« 【動画で回顧】唯我独尊…ヴィクトリアマイル | トップページ | 本当にライバルはいない?…日本ダービー »

【動画で回顧】そして彼女は世界へ…優駿牝馬

予想をサボり倒して申し訳ありませんでした。一応◎ブエナ○ディアジーナ▲ジェルミナルって感じで買ってました。結果は見事に取りガミ。

'09優駿牝馬 / ブエナビスタ

ハロンタイム
12.4 - 11.3 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 12.6 - 11.7 - 11.1 - 12.0

ヴィーヴァヴォドカと村田一誠が刻んだこのペースの美しさよ。

ブエナビスタの上がりは33.6。今日の馬場はそこまで高速馬場ではなかったわけで、事実内でじっくりと脚をため、最短コースで上がってきたレッドディザイアが34.2(メンバー中2位)であることを考えれば、ブエナビスタ一頭だけが全く違う競馬をしていた、とすらいえると思います。アンカツの乗り方もそういう感じで、展開度外視でとにかく自分の競馬に徹するという騎乗。唯一レッドディザイアという例年であれば確勝級の馬がいたために、最後はギリギリになりましたが、そうでなければジェルミナル以下を突き放す圧勝劇だったわけで、とにかく力が1枚も2枚も抜けているというしかありませんね(マツパクの「ダービーでも勝負になる」というコメントはやや吹きすぎだと思いますが)。これで桜、樫の2冠達成で凱旋門賞挑戦が現実味を帯びてきました。54.5kgで出れるというのは魅力ではありますが、現状ではまだまだ課題も多いでしょう。今日も3コーナーでペースが上がったときに一瞬置いていかれるところがありましたしね。

レッドディザイアは完璧な競馬でした。四位、完璧だったよ。頑張ったよ…。あれで勝てないとは一体何なんだ。なんというか深い絶望感を味わった瞬間でもありました。松永ミッキーも悔しいを通り越しているんだろうなと思います。こちらは次は秋、ということになりましょうが、最後の一冠はなんとしてももぎ取ってもらいたいものです。内回りの京都なら何とか勝機を見出せるんじゃないか、と信じたい。というかあまりにも今日の負けが可哀想で仕方がないので(本当に泣くところだった)、秋華賞はこの馬から買いますよ、と宣言しておきます。

ジェルミナルは流石オークス男、といった感じで祐一が外枠から上手く導いたとは思うのですが、それでも最後はやっぱり枠が仇になったという感じだと思います。もし内枠を引いていたらもっとスムーズにコーナーを回れていたはず。常に外外を回る羽目になってしまったのは痛かったですね。ただ上位2頭との3馬身という差は決定的な感もあります。この馬も器用なところがある馬なので乗り方次第では、と考えたいところですが、同じく器用なレッドディザイアに、そういったものを正面から突破してしまうブエナビスタが相手ですからねぇ。世代最上位であることは間違いないと思いますが、頂点に立つには相当上手く乗る+ブエナが大ポカやらかすという要素が揃わないことには…。

4着にはブロードストリート。新馬戦からその素質を高く評価されていた馬がここに来てその素質を開花させつつあるのかもしれません。忘れな草、スイートピーと短いスパンで使われてきた疲労もあっただろうに、これだけ走れたのは立派。同僚のジェルミナルには一歩及びませんでしたが、今後を期待させるには十分なレースだったと思います。

ディアジーナは5着まで。やはり今年のハイレベルな桜花賞組を崩すのは難しかったか、というところ。直線この馬も6着以下は突き放しているし、ホシーノとの差を考えれば力を出し切っているとは思いますが、上位とのレースっぷりの差を見ると、やはり桜花賞とフローラSでは力の差がかなりあったということでしょう。個人的にはブロードストリートには負けてほしくなかったところですが、掲示板組の中では、唯一33秒台の脚を使ったことがない、というところを見ても、最後は切れ味の差が出てしまったのだと思います。

あとはデリキットピースはまだまだ未完成の状態でこれだけ走れるならば、今後は相当期待していいと思います。ホシーノは体重が減り続けているし、まぁこんなもんでしょ、ということで。ヴィーヴァヴォドカはあのラップを刻んでこれなのだから、距離が長いということなのかもしれませんね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

|

« 【動画で回顧】唯我独尊…ヴィクトリアマイル | トップページ | 本当にライバルはいない?…日本ダービー »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/29779191

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】そして彼女は世界へ…優駿牝馬:

« 【動画で回顧】唯我独尊…ヴィクトリアマイル | トップページ | 本当にライバルはいない?…日本ダービー »