« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

【動画で回顧】Never Give Up ! …東京優駿

馬券も取れて、トータルプラスで、何よりもノリさんがダービージョッキーになってよかったよー。

'09 東京優駿 / ロジユニヴァース

ハロンタイム
12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.1 - 12.2 - 12.4 - 13.2 - 13.8 - 14.7 - 13.2 - 12.9 - 13.6

最速の上がりでもナカヤマフェスタの39.0ですから、いかにひどい馬場だったか分かるというもの。

第6レースから東京競馬場は物凄い雨。あっという間に馬場は不良に、ただでさえ先行馬場だった芝コースはより極端な先行馬場に。この時点でアンライバルドの2冠達成はかなり困難な状況だなぁと思うと同時に、代わりに皐月賞で惨敗した残りの2強に勝利の目が出てきた、という風に感じていました。

パドックではリーチザクラウンが妙に落ち着いていたのが印象的で、レース本番での折り合いに一抹の不安を感じつつも本命へ。対するロジユニヴァースはどこか覇気に欠ける印象でした。ただ、号令がかかってノリさんがまたがった後はキリッとした表情になったので、ある程度はやれるかなーという気にはなりました。というわけで、本線のリーチ-セイウン馬券とは別にロジ-リーチの馬連もちょろっとだけ購入。考えてみればこの2頭で37倍とかつき過ぎですよね。

レースはジョーカプチーノが引っ張る展開、ではなく、実質的にはリーチが主導権を握る形。豊にしてみれば理想的な流れになったわけで、この時点でリーチは上位にくるな、と思ってみていました。ロジユニヴァースはその直後、ゴールデンチケット、アントニオバローズ、マッハヴェロシティが続くのは大体予想通り。アンライバルドは中団から。岩田騎手としてはもう少し前へ、という気持ちもあったようですが、枠順的にもこの位置は仕方がないところがあると思います。

けやきを過ぎたところでジョーカプチーノはアラアラで、替わってリーチザクラウンが先頭に。この時点でもアンライバルドは未だ後方で、今日の馬場を考えればジ・エンド。優勝争いはリーチ、ロジ、アントニオにゴールデンチケットの4頭に絞り込まれた形になりましたが、内からロジユニヴァースが突き抜けてゴールに向けて邁進。200を超えたところでゴールデンチケットが脱落し、リーチとアントニオが激しい2着争いを繰り広げますが、最後は3強の意地でリーチが凌ぎきってゴール。そしてロジユニヴァースはその4馬身前で掲示板を駆け抜けていました。

ロジユニヴァースについては、雨が味方した部分は正直大きいと思います。ただ、やっぱり皐月賞のときにガレていた馬体が戻っていたこと、そして馬の気持ちが切れていなかったことは見逃してはいけないのかなと。この点については本当に厩舎スタッフの努力の賜物でしょう。皐月賞の大敗で心が折れなかった馬も偉いですが、スタッフも本当に偉いと思います。これから秋に向けて、ということになるでしょうが、極端な高速馬場は向かなそうではありますね。ただこれだけタフな馬場でもタレないのだから、菊ではとてもじゃないけど軽視できる馬ではないでしょう。長距離得意のノリさん鞍上というのも強みだと思います。

それにしてもノリさんの馬上での一礼は本当にいいシーンだなぁと。本人もいっているように、皐月の惨敗、中間での調子等から、確固たる自信を持って乗ることは出来なかったのだと思います。あの礼はそれでも信じ続けたファンに対する感謝と尊敬の気持ちからなんだろうなぁと思います。それと、もしかすると19年前、ひたすらに目白ライアンのことを「一番強い」と言い続けていた自分の姿もすこーし思い出していたのかなー、なんていうのは僕の勝手な想像です。あれから20年だもんなぁ。

2着のリーチザクラウンも、前走の大敗からよく立て直したな、という結果。パドックではかなり落ち着いて歩いていたし、馬場入りも一頭だけ先に入れ、スタート直後も内の馬に合わせないように合わせないように乗って、と本当に出来ることはすべてやったからこそのこの結果だと思います。ただそれだけにこの4馬身という結果は結構きついものがあるなーと。淀の3000で折り合えるか、という不安も完全に拭い去れたわけではありませんし、3強の中ではなんだかんだで一番きつい立場にあるんじゃないのかなーと思います。ただ皐月からダービーの間でこれだけ成長できるのだから、夏を経て馬が更に成長する可能性も十分あるでしょう。この馬についてはとにかく秋の初戦でどういう競馬が出来るか、ですね。

アントニオバローズはリーチを追い詰めての3着。プリンシパルではケイアイライジンの末脚に屈しましたが、本番の舞台で「フジキセキ、ジャングルポケット級」といい続けた角田騎手の言葉が正しかったことを証明して見せました。馬場さえよければもっと際どい勝負になっていたはずですよ。こちらもこの馬場で最後まで踏ん張ったようにスタミナがあることを証明して見せました。シンザン記念での勝ちがあるように、スピード競馬にも対応可能で、菊花賞では、父マンハッタンカフェとの親子制覇も十分考えられると思います。

4着はナカヤマフェスタ。皐月賞では先行馬で唯一粘り、今回は追い込み馬で唯一突っ込んできたわけで、ポテンシャルの高さはもう十分証明して見せたといっていいでしょう。あとは乗り方一つで十分逆転可能と見ますが、エビショー、どうにかならんもんかね。

5着のアプレザンレーヴはじりじりとは伸びていましたが、今日の馬場では流石にどうしようもないか。ただマッハヴェロシティ、トップカミングには先着していますし、力は出し切ったと思います。この馬の場合は未完成の部分もあるでしょうし、シンボリクリスエス産駒は成長力もあるでしょうから、秋以降に期待、という感じですかね。

アンライバルド、トライアンフマーチ、セイウンワンダーといった差し馬は全く出番なし。これはもう、馬場のせいとしかいいようがないと思います。今日の結果では東京コースがどうとか、距離が云々とかは言えないですよ。秋にまた再検討、ですね。アンライバルドなんかは明らかに京都向きだと思いますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にライバルはいない?…日本ダービー

取り急ぎ、予想だけでも。

◎セイウンワンダー
○アンライバルド
▲リーチザクラウン
△ジョーカプチーノ
×アイアンルック、トライアンフマーチ
注アントニオバローズ、ロジユニヴァース、ケイアイライジン
キルトクールはアプレザンレーヴ

週末の雨のせいか、差し馬が届きにくい馬場ではあると思います。もちろん明日になってメインまでにはある程度馬場が乾くことも考えられますが、先行馬有利の流れは先週から変わらず、という感じでいいんじゃないでしょうか。

にもかかわらず、本命は差し馬のセイウンワンダー。新潟2歳Sで見せたように、馬場不問で強力な末脚を繰り出せる馬。脚質的にも中山よりは東京でしょう。祐一&グラスの二日連続はかなーり厳しいような気もしますが、ここは期待してみたいと思います。

アンライバルドは対抗で。皐月賞で見せた一瞬の脚の速さはおそらくディープインパクトにも勝るとも劣らないものだと思います。それくらいに抜け出すときの速さはある馬。ただ、皐月賞ではそのあとトライアンフ、セイウンに詰め寄られるシーンがあったし、スプリングSでもレッドスパーダを離し切れなかった。もちろんレッドスパーダはNHKマイル2着の馬だし、トライアンフ、セイウンが強かったというのもあると思いますが、個人的にはあの勢いで着たなら突き放すだろう、という気もするわけで、その辺りの物足りなさが東京の長い坂の直線で果たして、という気持ちにさせてしまうのだと思います。これが京都の2400なら圧勝だと思いますが…。

リーチザクラウンについては何ともいえない、というしかありません。惨敗か、それとも…という感じですが、皐月でも本命にした馬だしね。ここでも▲くらいはつけておかないと、という感じです。

あとは未知の魅力を秘めたジョーカプチーノに、皐月賞2着馬トライアンフ、そして評価が急降下中のアイアンルック。特にアイアンルックはNHKマイルではまともに競馬をしていないでしょう。こまっきーが無欲で追い込みにかければ一発は十分にあると思います。注としては底を見せてないようにも思えるアントニオバローズにケイアイライジン、そしてロジユニヴァース。ロジについては正直苦しいと思いますが、このまま終わってほしくない、という気持ちもあります。

キルトクールはアプレザンレーヴ。マッハヴェロシティをものさしにすれば、ここでは足りないんじゃないでしょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【動画で回顧】そして彼女は世界へ…優駿牝馬

予想をサボり倒して申し訳ありませんでした。一応◎ブエナ○ディアジーナ▲ジェルミナルって感じで買ってました。結果は見事に取りガミ。

'09優駿牝馬 / ブエナビスタ

ハロンタイム
12.4 - 11.3 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 12.6 - 11.7 - 11.1 - 12.0

ヴィーヴァヴォドカと村田一誠が刻んだこのペースの美しさよ。

ブエナビスタの上がりは33.6。今日の馬場はそこまで高速馬場ではなかったわけで、事実内でじっくりと脚をため、最短コースで上がってきたレッドディザイアが34.2(メンバー中2位)であることを考えれば、ブエナビスタ一頭だけが全く違う競馬をしていた、とすらいえると思います。アンカツの乗り方もそういう感じで、展開度外視でとにかく自分の競馬に徹するという騎乗。唯一レッドディザイアという例年であれば確勝級の馬がいたために、最後はギリギリになりましたが、そうでなければジェルミナル以下を突き放す圧勝劇だったわけで、とにかく力が1枚も2枚も抜けているというしかありませんね(マツパクの「ダービーでも勝負になる」というコメントはやや吹きすぎだと思いますが)。これで桜、樫の2冠達成で凱旋門賞挑戦が現実味を帯びてきました。54.5kgで出れるというのは魅力ではありますが、現状ではまだまだ課題も多いでしょう。今日も3コーナーでペースが上がったときに一瞬置いていかれるところがありましたしね。

レッドディザイアは完璧な競馬でした。四位、完璧だったよ。頑張ったよ…。あれで勝てないとは一体何なんだ。なんというか深い絶望感を味わった瞬間でもありました。松永ミッキーも悔しいを通り越しているんだろうなと思います。こちらは次は秋、ということになりましょうが、最後の一冠はなんとしてももぎ取ってもらいたいものです。内回りの京都なら何とか勝機を見出せるんじゃないか、と信じたい。というかあまりにも今日の負けが可哀想で仕方がないので(本当に泣くところだった)、秋華賞はこの馬から買いますよ、と宣言しておきます。

ジェルミナルは流石オークス男、といった感じで祐一が外枠から上手く導いたとは思うのですが、それでも最後はやっぱり枠が仇になったという感じだと思います。もし内枠を引いていたらもっとスムーズにコーナーを回れていたはず。常に外外を回る羽目になってしまったのは痛かったですね。ただ上位2頭との3馬身という差は決定的な感もあります。この馬も器用なところがある馬なので乗り方次第では、と考えたいところですが、同じく器用なレッドディザイアに、そういったものを正面から突破してしまうブエナビスタが相手ですからねぇ。世代最上位であることは間違いないと思いますが、頂点に立つには相当上手く乗る+ブエナが大ポカやらかすという要素が揃わないことには…。

4着にはブロードストリート。新馬戦からその素質を高く評価されていた馬がここに来てその素質を開花させつつあるのかもしれません。忘れな草、スイートピーと短いスパンで使われてきた疲労もあっただろうに、これだけ走れたのは立派。同僚のジェルミナルには一歩及びませんでしたが、今後を期待させるには十分なレースだったと思います。

ディアジーナは5着まで。やはり今年のハイレベルな桜花賞組を崩すのは難しかったか、というところ。直線この馬も6着以下は突き放しているし、ホシーノとの差を考えれば力を出し切っているとは思いますが、上位とのレースっぷりの差を見ると、やはり桜花賞とフローラSでは力の差がかなりあったということでしょう。個人的にはブロードストリートには負けてほしくなかったところですが、掲示板組の中では、唯一33秒台の脚を使ったことがない、というところを見ても、最後は切れ味の差が出てしまったのだと思います。

あとはデリキットピースはまだまだ未完成の状態でこれだけ走れるならば、今後は相当期待していいと思います。ホシーノは体重が減り続けているし、まぁこんなもんでしょ、ということで。ヴィーヴァヴォドカはあのラップを刻んでこれなのだから、距離が長いということなのかもしれませんね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】唯我独尊…ヴィクトリアマイル

今週は簡略版です。日曜に書いていたらブラウザが落ちてやる気をなくした、とかいう事実はありません。多分。

'09ヴィクトリアマイル/ ウオッカ

ハロンタイム
12.2 - 10.8 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.2 - 10.8 - 11.8

ウオッカは最後の3Fを10.8-10.8-11.8で走っている計算かな?とにもかくにも一頭だけ次元が違ったとしか。内側でスムーズに乗れましたし、文句なしの快勝ですかね。タイムに関しては時計が出る馬場ではありましたが、向かい風も考慮すると大したものだ、というところだと思います。これで安田記念でも当然1番人気でしょうが、相手が相当強化されますし、今回の出来が良すぎたという面もありますので、油断大敵かなと。

ブラボーデイジーは生野騎手が冷静に乗ったことが好走の最大の要因でしょうか。ウオッカに並びかけられるところがあったにもかかわらず、自分の競馬に徹したところはすばらしかったと思います。他の馬でもこういう競馬が出来ればもっと勝つ機会も増えてくるのではないでしょうか。馬自身も前走とは違うコンディションで結果を出せたことは大きいと思います。ただその一方でスピード馬場であると同時に、向かい風が吹くなどパワーが問われるコンディションでもありましたから、その点は考慮するべきかもしれません。

ショウナンラノビアは流石先生という逃げでした。ゆったりしたペースで逃げさせれば先生の右に出るものはいませんかねー。最後ザレマに詰め寄られた辺りは1600下を勝ったばかりというキャリアが出たと思いますが、G1で馬券に絡んだのだから立派。今後はもっと厳しい競馬になったときにどうか、といった感じでしょうね。

ザレマ、ジョリーダンスは後方からの競馬を選択するも届かず。この辺りは展開上仕方ないともいえますか。この2頭、上がりに34秒かかっていますが、これをもってウオッカ以外のレベルが低かったと見るか、最後の直線が相当パワーが求められるコンディションにあったと見るかは難しいところです。ただ馬格が大きい馬が軒並み上位にきているところを考えると、後者の要因は決して小さくなかったんじゃないのかと思います。

リトルアマポーラ、カワカミプリンセスはどうにもならず。カワカミは瞬発力勝負な流れが向かなかったともいえますが、それ以上にピークを過ぎていると見たほうがいい気がします。ウオッカに負けたのはともかく、本来の力があれば他馬はどうにかできたはずです。陣営としては秋のエリ女で…と考えているでしょうが、この結果では強気になれませんよね。それに比べればまだアマポのほうが先に光を見出せるか。この馬の場合はウオッカを意識しすぎたことがマイナスだったと思います。ウオッカを見るのではなく、ウオッカに見られるくらいの位置がちょうど良かったんではないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃が痛いけどVM予想

パンデミックくるで(挨拶)

というか、仮に日本で大流行となった場合、競馬の開催も危ぶまれるわけで、笑い事ではないよなぁと思います。とりあえず間違いないのは、僕の胃が悪いのは豚さんのせいではないということだけですかね。

今週は適当で勘弁してください。というか胃が痛いけどこれから東京競馬場へいってきまっす。

◎ウオッカ
○ヤマニンメルベイユ
▲カワカミプリンセス
△ショウナンラノビア
×リトルアマポーラ、サワヤカプリンセス
注レジネッタ
キルトクールはムードインディゴ

とりあえずウオッカは負けたらあかんやろ、ということで。
ほかは展開がゆるくなることから先行馬は抑えておかなきゃダメでしょう、と考えてヤマニンメルベイユとショウナンラノビア。あとは総合力より瞬発力を問われると見てサワヤカプリンセスは注目したいところです。有力馬では2、3番人気も一応抑えます。どちらも自在性があるので、乗り方一つでしょうね。怖いのは桜花賞馬レジネッタ。もっと人気してもいいでしょ?

キルトクールはムードインディゴ。強力な末脚を持つ馬ですが上がり3Fの最速は34.4。スタミナ勝負になればとことんでしょうが、切れ味勝負と見ているので、ここでは苦しいと見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【動画で回顧】眠気を覚ます完勝劇…NHKマイルC

マンカフェ×フサコンとかたまらんなぁ。

'09NHKマイルC / ジョーカプチーノ

ハロンタイム
12.2 - 10.8 - 11.3 - 11.2 - 11.7 - 11.5 - 11.7 - 12.0

決して中盤で緩んでいるわけでもなく、最後のほうは流石に脚が上がり気味。ただ、道中本当に気分よく行けただけに、それが最後の伸びにつながったんでしょうね。というか有力馬が後方で牽制、というよくあるパターンではありました。

ジョーカプチーノについては、僕がどうこう言うよりこの馬を本命にしたひろく~んの予想記事を見てもらったほうがいいと思います。ファルコンSを勝っていることでスプリンターというイメージが強くなってしまった感がありましたが(NZTでサンカルロにサクっと負けたこともそれを助長させた)、そんなことはなかったんだよーと。加えて、NZTの時は馬が少しだけかかり気味だったんですよね。それに比べて今回はペースも合っていたのか、本当に気持ちよく走っていました。コースの状態が良かったとはいえ、キンカメを破るレコードも立派。先週に引き続き伏兵馬が本当に強い競馬をしたレースでした。ちなみにマンカフェ産駒はこれが初G1。マイル戦で取るとは初仔デビュー当時は誰も思わなかったろうなぁ。藤岡弟もこれが初G1でこちらもおめっとさんでした。

2着のレッドスパーダは見事な伝統芸。道中は後方集団の先頭でじっくり乗る形。おそらく前2頭は止まると踏んでのことでしょうが、結果的にはジョーカプチーノを捉え切れませんでした。ただ、最後脚色が同じになっているのを見ると、あそこで追いかけたとしてこの馬が勝ちきれたか、という点はやや疑問で、この結果はいたし方ないのかなぁと思います。

3着はこれまた先行したグランプリエンゼル。1200でしか勝ち星が無かったこの馬がこれだけ走るとはなぁという感じ。というか去年ダノンゴーゴーと似たようなケースですよね。安田記念なんかではこの傾向からガラッと変わって1800以上の成績が求められるのですが、NHKマイルではなぜか1200までしか実績が無くても勝負になってしまうという。もちろん去年と今年では展開が違うのでなんともいえませんが、これはNHKマイル特有の傾向なのかもしれません。

4着はマイネルエルフ。松岡騎手らしいといえばそうですが、思ったよりじっくり乗ったなぁという感じ。この馬とミッキーパンプキンがもう少し前に行くと踏んでいただけに(岩田は出遅れましたが)、少々意外&拍子抜け。もちろん結果としてはフィフスペトルを競り落としているので悪い乗り方ではないのでしょうが、もう少し積極的にいっても良かったんじゃないのかなぁと思います。アーリントンCやコスモス賞ではその乗り方で結果を残しているわけですしね。

フィフスペトルは5着まで。スプリングSでの走りがイマイチ気に入らず、◎の予定を一個下げて○にしていたわけですが、まさかマイネルエルフに突き放されるとは思ってもみませんでした。マイルまでなら、といわれていましたが去年の函館の勝ちっぷりを見るとスプリントくらいが実はちょうどいいんじゃないか、と思ってしまいます。あとは東京のような長い直線よりも一瞬の脚を生かせる中山辺りが向いているのかもしれませんね。

ワンカラットは直線最速で上がるも6着まで。入り口で最後方ですから、今日の展開ではどうにもなりませんね。藤岡兄としては結構悔しい敗戦かもしれません。ただ能力のあるところは見せたので、この後も相当楽しみだと思います。京都の2000なら何とか頑張れそうだけどなぁ。

アイアンルックはサンカルロに寄られたのもありますが、それが無くても届かずではないでしょうか。追い込み一手なのでどうしても展開に左右されてしまいますよねぇ。展開を跳ね除けるだけの力はないと思うので、これからも買い所はしっかり見極めないといけませんね。

ブレイクランアウトは大外が響いたのもありますが、ちょっと情けないレース振り。休み明けが響いたのもあるでしょうが、これではダービーで上位に入るのは簡単ではないと思います。ただ内枠取れるようならヒモで考えてもいいのかな。

サンカルロについてはため息のみ。前走のような競馬をすれば良かったのに、なぜ大外に…。加えて進路妨害で降着しているようではなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダービーへの道は開かれん…NHKマイルC

まだ迷っているのですが(いつものこと)、とりあえず。

◎サンカルロ
○フィフスペトル
▲ブレイクランアウト
△ミッキーパンプキン、アイアンルック
×ティアップゴールド、ワンカラット
注マイネルエルフ、レッドスパーダ

上位人気の中では3、4番人気馬が一番安定している気はします。ブレイクランアウトは大外引いた分割引。アイアンルックは毎日杯をどこまで評価するか。切れ味は最上級ですが、切れ味だけでどうにかなるレースではないとも思うのですよ。まぁ勝つならあっさり、という風になるでしょうが。澱みのない流れになれば、ミッキーパンプキンは浮上してもいいはず。この馬切れはしないが、バテもしないでしょう。あとは桜花賞でいい脚を見せたワンカラット、不利を受けつつ2着にまできたティアップゴールドに加えて一応マイネルエルフも。レッドスパーダは熱発の影響がどれだけあるかですねぇ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【動画で予想】NHKマイルC枠順確定&トライアル動画集

http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2009/05/02/06/11/denma.html

またまた8枠に有力馬。JRAの陰謀ですよ、これは(笑)

'09共同新聞杯 / ブレイクランアウト

朝日杯と比べてはるかに成長した姿を見せたレース。まぁ朝日杯での豊がひどすぎたというのもありますが…。ここでは打って変わって最内でロス無く回って抜け出すという模範的な騎乗。相手もトーセンジョーダン、トップカミング、マッハヴェロシティにシェーンヴァルトと中々のメンバーですから素直に強さを信じていいと思います。ただ本番がこのときにような上がりの競馬にはならないだろうことと、大外を引いてしまったことは考慮しなければいけませんね。予想の上でやっぱり一番悩ましいのはこの馬というわけで…。

'09毎日杯 / アイアンルック

アプレザンレーヴが青葉賞を完勝したことで確実に評価を上げているレース。毎日杯とNHKマイルの相性のよさもあり、当日は相当人気しそうではあります。でもディープスカイやキングカメハメハ、クロフネ辺りとの差は明らかだし、どこまで信を置いていいものか、という気もします。それでもアーリントンCよりは馬自身が成長していることは明らかですし、軽視をするわけにはいかないか、というところでしょうか。ミッキーパンプキンはどう走ってもちょっと足りないという馬。中々の枠を引いただけに岩田騎手がどう乗るか、でしょうね。

'09ニュージーランドトロフィー / サンカルロ

サンカルロがモノの違いを見せ付けたレース。中山に移って以降NZT勝ち馬がNHKマイルで馬券になったのはエイシンツルギザンのみ。コース形態の違いなどの理由もありますが、ここまでトライアル勝ち馬が苦戦するG1も珍しいですよね。ただ今年のサンカルロは東京コース、1800mでもまずまずの実績のある馬。能力を出せればジンクスを破っても不思議ではありませんね。

'09ファルコンS / ジョーカプチーノ

去年はダノンゴーゴーが本番で馬券になりましたが今年はどうか。NZTで距離にある程度の目処がついたともいえますが、サンカルロに決定的な差をつけられている上に、東京マイルは1600以上の適正が求められる、という点を考慮するとあまり高い評価はできないかも。ファルコンSのように控えてもいける馬ですが、枠が枠だけにある程度先行するでしょうね。

'09マーガレットS / ラインブラッド

先頭に立ってからは遊んでいる感じですかね。何にしろ、着差以上に強い勝ち方ではあったと思います。ただ東スポ杯、ビオラ賞で距離の限界をはっきり露呈している辺りはマイナス材料でしょう。

'09スプリングS / アンライバルド(2着:レッドスパーダ、3着:フィフスペトル)

最後にこのレース。どう見てもレッドスパーダの勝ちパターンですが、皐月賞馬強えなぁ(笑)。レッドスパーダはこのレース後に熱発したのが気になるところ。ノリさんも最近やや調子を落とし気味ですしね。フィフスペトルは能力的にはこの中でもトップ3に入ることは間違いないと思います。マイルもいいし、経験もあるし、戦績だけ見れば勝利に一番近いと思うんですけどねぇ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】マイネル軍団に春…天皇賞(春)

中長距離で初のG1ですよ。

'09天皇賞(春) / マイネルキッツ

ハロンタイム
13.3 - 11.7 - 11.4 - 12.2 - 11.6 - 11.9 - 11.9 - 13.0 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 11.3 - 12.0

向こう上面に行くまで、先頭が目まぐるしく変わる展開。そして、何よりも2番手集団が前のペースに付き合ってしまったことが、全体のペースを押し上げた原因だと思います。その2番手集団を主導していたのがスクリーンヒーローにアサクサキングス。阪神大賞典の疲れがあったことも事実だと思いますが、大敗の理由はそれだけではないと思います。

さて、波乱の主役となったマイネルキッツですが、12番人気ということを忘れてこの馬だけに注目してみると、実に強い競馬をしているなぁと思います。道中は流れに上手く乗って最内を進みます。内枠ということもあって、上手くこの位置がとれたことはもちろん勝因の一つだと思いますよ。鞍上の松岡騎手の手もピクリとも動かず、折り合いがスムーズについていることが分かります。3コーナー手前でアサクサ、スクリーンが動いたときにこの馬も追いかけますが、そこでも無理にではなくスーッと上がっていき、4コーナー手前では松岡騎手が抑えきれないというくらいの手ごたえ。最後は最内空いたところを突いて抜け出し、アルナスラインの猛追を凌ぎぎるわけですが、これはもう完勝、という競馬。グレード制導入後、初重賞が天皇賞という馬はギャロップダイナを除いては一頭もおらず、春天ではこれが初。人によってはフロックと見る人もいるでしょうが、僕はそうは思いません。むしろ長距離レースでこの馬の素質が開花したと見るべきでしょう。この後の宝塚も本当に楽しみになりました。

アルナスラインは届かずの2着。ペースが早くなり底力が問われるレースになったことでやっぱり浮上してきました。日経賞とは逆の結果になってしまったのは位置取り及び展開の差、そして器用さの差だと思います。エビちゃんも上手く外に出せましたが、アサクサが早めに脱落してしまったのもあり、前を捉えきれませんでした。宝塚でのリベンジが期待されますが、今回と同じような展開になるかどうかが鍵でしょう。少しでも切れ味が試されるような展開になると苦しいと思います。

ドリームジャーニーはナンテコッタイドンガバチョ(/´△`\)。いや、この馬本当にパワーアップしたんだなぁとつくづく思います。道中も折り合いがついていましたし、最後も本当にしぶとく伸びてきました。ただ上位2頭とはやっぱり適正の差かなぁ、という気がします。ステイヤーだった、というよりは能力の高さでこなして見せた、というほうが正しいと思います。というか、宝塚ではディープスカイとの2強、もしくはマイネルを含めた3強扱いでもいいんじゃないですかね?というくらいの走りでした。

4着はサンライズマックス。2200までしか走ったことが無い馬がここで大劇走。この馬が来てたら馬券はもっと大変なことになっていたわけですが、ステゴの代表産駒としての意地をドリジャが見せた格好ですね(笑)。血統的には母父にダンシングブレーヴを持っていて、こなせないことはない、という感じでしたが、実際走られると、血統って大事だよなぁと思ってしまいますよね。

ジャガーメイルは最後方から狙いましたが5着まで。休み明けでこれだけこなせれば十分だと思います。ただ休み明けにしてはハードなレースになってしまったことは気がかりといえば気がかり。まぁ最後の方しか競馬をしてないっちゃあないんですが。

アサクサキングスは9着まで。阪神大賞典の疲れ、といわれていますが、それだけではないと思います。というか厳しいペースにもかかわらず、道中で動いたりしたことはマイナスだったんじゃないでしょうか。一番人気という重圧もあったでしょうし、四位騎手としては阪神大賞典で結果を出した乗り方だし、ということもあったんでしょうが、あそこはもう少しじっくり構えてもよかった気がします。一旦落ち着いたペースが、あそこで動いたことによってまた上がる結果となり、それが最後の伸びを欠く結果になったんじゃないでしょうか。上位組でも楽に追走して見せたマイネルキッツとただでさえズブいところのあるアルナスを別にすれば、下り坂の途中まではまだ中団より後ろにいる馬しかいないわけで、結局あそこがこのレースの分岐点になったんじゃないのかなぁと思っています。スクリーンヒーローも結局その流れに巻き込まれる形で脱落。こちらのほうはそもそもの距離適正が?だったのかもしれませんが。最後にモンテクリスエスに触れるならば、まぁダイヤモンドSってこういうもんだよな、ということで。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Kダービーも春天も大荒れ

Kダービーは17番人気、春天は12番人気。

とはいうものの。春天の回顧は後でちゃんとやりますが、これは結構ハイレベルな内容ですよ。前が目まぐるしく入れ替わり、追走するほうにも非常に負担がかかったレース。総合力でいえばアルナスラインは浮上する、とは書きましたが、その上にマイネルキッツがくるとはなぁ。アサクサは一番人気の重責か、それとも焦りがあったのか。加えてあれだけ道中が忙しい展開になると枠の不利が響いてきますよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇賞馬は菊花賞から…天皇賞(春)

オウケンが回避してしまったのはアレでしたが、一昨年の勝ち馬がこれほど順調ならば。

◎アサクサキングス
○モンテクリスエス
▲ヒカルカザブエ
△スクリーンヒーロー
×ジャガーメイル
注デルタブルース、ゼンノグッドウッド、トウカイトリック
キルトクールはドリームジャーニー

今年に入ってのアサクサキングスは明らかに昨年よりもパワーアップしていると思います。厩舎側のコメントによると、今年になってから厳しめの調教が出来るようになってきたということですが、馬体重が508kgと有馬よりも10kg以上増えている辺りがその言葉を裏付けていると思います。後は四位騎手が強気に乗れるかどうか。ただ、ゴール前で何かに差されるような気はしてるんですよねぇ。三連複の頭が妥当では。

二番手はモンテクリスエスですが…、現時点では保留の○。この馬の場合とはとにかく馬体重につきます。調教後の馬体重が増えすぎているだけに、絞りきれていないようなら評価は下げないといけないでしょう。とはいえ鞍上は平成の盾男。今日の朱雀Sも完璧な乗り方でしたし、庭ともいえる京都では印をつけないわけにはいかないでしょう…。正直馬の力はアサクサ辺りと比べると一枚落ちると思いますが、乗り方一つで十分浮上可能と見ます。

三番手はヒカルカザブエにしました。前走はアサクサに完敗の内容ではありますが、先行できれば安定した結果が出せる馬。今回も先行するのにそこまで苦労するとは思えませんし、粘ってくれることを期待します。

あとは前走度外視のスクリーンヒーロー。鞍上もノリさんですし、下手な乗り方はしないでしょう。思い切って最後方とかやりそうでもありますが…。あとは休み明けですが力のあるジャガーメイルも。注ということでは復活の兆しがあるデルタブルース(岩田が戻ってきた!)に長距離砲のトウカイトリック、追い込みのゼンノグッドウッドまで。

アルナスラインは現在保留中。この馬の取捨選択には本当に迷う…。これという決め手、強みがない一方で総合力の高さはメンバー中でもトップクラスなんですがねぇ。消耗戦になるかどうか。ホクトスルタンは調教でのフォームがちょっとばらばらに見えました。ここでは様子見で。

キルトクールはドリームジャーニー。スローの瞬発力勝負にはならないでしょうし、ここではやや苦しいか。宝塚では絶対買います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20馬身差と聞いて

'09Kentucky Oaks / Rachel Alexandra

7頭立てはさびしいな。

1分48秒台は時計としてもかなり優秀。つべの米欄ではZenyattaよりも強いなんてのもありますが……どうですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇賞枠順確定&ステップレース動画集

http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2009/08/03/04/10/denma.html

ま た 8 枠 か 。

外枠だからといって大きな不利はないと思いますが、それでも8枠は好ましい枠ではないですよね。まぁアサクサ辺りからしてみれば、プリキュアやスルタンが外枠に回るよりは自分が外のほうがいいのかも。

阪神大賞典はこちらの過去記事をどうぞ。

'09ダイヤモンドS / モンテクリスエス

モンテクリスエスが53kgで快勝したレース。その後56kgで日経賞を好走しているので、上位との力の差はそこまで気にしなくていいのかもしれません。鞍上に豊を迎えて穴っぽい匂いがプンプン。長距離レースではやっぱりこの人は外せませんからねぇ。ただ血統的には長距離砲というイメージはなし。そこそこペースが流れそうな今回、58kgを背負ってどうか。ダイヤモンドSと春天の相性の悪さもありますし。

'09日経賞 / アルナスライン

ようやく、ようやく重賞に届いたアルナスライン。まさかエビとのコンビで達成とは思っても見ませんでしたが。京都での実績もあり、一叩きしての上積みも見込めそうです。マイネルキッツは大健闘の2着だと思います。決して弱い馬だとは思いませんが(結構追いかけている馬ですし)、この馬がいきなり連に絡んでしまえるほど、春天は甘いのか、というと、まだそこまで落ちてはいないよなぁという気がします。

'09産経大阪杯 / ドリームジャーニー

1.6倍を食ったことは評価できるとしても、春天使うのかーと。今年はなんだかんだでステイヤーのレースになると思うので、この馬の出番はないんじゃないのかなぁと思っています。長距離をこなすには切れすぎるんじゃないのかと。ここで大負けして人気を落とした後に、宝塚で全力買いというのが正しいんじゃないでしょうか。馬体重とかを見ても、パワーアップしていることは間違いないんですが…。よっぽど状態がよければ紐で。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »