« 20馬身差と聞いて | トップページ | Kダービーも春天も大荒れ »

天皇賞馬は菊花賞から…天皇賞(春)

オウケンが回避してしまったのはアレでしたが、一昨年の勝ち馬がこれほど順調ならば。

◎アサクサキングス
○モンテクリスエス
▲ヒカルカザブエ
△スクリーンヒーロー
×ジャガーメイル
注デルタブルース、ゼンノグッドウッド、トウカイトリック
キルトクールはドリームジャーニー

今年に入ってのアサクサキングスは明らかに昨年よりもパワーアップしていると思います。厩舎側のコメントによると、今年になってから厳しめの調教が出来るようになってきたということですが、馬体重が508kgと有馬よりも10kg以上増えている辺りがその言葉を裏付けていると思います。後は四位騎手が強気に乗れるかどうか。ただ、ゴール前で何かに差されるような気はしてるんですよねぇ。三連複の頭が妥当では。

二番手はモンテクリスエスですが…、現時点では保留の○。この馬の場合とはとにかく馬体重につきます。調教後の馬体重が増えすぎているだけに、絞りきれていないようなら評価は下げないといけないでしょう。とはいえ鞍上は平成の盾男。今日の朱雀Sも完璧な乗り方でしたし、庭ともいえる京都では印をつけないわけにはいかないでしょう…。正直馬の力はアサクサ辺りと比べると一枚落ちると思いますが、乗り方一つで十分浮上可能と見ます。

三番手はヒカルカザブエにしました。前走はアサクサに完敗の内容ではありますが、先行できれば安定した結果が出せる馬。今回も先行するのにそこまで苦労するとは思えませんし、粘ってくれることを期待します。

あとは前走度外視のスクリーンヒーロー。鞍上もノリさんですし、下手な乗り方はしないでしょう。思い切って最後方とかやりそうでもありますが…。あとは休み明けですが力のあるジャガーメイルも。注ということでは復活の兆しがあるデルタブルース(岩田が戻ってきた!)に長距離砲のトウカイトリック、追い込みのゼンノグッドウッドまで。

アルナスラインは現在保留中。この馬の取捨選択には本当に迷う…。これという決め手、強みがない一方で総合力の高さはメンバー中でもトップクラスなんですがねぇ。消耗戦になるかどうか。ホクトスルタンは調教でのフォームがちょっとばらばらに見えました。ここでは様子見で。

キルトクールはドリームジャーニー。スローの瞬発力勝負にはならないでしょうし、ここではやや苦しいか。宝塚では絶対買います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

|

« 20馬身差と聞いて | トップページ | Kダービーも春天も大荒れ »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/29407348

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞馬は菊花賞から…天皇賞(春):

« 20馬身差と聞いて | トップページ | Kダービーも春天も大荒れ »