« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

隼人は大丈夫なのか

思いっきり踏まれていたような気もしたけど…。無事だといいんですが。ナカヤマフェスタが審議対象か。

それにしても前残りに近いないようですな。向こう上面までに落ち着いてしまった。カツハルの積極策が効を奏した感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成杯と日経新春杯とか

コウエイハートがあの勝ち方では、ますますブエナビスタは独走気配ですな。

◇皐月賞2、3着候補杯

タイトルはあくまでイメージです。

◎セイクリッドバレー
○トゥリオンファーレ
▲ナカヤマフェスタ
△ファインビスティー
×サクラルーラー
キルトクールはアーリーロブスト

乱ペースになると見ます。そうなれば、末脚生かせるセイクリッドバレーかなと。トゥリオンはPOG馬ですが、調教は坂路が苦手にしても…という感じ。ナカヤマフェスタは大きくは崩れないでしょう。ファインは正直穴狙い。サクラルーラーは前走落鉄で度外視。アーリーロブストは乱ペースに巻き込まれ…と予想します。

◇実質オープンな新春杯

モナー以外はどうなんだ。

◎ドリームフライト
○ヒカルカザブエ
▲アドマイヤ( ´∀`)
△タガノエルシコ
×メジロコルセア
注テイエムプリッキュア♪プリッキュア♪
キルトクールはナムラマース

軽量を生かしてドリームフライト。まだ前が止まるような馬場ではないと思います。ヒカルカザブエの54kgも手ごろな斤量。モナーは敬意を表して▲はつけますが、ハンデと馬体重がネックでしょうか。あとは前走鋭く抜け出したタガノエルシコと逃げたら面白いメジロコルセア。引退プリキュアも前科があるので注。ナムラマースは2400がどうか。相当自信がないけどキルトクールしてみましょ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'08ワールドサラブレッドランキング

http://www.jra.go.jp/news/200901/011401.html

New Approach高すぎじゃね?と思ったりもしましたが。愛チャンピオンSは、着差はあったけど相手関係がイマイチだったんじゃなかろうか。

実質的には当然Zarkavaの凱旋門賞(128)が最高。セックスアローワンスを考えれば、Goldikova(BCマイルの125)も相当評価が高いです。Zenyattaも同じく125で、やっぱり全世界的に牝馬の年だったということでしょうね。Raven's passはこんなもんか。

日本の1位はスクリーンヒーローの122。去年のアドマイヤムーンが125、一昨年ディープが127(有馬記念のレート。JCの参考値としてドリパの121)ですから、今年のJCの評価は前2年と比べるとあまりよろしくないということのようです。
実質的な一位はウオッカの120(安田記念のレート)。天皇賞じゃないのは、着差の関係でしょうかね。カンパニーが119なので、ウオッカは117~118辺りになるのかな?
ダスカは119(有馬記念)。ディープスカイは121(JC)で、これはマツリダゴッホの日経賞のレートと一緒。この辺は中山の神(現在カド番)の面目躍如でしょうか。
あとはカネヒキリの東京大賞典の119は結構いい数字がついたと思っているんですが、どうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きたきた

金杯から◎-○なんて幸先いいわぁ。津村、少しでも疑ってスマンカッタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンパイどすえ…京都金杯予想

タイトルが適当すぎるという自覚はあります。

◎タマモサポート
○マルカシェンク
▲アドマイヤスバル
△シゲルフセルト
×バトルバニヤン
注ファリダット、ショウナンアルバ
キルトクールはアドマイヤオーラ

なんかまた注の馬が来そうではありますが。

アドマイヤオーラ、マルカシェンク、アドマイヤスバルにファリダットと有力所に後方からいく馬が多いので、こういうときは先行馬を狙ってみます。というわけでタマモサポート。正直金杯で津村?という気もしますが、目をつぶります。そして痛い目に合います。

マルカシェンクとアドマイヤスバルはマイルCSでも相応の走りをしていますから、ある程度重い印は必要かなと。シゲルフセルトは距離短縮で巻き返しの可能性は十分にあり。バトルバニヤンは連闘ですが、実力はある馬。前走もフィールドベアーなど強敵が揃っていた中掲示板は確保しています。

ファリダットは1ハロン長いと思うんですが…。1200~1400がベストだと思います。まぁ実力で来る可能性もあるのかなぁとは思いますが。ショウナンアルバは豊が2度目の騎乗でどう乗りこなすか見てみたいところ。

キルトクールはアドマイヤオーラ。休み明けのトップハンデと思うとちょっと。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンパイやないかーい!…中山金杯予想

サボり癖がついてるんじゃないかーい!

◎キングストレイル
○マイネルキッツ
▲ヤマニンキングリー
△オペラブラーボ
×ネヴァプション
注アドマイヤフジ
キルトクールはアサカディフィート

というわけで、あけましておめでとうございます。今年もこのダメブログをどうかよろしくお願いいたします。あと遅れましたが、アンパサンドおめでとう!

さて、金杯の予想ですが、去年最高レベルの秋天最先着のキングストレイルからいってみます。斤量57kgもギリギリ許せる範囲内。2000mで馬券圏内なし、というデータには目をつぶってみます。

対抗はマイネルキッツ。この馬の成績で7番人気は美味しすぎやないかーい!この面子なら十分馬券圏内でしょ?あれ?

三番手にはヤマニンキングリー。散々いわれているように、馬体重が増えているのは成長の証拠。去年の春から期待されていた馬ではありましたが、ようやく本格化してきたか、という感じ。前走より1kg増でオペラブラーボとの力関係がどうか、という感じですが、こちらを上と見てみました。

あとは何故か一番人気のオペラブラーボ(正直フジかヤマニンが一番人気になると思っていました)に有馬をパスしてここを狙ってきたネヴァプション。アドマイヤフジは迷いましたが、注扱いで。JCDを使ったことをどう見るかですね。個人的には結果は度外視していいものの、使ったこと自体は余計なのではないかと思います。でも地力はあり、というかメンバー中最上位。

新年初キルトクールはアサカディフィート。ここ最近めっきり元気がないのにもかかわらず、58kgは可哀想です。


にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »