« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

【動画で回顧】父の夢も掴んだ勝利…宝塚記念

国内古馬G1制覇はまさにこの親子の夢だったんじゃないでしょうか?
というわけで久方ぶりの動画で回顧ー。

'09宝塚記念 / ドリームジャーニー

ハロンタイム
12.6 - 10.9 - 11.2 - 12.2 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 12.1 - 11.5 - 11.7 - 12.0

バルク先生は結構いいペースで逃げてたんですね。実質的にペースを握っていたのはノリ=スクリーンヒーロー。

有力馬はサクラ→プスカ→アルナス→ドリジャ、という感じ。アルナスはもう少し前に行きたかったんでしょうが、判馬身ほどスタートで遅れたのがやや響いて中団からの競馬に、エビ…。サクラメガワンダーは思ったより前に行きました。祐一もこの辺は多少意識していたのかもしれませんね。スタートが良かったのもありますが、無理に抑えもせず、という感じでした。ディープスカイは出たなりという感じ。ドリジャは最初からプスカマーク。

ドリームジャーニーは道中の折り合いもほぼいうことなし。ディープスカイが動いたら動くと決めての乗り方で、こうなると騎手心理としてもやることが単純な分楽に乗れるということなんでしょうね。3・4コーナーでの脚はちょっと他馬とは違っていて、この時点で連対確実という状況。ディープスカイが苦しんでいるのを尻目にサクラメガワンダーもあっという間に捉えての完勝劇。2歳チャンピオンが国内G1を勝つのはアドマイヤドン以来。芝に限ればアドマイヤコジーン以来ということで、中長距離での記録ということも考えればこれは快挙といっていいでしょう。天皇賞で3着に入って見せたように、今年になってから(正確には去年の有馬から?)馬が本当の意味で本格化したんだと思います。秋は天皇賞から香港という予定の模様。左回りではいい馬ではない上に、ウオッカというとてつもない壁が出てくるレースですし、香港Cも強力なライバルが集まるレースですから、簡単にはいかないでしょうが、十分な期待を持たせるだけのレースではあったと思います。

サクラメガワンダーは正攻法の競馬で2着なのですから、十分な結果を出したと思います。直線でもしっかり伸びていて、結果としてもプスカ、スクリーンヒーローを押さえ込んでいるのですから、ドリームジャーニーがそれ以上に強かった、というだけのことでしょう。この馬も去年の天皇賞を経てから、鳴尾記念、京都記念、そして金鯱賞と確実にステップアップをしてきていました。ただ欲を言えば、ドリームジャーニーのように、本当の一線級と競馬が出来ていればなぁという気はします。この馬もG1の中ではこのレースがベストの舞台だけに勝ちたかったところでしょうが…。

ディープスカイはスタート直後の直線でややかかり気味のところはあったと思います。思いますが…。やっぱり古馬相手に一度も勝利がない、という事実は重いですよね。今回も結局最初から最後までサクラメガワンダーの前に立つことが出来なかった上に、大阪杯では差し返す場面もあったドリームジャーニーに、約2馬身という決定的な差をつけられてしまいました。個人的には一番人気ということもあるとは思いますが、去年の秋口からはどこかレース振りに思い切りのよさが欠けるところがあるのが気になるところです。前目で競馬をすればリスクは減りますが、その分この馬の持ち味である切れが減殺されてしまうわけで。
また馬体重を見ても、ここ最近の調整は果たして上手くいっているのか、という疑問も生じます。前回は過去に敗れているウオッカお相手に「叩き台宣言」をしていまし、今回はそこから-8kgと急激に馬体重を落としてきています。もちろん適正体重に戻ったという面もありますが、これだけ馬体重が不安定になると、決して馬にとってはいい影響は与えないのではないでしょうか。なんというか、陣営に「慢心」にも似た感情があるのではないのかな、と思ってしまいます。ここまで敗戦続きなのですから、チャンピオンという立場ではなく、挑戦者という立場に戻ってレースに臨むという気持ちが必要なのではないかと思います。秋にはウオッカという自分を超えるチャンピオンが待っているわけですし、気持ちを切り替えるいい機会なんですから。

カンパニーは4着。この馬らしいといえばらしいですよね(笑) 安田記念とは違い積極的な競馬を試みての4着。スクリーンヒーローを負かしたのだからたいしたものです。ただ、G1ではどうしても壁があるというのは、もうしょうがないのかな、という気もします。よっぽど上手くことが運ばないと勝ちきるのは難しいでしょうね。

スクリーンヒーローはノリさんらしい奇策でしたが5着まで。ただドリジャとはコンマ5秒、サクラとはコンマ2秒なのですから、力の差はほとんどないといっていいでしょう。連に絡めないレースが続いていますが、未だ大きく評価を下げるべきではないと思います。秋、東京に戻ってどれだけ巻き返せるか。

アルナスラインはスタート直後の位置取りが全てでしょう。本当ならサクラメガワンダーがした競馬をこの馬がしなければならなかったと思います。最後の直線でプスカに寄られた結果前が詰まりますが、あの位置取りでこの馬がプスカよりも切れる脚を使える可能性はほとんどないわけですから、プスカと同じ位置から追い出す形になった時点でジ・エンドだったんじゃないでしょうか。

マイネルキッツももう少し前にいきたかった一頭。切れよりもスタミナというのは春天で証明済みですからね。次にG1で狙うとするなら有馬記念ということになるんじゃないでしょうか。JCというイメージではないなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しーい!しーい!

2着くらい確保しろよ!おい!


ともあれ、予想大会での3着は確定したかな(愛ダービーについてはSea the StarsがスクラッチしたならFame and Gloryでしょう)?なんかナイスネイチャぽいですが(笑)、2期連続表彰台なんて経験は滅多に出来ないでしょうからね、今夜は祝杯ですよ。というかむしろ身分不相応な感じもしますが…。

それにしても池添騎手は道中含め完璧に乗れていましたね。ドリジャ共々オメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚確定版

◎ドリームジャーニー
○ディープスカイ
▲アルナスライン
△サクラメガワンダー
×インティライミ
キルトクールはスマートギア

こんな感じでいきましょう。スクリーンヒーローはちょっと減りすぎかなぁと思います。

とりあえず1着ドリジャ、二着プスカの三連単から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらっと宝塚

◎ドリームジャーニー
○ディープスカイ
▲アルナスライン
△スクリーンヒーロー
×サクラメガワンダー
注アドマイヤフジ、マイネルキッツ

ドリジャ、ディープスカイの二頭が抜けていて、あとは団子という見方。

3番手以下の評価としては上の通り。サクラメガワンダーの金鯱賞は強かったと思いますが、相手面子を考えるとそこまで評価していいのかな、という気もします。それならば前走落鉄のアルナス、良馬場・適距離に戻ったスクリーンヒーローのほうが面白いんじゃないでしょうか。後はこちらも距離が戻っていいアドマイヤフジと先行できるマイネルキッツ。先行有利な馬場を考えればインティライミまでにらんでもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アグネスタキオンを悼む

たった4戦しかないアグネスタキオンの競馬人生のうち、一番強烈な印象として残っているのは、伝説ともいわれるラジ短でも、最初で最後のG1制覇となった皐月賞でもなく、新馬戦です。

一番人気はアンライバルドの兄であるボーンキング。2着に入ったのは後に富士Sを制するメイショウラムセス。決して弱いとはいえない、むしろ強力ともいえるこの面子を相手に圧倒的な強さを見せ付けたのがアグネスタキオンでした。あっという間に後続を置き去りにした脚。新馬戦でこれだけのパフォーマンスをしてみせる馬は今だって決して多くはありません。それを後の重賞勝ち馬2頭を相手にやってのけたのだから、その驚きといったらありませんでした。
そしてご存知の通りこの後ラジ短でジャングルポケット、クロフネと最初で最後の三強対決となるわけですが、実績もあってかタキオンは3番人気。ただあの新馬戦を見ていた僕は、タキオンが圧倒的だろうと思ってみていました。結果はご存知の通り。

このレースは間違いなくタキオンのベストパフォーマンスでしょう。パフォーマンス順でいうなら個人的にはこの次に新馬戦、その後に弥生賞、皐月賞という順でしょうか。脚部不安が主な原因でしょうが、3歳時の2レースというはこの馬の本当の走りではなかったように思います(特に皐月賞は)。そしてそれでいて、ジャングルポケット、ダンツフレームといったところを寄せ付けなかったのですから、この馬の強さは底知れないものがありましたね。たった4戦ですが、この馬並みのパフォーマンスを見せた馬は、この後ではディープインパクトくらいでしょう。

種牡馬になっても、現時点で既にダイワスカーレット、ディープスカイを出してこの馬の持つポテンシャルが本当に高い次元にあったことを証明してみせました。それだけに、11歳という若さでこの世を去ってしまったことは本当に惜しいといわざるを得ません。SS系ではマンカフェ、フジキセキ、スペシャル、ネオユニヴァース、そしてディープやハーツといった強力なライバルがいますが、タキオンはその中でも最上位の結果を残せるだけのものをもっていましたから。

そして何よりも、もっと長生きさせてあげたかったですね。引退直後に一度だけ社台ファームで会うことが出来ましたが、そのときタキオンは静かな牧場で、無心で牧草を食べ続けていました。現役時代をあっという間に駆け抜けただけに、引退後はあののどかな自然の中で、もう少しのんびりと牧草を食べながら過ごさせてあげたかった、とそれが残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アグネスタキオン

死亡の報が。公式情報はまだですが、ネット界では一部の関係者から肯定する情報も出てきていることもあり、ほぼ間違いない、というのが大半の認識でしょうか。

三沢さんの死から2週間も立たないうちにタキオンとは。本当なら冗談きつすぎるわ。ちょっとショックが大きいです。いや、本当に勘弁してくれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

枠の3-6

三沢の3と、緑の6枠。追悼の意味を込めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】アメリカ三冠まとめ

レポートが煮詰まってきたので息抜きがてらに。

'09Kentucky Derby / Mine That Bird

道中最後方にいるのがMine that Bird。あまりにもポツンと離れすぎているのでカメラもフォローしきれていないというw このときは17番人気だったんですね。

'09 Preakness Stakes /Rachel Alexandra

逃げるRachel Alexandraに最後方から進むMine That Bird。両者が自分の競馬に徹した素晴らしい競馬だと思うんですが、Rachel Alexandraが目立ちすぎてしまって…。という感じ。まぁ85年ぶりの快挙なので、当然といえば当然ですが、Mine That Birdも十分誇れるレースをしたと思います。鞍上も取られていたのに…。

'09 Belmont Stakes / Summer Bird

鳥は鳥でも…、というレース。Mine That Birdとしては絶対に獲りたいタイトルでしたがねぇ。直線入り口では楽勝と思わせながらも、Summer Birdに交わされ、Dunkirkにも競り負けて3着止まり。どちらかというと距離が長かった、ということもあり、前2戦のように並ぶまもなく交わす、という展開にならなかったということもあり、といった感じなんでしょうかね。三冠通して見れば、明らかにこの馬が中心で回っていたわけですが、この2つの敗戦&初戦が雨+人気薄ということで、ラキ珍扱いされてしまうのならば、これほどもったいないことはないなぁと思います。秋には是非ダービー馬の巻き返し、となってほしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】唖然、呆然、そして脱帽…安田記念

これはどうにもなりませんわ。

'09安田記念 / ウオッカ

ハロンタイム
12.0 - 10.6 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.4

最速の上がりを出したファリダットですら35.3。良馬場発表とはいえ、非常にタフな馬場。それに加えてコンゴウリキシオーが前半1000mを57.4で引っ張るというペース。こうなるとスピードだけじゃなく、スタミナやパワーといった総合力も問われることになるわけで、スーパーホーネットなんかには苦しい展開になりましたね。まぁここは予想通りだったわけですが…。

ウオッカはVMに比べれば後ろの位置取りになりましたが、これはペースの違いからくるものでしょう。道中はいい感じで走っていました。この辺りは去年から豊や岩田が乗って教えてきたことが実ったということでしょう。
ただ直線では本当にヒヤッとしたというか、完全に消えたと思いましたよ。内枠有利をみんなが意識していたために、直線でも馬群がばらけず、空いたところもディープスカイに抜けられてとひどい展開。これは豊も「下手でしたねー」と認めざるを得ないでしょう(笑)。ただ、それでも冷静さを失わなかった、というのがこの人の凄さですかね。じっとコースが空くのを待って、空いたところを縫うように抜けてきました。
そして、それに応えたウオッカのあの脚。なんていってもこれが凄いでしょう。前が壁になったところで無駄な動きをしなかったことが最後の伸びにつながったとはいえ、あの瞬発力、あの精神力。豊にしてみれば、本当に馬の力に助けられたといった感じでしょう(そういえば、オペラオーの有馬記念もこんな競馬でしたね)。並みの馬では4着止まりのはずで、これはもう歴代牝馬の中でも最高峰といっていいと思います。ダスカ基地の僕ですが、東京マイルではちょっと勝てる気がしないなぁw 
この後は、一応宝塚のファン投票1位ですが、パスして毎日王冠ということになるんじゃないでしょうか?ファンサービスは3歳のときので懲りてるでしょうし。

ディープスカイは+14kgも太く感じさせず、いい仕上がりではあったと思います。道中ウオッカを見る位置というのも予定通りでしょうし、直線でウオッカを置き去りにして抜け出したときには勝ったと思ったのですが…。あれで差されてしまうようではもうお手上げというしかありませんね。というか四位騎手はオークスに続いて最高の競馬をしたにもかかわらずねじ伏せられてしまうという…。ダービー2連覇で運を使い果たしてしまったかかのようで、ちょっとかわいそうですね。ただ宝塚に向けてという意味でならいいレースが出来たと思いますよ。宝塚ではドリジャとのこれまた2強対決となりそうです。

3着にはなんとなんとのファリダット。いや、予想されていたかたはお見事でした。イメージとしては現状では1400までか、と思っていましたが、この大舞台でアンカツが見事に持ってきて見せました。道中最後方でじっくり構えたのも良かったのかもしれませんね。中途半端な競馬をするよりは、決め打ちしたほうがいいタイプということなんでしょうか。通ってきたコースも今の東京コースで一番伸びやすいと思われるところで、その辺りはさすがアンカツといったところ。ただ、現状では展開任せになってしまう、という点については戦前と評価は変わらず。これが自力で競馬を作れるようになると大化けすると思うのですが…。

4着はカンパニー。昨日はクビ差、今日はハナ差で馬券がパーorz まぁ腹を括って大外にいった騎乗を責めることなんて到底出来るはずもなく、でしょうか。ノリさんもいっているように馬も(そしてジョッキーも)本当に頑張っていますよ。それよりもファリダット=アンカツが上回った、というだけのことなんでしょう。あと、予想段階で東京得意とかほざいてしまいましたが、東京では連対なしなんですよね。去年の秋天なんかから、どうしても得意というイメージが抜けないんですが、気をつけないと。

5着のライブコンサートも直線で前が詰まる感じがありましたが、外に持ち出すと同時に伸びてきました。この馬に関しては現状では100%に近い結果が出たといっていいんじゃないでしょうか。最後まで脚もしっかり伸びていますしね。今後のマイル路線では要注意でしょう。

スーパーホーネットに関しては、あれだけスムーズに競馬が出来てこれなんだから、やっぱり安田記念のようなタフさも求められるレースはダメだということなんでしょう。勝ちきるためにはある程度スピード決着になるような馬場、もしくは展開にならないと厳しいと思います。一応マイルCSは今年もねらい目だとは思いますが…。むしろスプリント路線とかいってみたらどうなのよ、という気がしないこともないですが、それだと短すぎるのかなぁとも。1400なら最強クラスなんですけどねぇ。

スマイルジャックはスタートでコケ、直線でコケではどうにもなりませんね。普通に乗れてれば勝ち負けだったと思いますが、岩田よ、先週のショックを引きずっているわけではあるまいな?香港勢については今年の面子ではこんなもんでしょうということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

付け入る隙なし…安田記念

Sea The Stars completes Derby-Guineas double
http://www.racingpost.com/news/horse-racing/sea-the-stars-completes-derby-guineas-double/200056/reports/

Nashwan以来の2冠達成。Sea The Starsも凄いけど、Urban Seaは本当に凄いわ。父Cape Crossはロジユニヴァースの母父。意外な縁があるもんですね。

さて、明日は日本のダービー馬2頭がマイルで激突。雨も止んで、どちらも内枠、となれば2強の一騎打ちで仕方がないかしらん。

◎ディープスカイ
○ウオッカ
▲スマイルジャック
△カンパニー
×タマモサポート、リザーブカード
キルトクールはスーパーホーネット

結局はどちらを上とするか、ということになるんでしょうが、安定感という点を考慮してディープスカイを◎に。まぁウオッカが崩れなければ、こちらが勝つのかなーとは思うのですが、内馬場が荒れてきているし、前回が鮮やか過ぎたことを考えれば、ポカの可能性もゼロではあるまいと。と、理由を適当につけるとこんな感じですが、結局は「こっちの方がオッズがおいしいでしょ?」というのもあり。結局両者のワンツーの可能性が大じゃないかなーと見ています。

三番手にはスマイルジャック。前走負けてくれたのでいい具合で人気も落ちています。荒れ馬場もこなせるだけのパワーもあるでしょうし、前走よりもタフなレースになることは明らかですからね。2強に割って入るという感じではありませんが、3番手争いでは有力だと思います。

4番手にはカンパニー。まぁノリさんの2週連続はないでしょうが(笑)、スーパーホーネットよりはこちらじゃないでしょうか。東京も得意ですし。

後はタマモサポート、リザーブカードといった、ここ数戦で評価を思いっきり下げた2頭を上げておきます。というか3番手以下は大混戦でしょうからね。アブソリュート、スズカコーズウェイなんかも十分3着に入る余地はあるでしょう。

そんな中でスパホはキルトクール。明日はいくら回復してもやや重クラス。万が一良となっても上がりがかかる馬場になるでしょうから、この馬にとっては最も不向きな展開に。マイルCSで会いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »