« 付け入る隙なし…安田記念 | トップページ | 【動画で回顧】アメリカ三冠まとめ »

【動画で回顧】唖然、呆然、そして脱帽…安田記念

これはどうにもなりませんわ。

'09安田記念 / ウオッカ

ハロンタイム
12.0 - 10.6 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.4

最速の上がりを出したファリダットですら35.3。良馬場発表とはいえ、非常にタフな馬場。それに加えてコンゴウリキシオーが前半1000mを57.4で引っ張るというペース。こうなるとスピードだけじゃなく、スタミナやパワーといった総合力も問われることになるわけで、スーパーホーネットなんかには苦しい展開になりましたね。まぁここは予想通りだったわけですが…。

ウオッカはVMに比べれば後ろの位置取りになりましたが、これはペースの違いからくるものでしょう。道中はいい感じで走っていました。この辺りは去年から豊や岩田が乗って教えてきたことが実ったということでしょう。
ただ直線では本当にヒヤッとしたというか、完全に消えたと思いましたよ。内枠有利をみんなが意識していたために、直線でも馬群がばらけず、空いたところもディープスカイに抜けられてとひどい展開。これは豊も「下手でしたねー」と認めざるを得ないでしょう(笑)。ただ、それでも冷静さを失わなかった、というのがこの人の凄さですかね。じっとコースが空くのを待って、空いたところを縫うように抜けてきました。
そして、それに応えたウオッカのあの脚。なんていってもこれが凄いでしょう。前が壁になったところで無駄な動きをしなかったことが最後の伸びにつながったとはいえ、あの瞬発力、あの精神力。豊にしてみれば、本当に馬の力に助けられたといった感じでしょう(そういえば、オペラオーの有馬記念もこんな競馬でしたね)。並みの馬では4着止まりのはずで、これはもう歴代牝馬の中でも最高峰といっていいと思います。ダスカ基地の僕ですが、東京マイルではちょっと勝てる気がしないなぁw 
この後は、一応宝塚のファン投票1位ですが、パスして毎日王冠ということになるんじゃないでしょうか?ファンサービスは3歳のときので懲りてるでしょうし。

ディープスカイは+14kgも太く感じさせず、いい仕上がりではあったと思います。道中ウオッカを見る位置というのも予定通りでしょうし、直線でウオッカを置き去りにして抜け出したときには勝ったと思ったのですが…。あれで差されてしまうようではもうお手上げというしかありませんね。というか四位騎手はオークスに続いて最高の競馬をしたにもかかわらずねじ伏せられてしまうという…。ダービー2連覇で運を使い果たしてしまったかかのようで、ちょっとかわいそうですね。ただ宝塚に向けてという意味でならいいレースが出来たと思いますよ。宝塚ではドリジャとのこれまた2強対決となりそうです。

3着にはなんとなんとのファリダット。いや、予想されていたかたはお見事でした。イメージとしては現状では1400までか、と思っていましたが、この大舞台でアンカツが見事に持ってきて見せました。道中最後方でじっくり構えたのも良かったのかもしれませんね。中途半端な競馬をするよりは、決め打ちしたほうがいいタイプということなんでしょうか。通ってきたコースも今の東京コースで一番伸びやすいと思われるところで、その辺りはさすがアンカツといったところ。ただ、現状では展開任せになってしまう、という点については戦前と評価は変わらず。これが自力で競馬を作れるようになると大化けすると思うのですが…。

4着はカンパニー。昨日はクビ差、今日はハナ差で馬券がパーorz まぁ腹を括って大外にいった騎乗を責めることなんて到底出来るはずもなく、でしょうか。ノリさんもいっているように馬も(そしてジョッキーも)本当に頑張っていますよ。それよりもファリダット=アンカツが上回った、というだけのことなんでしょう。あと、予想段階で東京得意とかほざいてしまいましたが、東京では連対なしなんですよね。去年の秋天なんかから、どうしても得意というイメージが抜けないんですが、気をつけないと。

5着のライブコンサートも直線で前が詰まる感じがありましたが、外に持ち出すと同時に伸びてきました。この馬に関しては現状では100%に近い結果が出たといっていいんじゃないでしょうか。最後まで脚もしっかり伸びていますしね。今後のマイル路線では要注意でしょう。

スーパーホーネットに関しては、あれだけスムーズに競馬が出来てこれなんだから、やっぱり安田記念のようなタフさも求められるレースはダメだということなんでしょう。勝ちきるためにはある程度スピード決着になるような馬場、もしくは展開にならないと厳しいと思います。一応マイルCSは今年もねらい目だとは思いますが…。むしろスプリント路線とかいってみたらどうなのよ、という気がしないこともないですが、それだと短すぎるのかなぁとも。1400なら最強クラスなんですけどねぇ。

スマイルジャックはスタートでコケ、直線でコケではどうにもなりませんね。普通に乗れてれば勝ち負けだったと思いますが、岩田よ、先週のショックを引きずっているわけではあるまいな?香港勢については今年の面子ではこんなもんでしょうということで。

|

« 付け入る隙なし…安田記念 | トップページ | 【動画で回顧】アメリカ三冠まとめ »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/29993548

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】唖然、呆然、そして脱帽…安田記念:

« 付け入る隙なし…安田記念 | トップページ | 【動画で回顧】アメリカ三冠まとめ »