでしたが、こういうところでじっと我慢できるのがルメールの一流たる証ですね。直線インが空いたところで一気に抜け出し、そのまま追い込んでくるメイショウ、ヴァーを押さえきりました。

そして東京大賞典でもヴァーミリアンを押さえ込んでの勝利。最後は火の出るような叩きあいでしたが、結局一度もヴァーミリアンを前に出すことはありませんでした。思えばこの馬が最初にJCDを勝ったときも壮絶な叩きあいでした。

ヴァーミリアンとしては決して負けてはいけない馬に二度の敗戦を喫してしまったということで、なんとも辛い結果になってしまいました。このままでは暫定チャンプという評価で終わってしまいますからね…。おそらくフェブラリーSで再激突ということになるでしょうが、そこでは意地の仕上げを見せてくるんじゃないでしょうか。このままでは終われないでしょう。

サクセスブロッケンは東京大賞典では意地を見せましたが、上位2頭には離される結果に。この辺りははっきり力の差という感じで、あとはこれからの成長でどれだけ差をつめられるかですが…。いつの間にかスマートファルコンに逆転されていそうなところが怖いです。カジノドライヴは一からやり直しですね。

それにしても、2年半というブランク、屈腱炎という不知の病からの見事な復活で、陣営の努力とそれに答えた馬は本当に偉い。それも倒した相手がここ2年間国内敵なしだったヴァーミリアンなのですから、もう脱帽です。来年も続行ということですが、とにかく無事に言って欲しいものです。それにしても、これだけの馬のなのだから、何とか種牡馬になれないものですかねぇ、社台さん。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 【動画で回顧】'98世代の遺伝子…2歳G1 | トップページ | 【動画で回顧】この女、異次元につき…有馬記念 »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/26641345

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】帰ってきた雷…JCD&東京大賞典:

« 【動画で回顧】'98世代の遺伝子…2歳G1 | トップページ | 【動画で回顧】この女、異次元につき…有馬記念 »