« うるせえよ、おい!の呪い | トップページ | 今日から院再開 »

【動画で回顧】第三の女…ローズS

あれですね、しばらくはレースを絞って予想しないと当たるもんも当たらないですね。開始30分前くらいにぱっと考えただけのセントライトなんて酷過ぎる。

'09ローズS / ブロードストリート

ハロンタイム
12.4 - 10.9 - 11.2 - 11.8 - 11.8 - 11.4 - 11.4 - 11.6 - 12.2

道中は結構いいペースで流れていましたね。これで残ったクーデグレイスは大したものだと思います。本番で低評価なようなら面白い存在になりそうですね。

レッドディザイアは、四位という人にはよくあることだと思うんですが、なんというか大事に乗りすぎた感があります。じっくり構えて、ということでもあるんでしょうが、豊の奇襲っぽいマクリ戦法にまんまとやられたというところではないでしょうか。直線入り口のところではモノの見事に外から被せられていて、その分のロスがなければ、もっと際どかったんじゃないでしょうかね。
もちろんこの馬もレコードで走っているわけですし、休み明け+10kgということも考慮すれば上々の結果ではあるのですが、あそこだけはもったいなかったというか、ちょっと気の緩みがあったんじゃないのかな、と思います。

対するブロードストリートも決してスムーズな競馬が出来たわけではないのですが、こちらは男藤田の度胸の良さが好結果に繋がったというところ。こちらも直線入り口では閉じ込められているのですが、藤田騎手はじっと我慢しています。そしてイイデエースとイタリアンレッドの間が空いた瞬間に一気に飛び込んできました。まぁ春先の忘れな草賞なんかでも内でやや閉じ込められ加減な競馬をしていたんですが、そのときの経験がここに来て生きた、ということなのかもしれません。もともと春先から期待されていた馬ですしね。ようやく主役として秋華賞へということになりそうです。

クーデグレイスは上にも書いたようにあのペースで残るのだから大したものです。最後まで脚色も鈍っていませんでしたしね。上位2頭には突き抜けられてしまいましたが、本番では作戦次第で逆転の目も若干ですが残っていると思います。とはいってもこれにブエナビスタが加わってくるんですけどね…。

ミクロコスモスはさっきも書いたとおり、こんなもんでしょう。直線まで最後方でもいいからじっとしていれば、という意見もあるでしょうが、それをやっていたらおそらく溜め殺していたでしょうし。スタートでやや出負けしたのが痛かったとはいえ、最後の着差はもっと決定的でしたしね。距離的にもマイル辺りがベストなんじゃないのかなぁ。

ジェルミナルはパトロールを見る限りでは、最後チャームポットに前をややカットされたのかな?最後は追うのをやめてましたしね。ただそれ以前に突き抜けていなければいけなかったというところでもあり、評価はやや難しいところ。ただちょっとだらしなかったですね。ワイドサファイアは出遅れた時点で終わってしまいました。

'09セントライト記念 / ナカヤマフェスタ

実質オープン特別みたいなもんですかね。いや、タイムはそこそこ優秀なんですけども…。
あと3着が何気にフォゲッタブルで笑った。

ナカヤマフェスタは某マツリダゴッホみたいな乗り方でしたね。従来とはちょっと違った乗り方で勝てたことの意味は大きいと思います。大きいと思いますが、このメンツ…。距離適正もアンライバルドやリーチザクラウンより上、とまではいえないのも辛い所。本番でも本命にするにはちょっと足りない、といった感じでしょうか。

アドマイヤメジャーは出遅れが最後まで尾を引いたという結果に。スムーズに競馬が出来ていれば、と思いますが、菊花賞で勝負するには3着は確保していなければいけなかったかなと。賞金的に出れるのかなー。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

|

« うるせえよ、おい!の呪い | トップページ | 今日から院再開 »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/31455082

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】第三の女…ローズS:

« うるせえよ、おい!の呪い | トップページ | 今日から院再開 »