« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

魔術師の花道となるか…アーリントンC展望

予想はお休み中…。

ホッコータキオンが屈腱炎でリタイアして、ダノンファントム(登録してた気がする)は水仙賞に回ってと、あれよあれよと有力馬が抜けていってしまったアーリントン。話題といえば、武邦彦調教師のラスト重賞ってことくらいになってしまいました。そのメイショウボルトの鞍上は息子の幸四郎。ここまでの成績を見るととても買えそうに無い馬ですが、こういうときに一世一代の大駆けがあるのが競馬ですからねぇ。流す相手として組み込んでみるのも面白いかもしれません。

おそらく一番人気はデキルほうの息子豊がのるアイアンルックということになると思います。前走は7馬身差の大楽勝で、タイムも中々。この先G1戦線に踊り出るためには、今回のメンバー相手に苦戦はできないところです。

続く2番人気と予想されるのはスーニかミッキーパンプキン。スーニはドバイから米三冠なんて話があったはずですが、どうなってしまったんでしょう?ダートでは圧倒的な強さですが、去年のサクセスブロッケンのこともありますし、ダート馬じゃないの?という評価を受けそうです。ただ、おじいちゃんのDehereからはトーヨーデヘアやウエスタンダンサーのような芝の活躍馬も出ています。父Sotoにとってはこのスーニがファーストクロップになるのでよくわからないところが多いですが、芝もこなせる可能性は十分に秘めていると思います。

ミッキーパンプキンは朝日FS、シンザン記念と惜敗が続いています。どうにも勝ちきれない印象で、ここでも何かに足元を掬われそうではありますが、軸としては十分信頼できる馬。あとは岩田騎手がどう乗るかでしょう。ただ先行馬が揃っているし苦しい面も。ダブルウェッジはシンザン記念が上手く行き過ぎたところがあって、その次に使った前走クロッカスSは見せ場なく掲示板を外す結果になってしまいました。ただ、それまでは全て馬券に絡んでいるように実力はある馬。このメンバー相手でも立ち回り次第では連に十分絡めそうです。

あとはそのダブルウェッジに先着しているツクバホクトオーやタイガーストーンあたりも不気味です。ツクバホクトオーは新潟でセイウンワンダーの2着に来たこともある馬です。タイガーストーンは鞍上の木村騎手(園田のリーディングジョッキーだそうです)が中央の騎手相手にどう乗るかが見ものですね。

三浦騎手が乗るアドバンスヘイローはジュニアカップでサンカルロなどを抑えています。脚質も自在性があるだけに、面白いと思います。逆にジョーメテオは先行馬が揃った今回のレースで外枠を引いてしまったことは若干マイナスでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【動画で回顧】そのとき時代が動いた…フェブラリーS

超ハイレベルの一戦。

'09フェブラリーS / サクセスブロッケン

ハロンタイム
12.7 - 10.5 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 11.3 - 12.1 - 12.4

従来の記録を0.4縮めるレコード決着。中間は11秒台の連続で、最後も12.1→12.4。上がり3Fや着差を見ても、上位6頭とそれ以外の実力差は相当あると思います。「すごいレースになった!」という実況の台詞はストレートな表現をしていて結構好きです。

パドックを見ているかぎりでは、カジノドライヴがすごくよく見えて、東京の左周りに変わること、外枠を取れたことなどを考えると、この馬の一発はありそうだなぁと思ってレースを見ていました。だからこそ、最後この馬が抜け出したときはこれで決まりと思ったんですがねぇ…。ただドバイに向けて非常にいいレースが出来たと思います。アメリカの重賞も勝っている馬ですし、今年のドバイの面子も例年と比べるとやや落ちますから(それでもなおハイレベルではあると思う)、それなりに期待していい気がしてきました。

サクセスブロッケンの母であるサクセスビューティはファインモーションやスマイルトゥモローなんかと同期で、勝ち星は全て1400まで、しかも桜花賞以降は全て16着、という典型的な早熟の短距離馬でしたが、今日のマイルでの走りなんかを見ていると、その母のスピードにシンボリクリスエスの成長度が加味されたのがサクセスブロッケンなのかなぁなんて思ってしまいます(血統についてはからっきしですけども)。JCDでの完敗、大賞典、川崎記念でもカネヒキリから大きく遅れた3着と、上位の壁が厚かっただけに人気を大きく落としていましたが、距離短縮が一番味方したのはこの馬だったように思います。
一応これで、初の7歳馬越えは果たしたわけですが、完全に世代交代が完了したわけではなく、この先のかしわ記念、帝王賞といったレースでカネ、ヴァーを押さえ込まなければいけないわけで、頂点への道はまだ険しいなぁという感じです。

カネヒキリは最速の上がり35.3で猛追しましたが及ばず。やっぱり7勝の壁は恐ろしく厚かった、というわけです。ルメールは「疲れがあったのかもしれない」といっているようですが、長期休養明けの武蔵野SからJCD→大賞典→川崎記念と使われてきたわけで、そういうこともあるのかなぁと思います。7歳とはいえ、他馬と比べて使われてきた数は圧倒的に少ない馬ですから、まだ若さを保っている方だとは思いますが、やはりサクセスブロッケンなどと比べると年齢的なハンデはどうしても出てきてしまいますものね。ただこのまま引退とはならないでしょうから、まだ8勝へのチャレンジはあるでしょう。まだまだ終われないと思います。

敢闘賞をあげるならば4着のエスポワールシチーで、あれだけのペースを作っておきながら勝ち馬とコンマ2秒というのは、相当に強い内容だと思います。直線入ったときも止まりそうにない感じで、ひょっとしたらと思った人も多いんじゃないでしょうか?哲三騎手が逃げ馬に乗ったときは、こういう思いっきりのいい競馬で好結果を生み出しますよね。そう考えると、敢闘賞に加えて助演男優賞も上げていいのかも。
この馬もまだまだキャリアの浅い馬ですし、経験を積んでいくことでまだまだ成長しそうです。この馬とスマートファルコンのおかげでこの春のゴールアリュールの種付けは増えそうですかね?

フェラーリピサは追い上げるも5着まで。道中折り合いにやや苦心する場面も見られてそれが最後になって響いたと思います。ただ坂上で一気にサクセスブロッケンに離されてしまった辺りは、力の差があったことを認めなくてはいけないと思います。それでも、原因不明の顔面麻痺という奇病から復活してここまでやれるのだから、本当にえらい馬だと思います。

ヴァーミリアンは、サクセスと違ってマイルという条件がもっともマイナスに出た馬の一頭だと思います。順調さ、という点でもあれこれ言われていますが、それ以上にマイルという条件、それに加えて超スピード決着になった展開というところに敗因があると思います。なんだかんだで7着以下には4馬身差つけているわけで、この馬が走らなかったというよりは、前5頭が物凄かった、という方が適切でしょう。この先帝王賞など距離が伸びるレースでは巻き返しも十分あると思います。

それにしても、このレースの上がり3Fですが、最速がカネヒキリ35.3、その後サクセスブロッケンが35.4で続いて三番手が35.6でカジノ、ヴァーに最後方からのビクトリーテツニー(12着)、そして35.7でフェラーリピサという感じで、先行馬が上位をほぼ独占しているんですよね(エスポワールシチーは36.0)。これでは後方から行った馬に出番があるわけもなく、出遅れてしまったサンライズバッカスなんかは結局ブービーです。これはそれだけ、上位の馬がハイレベルなレースをしたということで、この上位馬がすなわち現時点での日本ダート界のトップホースということになります。そして、そういう結果になったレースは去年の秋天同様、非常にいいレースになるんですよね。今年最初のG1として、最高のレース内容だったと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクセスブロッケン!!!

伝説の幕開けじゃーーーーーーーーっっ!!!!!


というわけで、ここにきて世代交代とは。エスポワールシチーが早く引っ張る展開で、流れに乗れたことが最大の要因でしょうか。カジノドライヴが満を持して抜け出し、それを相手と決めてカネヒキリが追ってくる中、若干死角になった部分はあったかもしれませんが、レコード決着であることや相手がこのメンバーであることを考えれば本当に立派。ここ最近のレース内容から、逆転は難しいと思っていましたが(オッズを見てもそう考えた人が多かったはず)、見事な逆転劇。超ハイレベルと言われていた4歳世代がようやく世代交代を果たす第一歩を踏み出した、という感じですね。シンボリクリスエスはようやく中央G1に手が届きましたか。

それにしても、やっぱり早いペースになりました。あんな展望をしているようじゃ、復帰はまだ先だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惚れたら負け、ということでフェブラリーS展望

あまりの惨敗っぷりに、もう競馬やめるわーっていったら、「そりゃ無理だろ」って返されました。まぁ無理ですよねぇw

というわけで、9時間後には軟化するというへたれっぶり。ただ予想のほうは宣言どおりちょっと休もうかと。

◇砂のディープに死角は

正直カネヒキリは一段上の実力を持っているとは思います。唯一迫るのはヴァーですが、今回の舞台であるマイルではやはりカネヒキリのほうに分がありそう。サクセスブロッケンは年上相手にはほぼ完敗続きですし、カジノドライヴは経験不足。そうなるとG18勝の新記録は堅い、ということになりそうです。唯一気になることがあるといえば、ルメールの調子がいまひとつなことくらいでしょうか。

そうなると、素直に2着争いということになりますか。フェラーリピサは前走が非常に強い内容で、面白い一頭。鞍上にも不安はないですし、有力な対抗馬だと思います。あとはヴァーミリアンは当然として、エスポワールシチーもいいと思います。エスポ、サクセスと強力な先行馬がそろっていますが、意外に前は早くならないんじゃないのかなぁという気がしています。馬券には十分絡みそう。

あと穴どころではアドマイヤスバル、トーセンブライト、それにキクノサリーレ辺りが面白そうです。アドマイヤスバルはマリーンS以降馬券には絡んでいませんが、決して大負けしていません。トーセンブライトは久々で苦しいと思いますが、安定感ではフェラーリピサに劣っていません。キクノサリーレも武蔵野Sは強い競馬でした。

悩むのが、サンライズバッカス。東京1600では外せない馬ではありますが、皇成がどれだけ乗りこなせるかですね。これだけの馬に乗れることはそれだけで財産になると思いますが、もし上位に食い込めるようならば、本人にとっても大きな自信になりそうです。ただ、豊、アンカツ、岩田にルメールといったトップジョッキーがそう簡単に勝たせてくれるかどうか…。あとビクトリーテツニーは嵌れば怖いですが、ここで2getの空気ではないような…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

だーめだ

今まで散々だったヴィクトリーが、キルトクールした途端に突っ込んでくるようじゃダメだわ。
最後に切ったディアジーナも勝ちよるし…。

つこって明日のフェブラリーも含めて、一旦リフレッシュします。弥生賞から復帰予定、というか現地行く予定ですからね。リフレッシュするなら今のうち…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gone With the Wind

ダイワスカーレット引退
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000510-sanspo-horse

どっかの監督の言葉を借りれば、ウオッカが太陽の下に咲く向日葵ならば、ダイワスカーレットは月を仰いで咲く月見草のようでした。桜花賞、秋華賞、エリ女、そして37年ぶりの有馬記念。これだけのG1勝利に加え、生涯連対率100%という成績を残しながらも、64年ぶりのダービー制覇、そして両者の対戦のクライマックスというべき秋の天皇賞で勝利を手にしたウオッカと比べたときに、ダイワスカーレットは華やかさという点では確かに少し劣っていたかもしれません。
でも、その強さ、美しさでは決して勝るとも劣ってはいなかった。3歳時の圧倒的な強さも、秋の天皇賞での驚異的な差し返しも、そして名だたる牡馬に影も踏ませなかった有馬記念も、僕らの目にはしっかりと焼きついています。その美しさは、まさに月夜に照らされた月見草のようでした。

この一頭のサラブレッドをリアルタイムで見ることが出来たことは、僕の競馬人生における誇りです。世界の舞台で輝く姿を見ることが出来ないのは残念ではありますが、僕はもうこの子から十分すぎるほどいろんなものをもらいましたし、今はただ、ありがとうの言葉を送りたいと思います。ダスカ、本当におつかれさまでした。そして今まで本当にありがとう。

◇にしても

初年度がチチカステナンゴとはなぁ。去年のPrix du Jockey Clubを無敗で制したVison d'Etatの父として有名ですが、キンカメやジャンポケを差し置いてこの馬とは思いもよりませんでした。こりゃ社台にとっては相当期待の種牡馬と見ていいのかもしれませんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【動画で回顧】逃げちゃダメなわけがない…きさらぎ賞回顧

これで三週連続。

'09 きさらぎ賞 / リーチザクラウン

まぁ豊も最初からブログで「控えてっていわれたけど、やるかどうかはわからん」といっていたわけで、こうなることはある程度読めてはいましたが。

ただ、これはリーチザクラウンが逃げたというよりも他に行く馬がいなかっただけ、という感じです。豊の乗り方を見ても、行く気に任せてという騎乗ではなくて、ある程度は脚を溜めているように見えます。その結果、直線では逃げ馬とは思えないような反応を見せての快勝劇ですから、乗り方としては間違っていなかったのかなぁと。その一方で今回もあまりにも楽にハナを切ってしまったがために、競りかけられてどうか、という点については結局テストが出来ず終い。体重が減り続けていることを考えれば本番までは使わない可能性もあり、不安を抱えたまま本番に、ということもあるやもしれませんね。ただまぁテンが早い馬だと思いますので無理に控えさせることもないのかなぁという気も。橋口師の気持ちもわからないわけではありませんけどねー。

二着のリクエストソングはごっちゃんにしては珍しく手綱を絞って最後方から。4コーナーから動いていい脚を使ったものの、先頭は3馬身半前。これに関しては相手が強すぎたとしかいいようがありません。他のメンバーは完封しているわけで、十分走ったと思います。ただ今年の上位の層は相当厚いから…。

3着にはなんと最低人気のエンブリオ。無欲の騎乗が実ったということでしょう。ベストメンバーやキタサンガイセンはリーチを意識した分最後苦しくなったか。ベストメンバーはヨレなければなぁ。ダノンカモンは期待していたんですが、伸びなかったです。ひょっとして右回りはあんまり得意じゃなかったりするのかなぁ。

◇前回忘れたやつ

'09若駒S / アンライバルド

フェアリーSではない。

リーチザクラウンを破ったアンライバルドの3戦目。2戦目は岩田騎手が乗れずに敗れましたが(いや、川田騎手も上手いですけどね)、しっかり立て直してきました。こちらもちょっとモノが違う印象です。次走はスプリングSでサイオンあたりと対戦予定で、おそらく確実に権利を取ってくるでしょう。その前にはロジユニvsセイウンワンダーの弥生賞もあるわけで…。今年の皐月賞は面白いことになりそうですねぇ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジャヴ?

ダスカ回避
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20090212-00000502-sanspo-horse

過去に何度も見た光景。

オークスも、去年のフェブラリー&DWCも、そして今年のフェブラリーも。これに去年の秋天も加えたっていい。この馬って肝心なところで走れない、勝てないんですよね。
そりゃ確かに3歳時にはG1三勝しているし、去年だって37年ぶりの有馬記念制覇を成し遂げてはいますけどね。この馬が本当にそのときに取りたかった樫のタイトルや去年の秋天、そしてDWCについては、いつだってその前で挫折したり、2cm及ばなかったり。そういう星の元に生まれてしまったといってしまえばそれまでだけれども、そういう「ここ一番での運の無さ」っていうのが、ウオッカと比べたときにこの馬が劣っているものなんだろうなぁと。これだけの成績を残しながら、どこかこの馬に物足りなさというか、欠けているところを感じるのはそこなんでしょうね。

おそらく今年のDWCについても回避が濃厚だと思います。場合によってはこのまま去年に続いての長期離脱の可能性も高く、ダスカファンとしてはただただため息、といった感じです。いや、DWCのステップとしてフェブラリーは使ってほしくないと思っていたけれども、こんな形で回避になるとはなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】ここまでの3歳重賞を振り返る…シンザン記念~共同通信杯

昨日は約1年ぶりとなる東京競馬場への突撃。
やっぱり現地で見る競馬はいいですね。ここ最近の流れを反映して馬券は散々でしたが…。

というわけで、ブログの方も本格再開。今年一発目の動画で回顧です。

◇ポテンシャルは1級品

'09シンザン記念 / アントニオバローズ

ツルマルジャパンもいつのまにか暴走野郎になってしまって。・゚・(ノД`)・゚・。

本来であればダブルウェッジの勝っている競馬。ただアントニオバローズの器がそれ以上だったということでしょう。着差はクビですが、実力差はそれ以上という競馬でした。
ただトップクラスとやり合うにはまずあの幼さが解消される必要があるでしょうね。能力があっても気性のせいで力を出し切れない馬はいやというほどいますから(ヴィクトリーなりショウナンアルバなり)。角田騎手がつきっきりで調教をつけているというそうですし、本番までにどれだけ成長できるかが鍵になりそうです。次は弥生賞。

ダブルウェッジは小牧騎手がとにかく上手く乗ったという印象なので、やや割り引いてみなければいけないでしょう。実際に次のクロッカスSでは6着どまり。ただ初の遠征ということもあったので、京都に戻ってくるようならまた見直しですかね。

トップカミングは早くもブロンズコレクターの予感。上位にはちょっと足りないという感じですが、安定した成績は褒めるべきものだと思います。ゴールドアリュールも種牡馬としてはまずまずの結果を出せていますね。

ミッキーパンプキンはせめて複勝圏内には残らないといけませんでした。こちらは競馬が上手い印象があるので、
アントニオのように着以上の評価をすることは出来ないと思います。

◇中山2000でこの器用さは生きる

'09京成杯 / アーリーロブスト

逃げたモエレを競り落とすにやや手間取り、最後はナカヤマフェスタに詰め寄られましたが、2番手から抜け出すという器用な競馬でアーリーロブスト。実力的にはトップクラスから一枚落ちるとは思いますが、中山2000なら立ち回り次第では上位に食い込むことも可能。あとは本番までにどれだけ力をつけられるかですね。本番でも決して軽視できない一頭です。

対するナカヤマフェスタは落馬と鞍上というハンデがありながらも最後は突っ込んで2着を確保。流石にブレイクランアウトを負かしただけのことはあります。スムーズな競馬さえ出来ていれば3連勝の内容で、今回のメンバーではこの馬が一番強かったといっていいでしょう。こっちの馬もホントは競馬が上手そうですしね。ただこの後は皐月賞に直行の模様。本命はダービーってことですかね?

後は追い込んできたモンテトウルヌソル。一勝馬があれだけ出来ればたいしたもの。来週の東京の500万下に出走との話がありますが、楽々突破して路線に乗ってくれば面白い一頭です。こちらは完全にダービー向き。

POG指名のトゥリオンファーレは大外ぶん回しで7着まで。あんな競馬ではどうしようもないよ。

◇天才完全復調

骨折が底だったか。

'09共同通信杯 / ブレイクランアウト

現地で見ていたときは馬券が絡んでいたので冷静に見られなかったのですが、改めてみると相当強い。坂上から一気に突き放しての勝利。終始内々を進むロスのない好騎乗で豊はこれで2週連続重賞制覇。まるで去年のことが嘘のようです。
馬も、去年の東スポ杯でのレースを見て、これは1600辺りがいいんじゃないかと思っていましたが、考えを改めなければなりませんね。NHKマイルC→ダービーが有力のようですが、これは面白くなってきました。

トーセンジョーダンは下がってきたシングンレジェンドの影響を受けてポジションを下げたこともありますが、それ以上に追ってからすぐに反応しない辺りが気になりました。反応してからの脚はものすごいモノがあってもう少し早く反応できていればブレイクランアウトともっと際どい勝負が出来ていたと思います。ペリエならばその辺りも加味して乗れていたでしょうが、テン乗りの松岡騎手には少々厳しかったのかもしれません。ただやっぱり実力はありますよ、この馬。

三着にはトップカミングでやっぱりブロンズコレクターの素質がありそうですよ、この馬。エビはこの日中々好調だったのですが、個人的には馬券を割られまくったのが…orz 

マッハヴェロシティは期待通りの好走だったのですが、最後は1歩足りず。僕の3-14固定の3連複も塵となって消えました。ただレースを使うごとに良化してきている印象もありますし、相手次第では十分やれそうです。今回は上位2頭が強すぎました。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三重賞連続キルトクール1着

旅に出るか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東西ズバリ!

ズバリとキルトクールがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


まぁあれだ、流れ的にはキルトクール→的中→キルトクール…と来ているので来週に期待ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »