« 【動画で回顧】3年越しの頂点…高松宮記念 | トップページ | 一頭独裁…桜花賞予想 »

生存報告も兼ねて桜花賞展望もどき

まぁ1週間ちょい放置しただけではありますが、クラシック開幕前にこれはちょっと情けなくもあり。体調を崩していたこともありますが、もう少し頑張ってもよかったんじゃないのか、俺。ということでだいぶ回復したので桜花賞の展望をば。

◇ブエナビスタ独走はいいとして

とりあえず出走表
http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2009/09/02/06/10/denma.html

個人的にはチューリップ賞のレースレベルがあんまり高くないのが気になってはいたんですが、出馬表を見てみると今年は牝馬全体のレベルが?ななんですね。マイルで36秒台を切ったのが5頭とかどうなんでしょうか…。

こうなるとよっぽどヘマをしない限り ブエナビスタは負けないんではないのかなぁと思います。前走もサクラミモザにとって必勝の流れだったのにもかかわらず、最後は1馬身以上差をつけて勝っていますし、能力の違いは断然ですよねぇ。

そうなると問題は2番手以降、というなんのひねりもない予想の流れになるわけですが、今年の牝馬路線はブエナを除いて団子状態なのでここから先が本当に難しいということになります。

純粋な実力だけならダノンベルベールが抜け出しているとは思います。前走は敗れていますが、斤量1kg背負っていたわけだし、とにかくこの馬は阪神JFのレース振りがとってもよくて、例年なら女王になれているだけの馬だと思います。問題はごっちゃんがブエナビスタをどれだけ意識するかで、下手に意識をしすぎてしまうと他馬に足元を掬われる可能性も十分あります。まぁだからといって強気に乗りすぎても何かに差されそうではあるんですけども。何はともあれ全メンバーの中で一番難しい競馬を強いられるのはこの馬なんじゃないのかなぁと思っています。

先手はヴィーヴァヴォドカかサクラミモザがまた取りますかね。ただ鞍上がキッターということで、サクラミモザは派手な先行策は取らないような気もします。そうなると内枠を生かしてヴィーヴァヴォドカが逃げ、二番手にサクラミモザとなりますか。ヴィーヴァヴォドカは気持ちよくいければ能力は出せそうではあります。あとはジェルミナルがどうでるか。前走の結果から後ろからいってもどうにもならないことは祐一も分かっているでしょうから、ある程度前目にはつけるでしょうね。この馬の場合はやや外を引いたなぁというところが気になります。あとはショウナンカッサイも前走控えて大敗しているだけに、今回は先行しそうな気がします。

後ろから来る馬ではルージュバンブーとレッドディザイアの2頭。ルージュバンブーは前走ジェルミナル、ブロードストリートを封じ込んでいますからね。前走よりも流れる展開になると上位進出の可能性もあると思います。レッドディザイアはエルフィンS以来のレースという点をどう評価するか。能力的には相当なものだということは間違いないと思います、四位騎手は決め打ちしてくると怖いからなーということも考えています。

あとはワンカラットとアイアムカミノマゴ。ワンカラットはFレビューで勝ったことはもちろんですが、個人的にはそれよりもデイリー杯6着という成績をかなり評価していいポイントだと思っていて、実力的にはダノンベルベール辺りと差はないんじゃないかと感じています。ただ連対経験が1400までというのはちょっと気になるところ。カミノマゴは豊がどう乗りますかねぇ。前からいっても後ろからいっても一歩足りず、という馬ではあるので、来ても3着か4着くらいではないのかなぁと思いますが…。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

|

« 【動画で回顧】3年越しの頂点…高松宮記念 | トップページ | 一頭独裁…桜花賞予想 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/29060117

この記事へのトラックバック一覧です: 生存報告も兼ねて桜花賞展望もどき:

« 【動画で回顧】3年越しの頂点…高松宮記念 | トップページ | 一頭独裁…桜花賞予想 »