« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

【動画で回顧】3年越しの頂点…高松宮記念

動画の投稿者コメを見て気づいたんですが、キングヘイローと同枠、同番、同年齢だったんですねー。

今更過ぎる…!

'09高松宮記念 / ローレルゲレイロ

ハロンタイム
11.9 - 10.3 - 10.9 - 11.5 - 11.4 - 12.0

前半33秒2はかなりのハイペース。ちなみに過去最高はショウナンカンプの32.9ですが、こういうときは後方の馬も脚を使わされるので、結局は地力勝負となるもんなんですよね。まぁそんな消耗戦なもんですから、外を回った馬はほぼ全滅の展開。ファリダットはむしろ褒められてもいいくらいかもしれませんね。

それにしても強かったのは前2頭。特にローレルゲレイロは一旦差されてからの差し返しですから、相当に評価されていい内容だと思います。スピード豊かなことはもちろんですが、1600までこなすそのスタミナ面も今回は発揮されたと思います。キングヘイローにも後継種牡馬が出来て本当によかったー。

スリープレスナイトは上村騎手も本当に上手く乗ってのこの結果ですから、やっぱり一頓挫あったことが響いたということだと思います。一旦交わしてからそのまま突き放せなかった辺りはやっぱり長期休養明けが響いた格好になりましたね。ただ現役ではやはり最高の能力を秘めた一頭であることには間違いありません。この後はVマイルにいったりするんですかね?

3着以下には上手く内々でコーナリング出来た馬が来ました。ソルジャーズソングとトウショウカレッジは頭の上げ下げで明暗が分かれましたが、どちらも7歳にしてのこの激走なのだからたいしたものです。トウショウカレッジは4コーナーで前が詰まらなければ…、という感じですが。コスモベルはスリープレスの通った道をそのまま抜けてこれたのがよかったとは思いますが(ウエスタンダンサーの前をカットしているのはアレですが)そこから先は地力の差がもろに出てしまいました。とはいえこのメンバー相手に5着ですから立派な内容だと思います。

ファリダットは上で書いたように、この展開で大外から来ているんだからやっぱり実力は相当なものですよ。ただ、この馬の場合には重賞での勝ち味の遅さがどうしても気になってしまいます。以前のローレルゲレイロもそうでしたが…。その代わり一回勝ってしまえばそのまま一気に頂点まで、ということもありそうな馬ではありますね。

そのほかではキンシャサはレース前から体調今一歩と言われていたわけで、10着という結果も仕方ないのかなぁと。岩田騎手も一応直線入り口で先頭に立とうとしているんですが、更に内のスリープレスが鮮やか過ぎてあんまり注目してもらえなかったという…。ビービーガルダンはとにかく左回りがダメだった模様。右回りでもう一度見直しでしょうね。アンカツに戻るでしょうし。アーバンストリートは外を回らなければならなかった時点で万事休すでした。まぁトウショウカレッジが似たような位置から届いているので、実力不足もあったんでしょうが…。

◇遅ればせながらドバイ

'09Dubai World Cup / Well Armed

あんまりこういうことを言いたくはないのですが、

アンカツひでぇなぁ、おい。

折り合いはつかないわ、他馬に迷惑かけるわで全くいいとこなし。というか先行しないことにはどうにもならないレースだってことはわかっていただろうに…。

にしてもWell Armedの勝ちっぷりはすさまじいの一言なんですが、昨年このずっと前にCurinがいたことを考えると、いかにCurlinが化け物じみていたかわかりますね。今年もタイム的にはそこそこ優秀ですが、去年より1秒近く遅いわけですし。まぁTiznowオメ!という結果なのでよしとしようw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【動画で回顧】ドバイを速報気味に

Yahoo競馬の惨敗っていう文字もあながち…という感じ。

'09dubai duty free / GLADIATORUS

ウオッカは7着。というか勝ち馬強いなぁw

先行したことについては戦前から散々予想されていたことだし、安田記念なんかでは先行しているわけだから、これに敗因を求めるのはどうなのかなぁと思います。直線も半ばまでは伸びていたんですが、途中で急に失速という感じになってしまいました。タイムも昨年よりいくらか遅かったわけで、ハイペースに沈んだ、という感じでもありません。馬の調子もいいといわれていただけに、結構深刻な敗戦なのかもしれませんね。

'09Dubai Golden Shaheen/ Big City Man

バンブーエールは結局日本馬最先着の4着。いったん後方に下がってしまいましたが、そこから盛り返しての4着は褒められていい結果。Big City Manはナドアルシバのスペシャリスト的な馬。おじいさんがアフリートなんですよねー。一昨年のBCJFの勝ち馬Indian Blessingは2着まで。

本番のドバイWCは去年の3着馬Well Armedが恐ろしいほどの大楽勝。これがG1初制覇となりました。カジノドライブは8着どまり。道中後方に下がった時点であきらめました…。動画に関しては明日にでも上げられればと思います。

◇日本のG1は

アーバンストリートに全部!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】比類なき末脚…スプリングS・阪神大賞典

体調がイマイチ優れない今日この頃。リアルでも各方面にご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。それに加えてネット上でもろくに予想すら出来ない有様です。うーむ…。

◇3強に名乗り

'09スプリングS / アンライバルド

ハロンタイム
12.3 - 11.5 - 12.8 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.3 - 11.4 - 11.5

先行争いは激しく見えたものの、中盤は物凄くスローな流れ。そんな中でアンライバルドは岩田騎手が上手くなだめながら乗っていました。3コーナー辺りからまくっていって、直線ではあっという間に先頭。このときの脚がとにかく早くて、やっぱりモノが違うな、という感じがしました。レッドスパーダとの着差はわずかですが、道中の位置取り等を考えれば完勝でしょう。これでいよいよ皐月賞はロジユニ、リーチ、アンライの三強の様相を呈してきました。このメンバーの中ではロジユニが一番勝利に近いといえば近いのでしょうが、展開ひとつでどうなるかわからない、といったところではないでしょうか。

レッドスパーダはとにかく上手く流れに乗れました。普通であれば完全な勝ちパターンではあったと思いますが、抜け出す前にはすでにアンライが前にいたという…。立派な二着ではありますが、同時に上位との力の差を痛感する結果になったと思います。この後はNZT→NHKマイルということですが、超ハイレベルの皐月にいくよりはその選択肢のほうが現段階では賢明なのかもしれませんね。

フィフスペトルは3着どまり。豊いわく道中小さいミスがいくつかあったということですが、スローの流れもあってか届かずじまい。陣営は距離は大丈夫と見て皐月賞に向かう模様ですが、アンライとの差はちょっと大きい気がします。本番ではアンカツ確保ということなので、それでどこまでやれるかでしょうね。

4着にはサンカルロ。まぁこれまでの成績からすればこれくらいやれて当然の馬ではありますが、後一歩のところで権利取りはならず。こちらもNHKマイルに向かう模様で、東京ならもっと走れるんじゃないかと期待しています。

リクエストソングは内の苦しいところに入ってしまったのもあって7着まで。最後いい脚で伸びているだけにスムーズに競馬が出来ていればもう少し上の着順もあったと思いますが…。ただ上位との差は明らかですね。

◇二年越しの盾制覇へ

'09阪神大賞典 / アサクサキングス

今回は別定だからね>プリキュア

アサクサにとってはとにかく重馬場を克服したことは大きいでしょう。まぁ同じ阪神で行われた宝塚記念である程度こなしていたともいえますが、勝利したことは本当に大きい。ただオウケンやヒーローがノメッていたところを見ると、良馬場でやったときはどうなるか、という点についてはまだわからないというしかありませんね。決着はまだ先か。とりあえずは1番人気は確定となりそうですけどね。

ヒカルカザブエについては、結局アサクサとは格の差があった、ということなんでしょう。2kgもらっていることも考えるとこの結果は完敗。もちろん巻き返す可能性は0ではありませんが、逆転することは容易ではないと思います。

スクリーンヒーローとオウケンに関しては、もうこれは度外視するしかないようにも思われ。なんというかここまでぼろぼろに負けるような馬じゃないと思いますし(特にオウケン)、本番ではまた違った結果になるんじゃないでしょうか。特にスクリーンは59kg、初距離ということを考えれば今回のレースは十分な内容だったと思いますよ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】宇宙を飲み込んだ1カラットの輝き…Fレビュー

とりあえず、うちの村田と内川が(韓国戦で)迷惑をかけて

 ヽ | | | |/
 三 す 三    /\___/\
 三 ま 三  / / ,、 \ :: \
 三 ぬ 三.  | (●), 、(●)、 |    ヽ | | | |/
 /| | | |ヽ . |  | |ノ(、_, )ヽ| | :: |    三 す 三
        |  | |〃-==‐ヽ| | .::::|    三 ま 三
        \ | | `ニニ´. | |::/    三 ぬ 三
        /`ー‐--‐‐―´´\    /| | | |ヽ

それにしてもボン・チュングンを打ち崩せないなぁ。いいピッチャーであることは分かるんだけれども。サッカーの決定力不足が感染したかしら?ノーアウト1・2塁から一点がやっとでは…。

あと、僕が見てると必ずチャンスがつぶれるみたいです。すまぬ…!

◇一強は変わらず?

'09フィリーズレビュー / ワンカラット

前残りという馬場を考えればミクロコスモスの位置取りは後ろ過ぎる感がありますが、かといって先行できるほどの出足のよさでもなかったかと思います。前走は早めの競馬でしたが、そのときはペースがある程度落ち着いていたこと、今回はそれに比べて距離短縮もあったことを考慮すれば、出来ても中団からだったでしょうし、結果を見れば中団からでも届く競馬ではありませんでした。ただまぁ、どのみちブエナビスタに挑戦状を叩きつけるためには、あの位置からでも差しきらなければ話にならないでしょう。大外回ったとはいえ、ワンカラットに上がり3Fで負けているようでは…。

ワンカラットはホッコータキオンやトップカミングあたりといい競馬をしてきた馬で、ここでこれだけ走れても何の驚きもなかったんですよね。阪神JFの大敗で人気を落としていましたが、世代では上位の実力をもっているということだと思います。ただ戦績を見る限り、1600よりは1400、という感じですが、本番でどうか。レースを見る限り持ちそうではありますけどね。

アイアムカミノマゴは好走すれども勝ちきれず、といったとこでしょうか。レディルージュはあっさり交わして見せましたが、ワンカラットには届きませんでした。通ったコースの差を考えればワンカラットと同じくらいの評価をしてもいいと思いますが…。本当に今年の牝馬は一頭以外皆団子状態ですねぇ。

レディルージュは子鮫が上手く流れに乗った騎乗をしたと思います。先行有利の馬場も味方しました。ただ、ワンカラット、アイアムカミノマゴにあっさり交わされるところを見ると、現状では力不足でしょう。

牝馬路線はとにかくブエナ一強状態。頼みの綱は今週末に出てくるレッドディザイアくらいでしょうか。2番手戦線は混戦で、何がきてもおかしくない状況。Fレビューで負けた馬でも早々には見限れないといったところです。悩ましい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アネモネと中京

予想というほどでもないけれど…。

アネモネのほうは絶好調のノリさん鞍上のリュシオルを中心に。対抗はエイブルインレースでいいかなーと思いますが、何とも荒れそうな面子。個人的にはグローリールピナスとザデイに期待していますがどうなることやら。

中京記念のほうは馬場が大変なことになりそうです。
とりあえずあんまり人気しないようならセラフィックロンプは狙いたいところ。ただ絞りきれない可能性が無限大なので、枠の3番から7-8辺りを検討中です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キストゥヘブンが引退かぁ

最後はノリで
http://keiba.yahoo.co.jp/index.html

言わずと知れた桜花賞馬ですが、どちらかというと古馬になって復活してからの印象のほうが強いです。2着に入った京王杯に桜花賞以来の勝利を飾った京成杯。まぁどちらも馬券を取らせてもらったっていうのもあるんですけど、この2戦を見てやっぱり桜花賞馬だなぁと思ったものです。

初重賞勝利時のパートナーのノリさんと最後のコンビ。斤量や1800という距離から簡単にはいかないと思うけど、この馬の馬券は買いにいこうかな。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更過ぎてなんなんですが

セイウンワンダーって新馬で負けてるやん!無敗同士の対決じゃなかったんやん!
あー、恥ずかし。

まぁロジユニが勝って無敗の弥生賞馬誕生ってところは間違ってないからいいか。


いや、よくないかorz


忘れていたのは、ツルマルの雄姿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】万全のトライアル…東西牡牝トライアル

日曜は中山に出撃してきましたー。あの距離はちょっとした小旅行ですね。

◇レベルが違う

'09チューリップ賞 / ブエナビスタ

ハロンタイム
12.5 - 11.1 - 12.4 - 12.6 - 12.7 - 12.2 - 11.1 - 11.9

サクラミモザがぽーんと出てレースを支配する中、ブエナビスタは最後方から。スタートを5分に出ていながらすぐに下げていることから、アンカツとしては最初からじっくりいくつもりだったのでしょう。ただ外に持ち出してからはかかり気味に中団まで押し上げる形になりました。このあたりは桜花賞に向けては問題がないとしても、オークスを見据えると懸念材料といえなくもないかもしれません。3コーナーからサクラミモザがペースを上げて、後続を引き離しにかかる中、ブエナビスタは大外から。2番手までは簡単に捕らえたものの、先頭を捕まえるのにはややてこずりました。ただそれはサクラミモザにとって絶好の展開だったからで、実力の差は明らかでした。ただ一頭の上がり34秒台で、桜花賞に向けて一点の曇りもなし、といったところでしょうか。

サクラミモザは初芝にもかかわらずよく頑張りました。ダートばかりを2戦使ってきた馬ですが、初戦は7馬身差の大楽勝、2戦目も完勝で、血統的にも芝で走れておかしくない馬ではありましたからね。ただ、本番ではここまで楽なレースはさせてくれないでしょうから、鞍上は思案のしどころだと思います。

ルージュバンブーはとにかくロス無く回った小牧騎手の好騎乗。直線では中々前が開きませんでしたが、前が空いて追い出してからはジェルミナルを寄せ付けない走りでした。決して弱い馬には出来ない芸当で、本番人気が下がるようなら狙うと面白い一頭ではないでしょうか?

一方ライバルと目されていたジェルミナル、ブロードストリートは馬券にも絡めずで、ちょっとだらしなかったか。ジェルミナルはちょっと位置取りが後ろ過ぎた気もしますし、ブロードストリートも思ったより弾けませんでした。ジェルミナルのほうは本番の乗り方次第では浮上は可能だと思いますが…。

◇ルドルフ、ディープが歩んだ道へ

'09弥生賞 / ロジユニヴァース

ハロンタイム
12.4 - 11.3 - 12.2 - 13.0 - 13.1 - 13.0 - 12.7 - 12.2 - 11.5 - 12.1

ロジユニが逃げてスタンドがどよめきましたが、一緒に行った人と「何で驚いてるの?」ということを話していました。どちらかというと長くいい脚を使えるタイプのロジユニにとって一番嫌なのはスローの瞬発力勝負になることで、少頭数、逃げ馬不在のこのレースにおいては特にそうなる可能性が高かったと思います。そうであるならいっそのこと逃げて主導権を握ってしまう、というのは普通に考えられる展開だったのではないのかと。案の定道中落として3コーナーからギアチェンジ、というノリさんのいわば「お家芸」が炸裂。後続はロジユニのロングスパートについていけず最終的には2馬身半という決定的な着差がついていました。これで無敗の弥生賞馬になったわけですが、本番の皐月賞においても間違いなく最有力といっていいでしょう。対抗できるのはリーチザクラウンとアンライバルドくらいじゃないかと思います。よっぽどの雨が降らない限りノリさん久々のG1(Jpn1)勝利が見られそうですよ。

セイウンワンダーの一番の敗因は体重でしょうが、それにしても負けすぎました。まぁパドックでも一頭だけ腹回りがボテっとしていましたが…。距離についてはそれほど問題がないと思います。事実直線まではいい感じで着ていて、あーこれは連に絡むなぁと思ってみていたほどで、そこから伸びなかったのも体が仕上がっていなかったからだと思いますので。本番しっかり絞ってくればまだ見限れない一頭でしょう。

ミッキーペトラは素人目に見てもパドックが非常によく見えた馬で、レースでも終始前目につける積極策で結果を出してみせました。去年の夏以来の実戦でこれだけ走れるのだから次走は更に良化する可能性もあります。本番でも期待の一頭です。

モエレエキスパートも復活の3着。もともと去年の札幌2歳でロジユニとそこそこの競馬をしていた馬ですから、これだけ走れて当然だと思います。調教師もいうように、馬場が荒れてくる本番ではより期待できる一頭ではないでしょうか。

アーリーロブストは案外。というか祐一はこっちでも控えて失敗しとるんかい。理想としては2・3番手につけたかったんでしょうが、引っかかったのを抑えているうちに中団まで下がることに。先行していい味がある馬だと思うので、これでは勝負にならないでしょう。本番では先手が取れるかどうかが鍵でしょうね。まずは内枠に入れるかどうか。

◇んでもって最後に

たまには自慢したいのです。

200903081550000_2














269倍取ったどー!



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかなぁ…弥生賞予想

欧州ほどではないが、ひどいスクラッチを見た気分。というわけで予想もさっさとやってしまいます。

◎ロジユニヴァース
○セイウンワンダー
▲アーリーロブスト
△モエレエキスパート
×ミッキーペトラ
キルトクールはハイローラー

結局2強を除けばアーリーロブストしか残らないという有様。跛行のアントニオバローズやアポロリバティーはともかく、ナカヤマフェスタとフィフスペトルは…。調教内容や馬場を考慮したこともあるんだろうけども、ちょっとなぁ。フィフスペトルのほうなんて調教師同士で揉めてるし。本当に楽しみにしていた一戦なだけに結構残念です。

ロジ~アーリーまでで十分な気もしますが、一応ミッキーペトラまで。というか、2強のうち一頭がコケれば万馬券確定なんでしょうね。

◇オーシャンSをちょっと変更

モルテを切ってアーバニティに。やっぱり中山での大外エビは怖い…。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

3冠への始動戦…チューリップ賞&オーシャンS予想

予定より一日早く復帰ー。まぁ休んだからどうなるものでもないんですが、気持ちの問題ということで。


◇果てない思いを捧げたくなるOCEANステークス

この雨では重馬場確定でしょうか。

◎キンシャサノキセキ
○サープラスシンガー
▲アイルラヴァゲイン
△モルトグランテ
×コスモベル
注ヘッドライナー
キルトクールはタマモホットプレイ

キンシャサが抜けているのは間違いないので、素直に本命で。あとは斤量差がなくなってサープラスに、1叩きしたアイルラヴァゲインを狙ってみます。モルトグランテは外枠がどうかなぁと。コスモベルは最内、哲三ということで、行ってくれることを期待。ヘッドライナーも怖い一頭だと思います。タマモホットプレイは重苦手でしょう。

◇孤高の頂へ

◎ブエナビスタ
○ジェルミナル
▲サクラミモザ
△ブロードストリート
×マイティスルー
キルトクールはイナズマアマリリス

ブエナビスタが断然でしょう。対抗には競馬の上手さ、という点を評価してジェルミナル。ブロードストリートは強い馬だと思いますが、馬場を考慮してサクラミモザを上位評価に。イナズマアマリリスは前走がちょっとだらしなかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

気がつけばウオッカ初戦

明日未明がJebel Hattaだったのかー。

国際G1ホースということで、それなりに斤量も背負わされているし、初戦ということも考えれば過度な期待はしないほうがいいのかもしれません。とりあえず3着以内に入れば本番は十分期待できる、といった感じじゃないでしょうか。勝ち馬が必ずしも本番に直結するレースではありませんし。つか一番人気なのね。

Maktoum Challenge Round 3にはAsiatic boyが出てきます。ビクトリーテツニーがこの馬の2着(7馬身差)に入ったのも、もう2年前になるのかーという感じです。今年久々を叩かれて3着でしたが、巻き返しなるか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皐月賞へと続く道…'09弥生賞展望

予想大会&キルトクールは今週から復帰するつもりなので、展望くらいしておこうかと。

さて、ハイセイコー、シンボリルドルフ、アグネスタキオン、ディープインパクト。これらに共通するものはなんでしょう?

もはやクイズにもならないほど簡単ですが、答えは無敗で弥生賞を制し、そのまま皐月賞も勝った馬、です。弥生賞の勝ち馬は中々皐月賞を勝てないというイメージがありますが、こと無敗馬に限れば高い確率で皐月賞を制しているんですよね(例外はロングエースとダイシンフブキ。内ロングエースはその後ダービーを制しているのはご存知のとおり)。

今年でいえばロジユニヴァースとセイウンワンダーの2頭が「無敗の弥生賞馬として皐月賞に向かう」可能性を秘めています。どちらも重賞2勝、片や2歳唯一のG1ウィナー、片やクラシックの登竜門で実質G1といってもいいG2戦の勝ち馬。ファンとしては本番までとっておきたい対決でしたが、一月早く弥生賞で激突となります。おそらくレースもこの2頭の一騎打ちになると思いますが、問題は週末の雨という予報。セイウンワンダーは不良を経験済みなのでいいのですが、ロジユニは父親があの雨のダービーで唯一荒れた内を突いて伸びてきたネオユニヴァースではあるものの、ネオユニ産駒はあんまり重馬場を得意としていないというマイナスデータがあります。そうすると、セイウンワンダーのほうが場合によっては有利、となるかもしれません。個人的には能力はロジユニのほうが上と見ているんですが……。

それに続くのがアントニオバローズ、アーリーロブスト、ナカヤマフェスタの3頭。この中で一番厳しそうなのはアントニオバローズで、前走負かしたダブルウェッジがアーリントンCを制したことは強気になれる材料ですが、そのアーリントンのレベル自体が相当疑問な内容で、一気にメンバーが強化される今回は簡単にはいかないのではないでしょうか。ナカヤマフェスタは能力は3頭の中で一番だと思いますが、鞍上が前走のようなレースをするととてもじゃないけど届きそうにありません。アーリーロブストは一番安定感がありそうですが、少頭数になると苦しそう。出来ればフルゲートでやりたいところでしょう。

朝日杯2着のフィフスペトルは難しいところ。陣営が言うように距離がどうか、が全てですが、キンカメの距離適正っていうのはまだ未知数なところがありますから…。ただスローの用意ドンになるようなら(少頭数になればその可能性はかなり高くなりますが)この馬の末脚は強烈。あとは皇成がどう乗るかでしょうね。

あとは重になったときのモエレエキスパートや前走東京で中々の勝ちっぷりだったベルベットロード辺りが怖いですが、なんだかんだで上位で穏当、という気がします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の阪神は

前が残ってますね。メインの阪急杯は強力な追い込み馬が揃っていますが、穴を開けるとしたら先行馬でしょうかね?ヤマニンエマイユやビービーガルダン辺りから一頭は粘りそうな予感です。ドラゴンファングはちょっと足りない感じがしますが、上手く立ち回れば、でしょうか。ただ豊がここ2週やや不振ですからねー。マイネルレーニアは斤量が苦しいですが、どうか。ローレルゲレイロはどこまで立て直しているかですね。でもやっぱり中心はファリダットだと思います。

中山記念は少頭数。こういうときは意外に素直な結果になる、という気がします、と思ったら何この単勝人気ふさげてるの。

とりあえずカンパニー中心で。スウィフトカレントは前走何気にキャプテンベガに先着。ようやく他馬と同斤で走れますし、一発あるならこの馬でしょうか。一点勝負ならアドマイヤフジ。手を広げてもエアシェイディに出来ればトウショウシロッコまで、という感じですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »