« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

1番人気スズカコーズウェイ…7.1倍

13:40現在のオッズ。混戦にも程がある…。

とりあえず人気のないヘイローフジやボストンオー辺りも嘗めないほうがよさそう。ヘイローフジなんて平坦・京都・冬の季節と、夏とは状況が違う、という理由付けも可能ですが。大穴狙って遊ぶレースですね、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京の前に難題…スワンS予想

全然わかんねぇ。

前走勝っている馬は4頭で、そのうちOP勝っているのはクラウンプリンセスのみ。それなら重賞好走組となりますが、掲示板に乗ったのはドラゴンウェルズのみ。仕方がないのでスプリンターズSやセントウルでそこそこ走った組も加えて…と考えていたんですが、なんかこれ、大荒れる典型的なパターンのような気がします。

◎ドラゴンウェルズ
○クラウンプリンセス
▲アーリーロブスト
△スズカコーズウェイ
×ファイングレイン、アップドラフト、トレノジュビリー

ドラゴンウェルズは何気に京都で大崩れなし、クラウンプリンセスは1600がベストだと思うし、アーリーロブストは見捨てがたい。とりあえずこの3頭を中心にあとは適当で。印はつけていませんが、ショウナンカザン、グラスキング辺りも連絡みまでなら十分そう。キンシャサだって人気次第では…と、どうせ大荒れでしょうから点数いっぱい買うレースでしょうね。

点数買う資金がない…orz

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また会おうと皇成はいった…競馬雑記

三浦皇成、河野厩舎を離れフリーに
http://keiba.yahoo.co.jp/news/20091030-00000523-sanspo-horse

これはあれだ。ほしのとの交際に文句言われたからだ。

というのは半分冗談として(ほしのよりもむしろ皇成のほうがベタ惚れっていう話は聞いたことがありますが)、さすがにまだフリーになるのは早いんじゃないかという気もします。
平場ではともかく重賞のような舞台では未だデビュー当時の豊に及ばないと思うし、今まで乗り馬に恵まれたのは河野厩舎の後押しがあったのは事実だと思います。河野厩舎で恩返しをするべきだ、ということではなく、まだ河野厩舎に籍をおいたままでいろんなことを学んでいく、という選択肢のほうがベターだったんじゃないか、ということです。もちろん腕があることは確かですし、他の厩舎からの信頼も厚いんでしょうが…。

Conduit日本で種牡馬入り
http://keiba.yahoo.co.jp/news/20091030-00000000-kiba-horse

どう考えてもJCくるでしょ、これは。他にもYoumzainやSpanish Moon辺りが参戦予定ですが、この馬も来てくれるようなら今年のJCはなかなか面白いと思います。種牡馬としてはどうでしょうね。日本の馬場に向くかといわれると、ちょっと重たいような気もしますが。

ウオッカ2.1倍
http://keiba.yahoo.co.jp/news/20091030-00000005-kiba-horse

シンゲン二番人気とか勘弁してください…。エアシェイディはこのままのオッズで頼みます。無理だと思うけど。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇賞(秋)枠順発表

枠順@yahoo
http://keiba.yahoo.co.jp/race/denma/0905040811/

>1 地 コスモバルク 松岡

何これ怖い。

いや、まぁ松岡に乗り替わってからは行儀がいいほうだと思うし、二年前の悪夢は繰り返されないでしょうけども。これが五十嵐だったらと思うとぞっとする枠ではあります。というかそろそろ休ませてやれよ総帥…。

他では狙おうと思っていたマツリダはこの枠順では評価を大分落とさなければならないでしょうね。ESPという爆弾も抱えているわけですし。
逆にアサクサはいい枠に入ったと思います。距離、力的にどうかというのはありますが、狙ってみるのも悪くはないかも。ただ今の東京は外差し馬場ですからね。そう考えると怖いのはホッコーパドゥシャか。岩田はそろそろ覚醒してもおかしくなさそうではあります。あとはスミヨンを迎えたアドマイヤフジも不気味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇賞(秋)出走予定馬&軽い展望

┏━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  11/1 東京11R 芝・左 2000m [JRAプレミアムレース]
┃第140回天皇賞(秋)(GI) ┃(´∀` )<3歳以上(国際)(指定)オープン 定量 発走15:40
┣━━━┯━━━━━━┻○━○━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
┃47325 .│ウオッカ         [牝5]│56│武  豊│(西)角居勝│毎日王 2┃
┃32450 .│ドリームジャーニー  [牡5]│58│池  添│(西)池江寿│オ-ルカマ-2┃
┃32250 .│スクリーンヒーロー......[牡5]│58│北村宏│(東)鹿戸雄│宝塚記 5┃
┃29050 .│マツリダゴッホ     .[牡6]│58│蛯  名│(東)国枝栄│オ-ルカマ-1┃
┃28525 .│カンパニー         [牡8]│58│横山典│(西)音無秀│毎日王 1┃
┃21825 .│サクラメガワンダー .[牡6]│58│福  永│(西)友道康│宝塚記 2┃
┃19500 .│エイシンデピュティ   [牡7]│58│戸  崎│(西)野元昭│オ-ルカマ14┃
┃19250 .│アサクサキングス  .[牡5]│58│四  位│(西)大久龍│天皇春 9┃
┃16550 .│ヤマニンキングリー....[牡4]│58│柴  山│(西)河内洋│毎日王 9┃
┃15115 .│[地]コスモバルク   .[牡8]│58│松  岡│(北)田部和│OROC 1 ┃
┃14650 .│エアシェイディ    ..[牡8]│58│後  藤│(東)伊藤正│新潟記 4┃
┃12750 .│シンゲン        .[牡6]│58│藤  田│(東)戸田博│オ-ルカマ-3┃
┃10800 .│サクラオリオン    [牡7]│58│秋  山│(西)池江郎│札幌記 3┃
┃10500 .│ホッコーパドゥシャ   [牡7]│58│岩  田│(西)村山明│新潟記 1┃
┃10375 .│アドマイヤフジ    .[牡7]│58│C.スミヨン│(西)橋田満│毎日王 6┃
┃10050 .│オウケンブルースリ....[牡4]│58│内田博│(西)音無秀│京大賞 1┃
┃7675万│キャプテントゥーレ   [牡4]│58│川  田│(西)森秀行│朝日CC1┃
┃7550万│スマイルジャック   [牡4]│58│三  浦│(東)小桧山│毎日王 7┃
┗━━━┷━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛

某スレより。

とりあえずウオッカにとってはバルク&キャプテントゥーレが出てきてくれることはプラス材料。マイナス材料は+200の距離延長。去年勝っていますが、年々こなせる距離が短くなってきている印象もあります。

狙うは藤田シンゲン。先週セイウンを狙うといっていたにもかかわらず、ナカヤマをそれ以上に評価した馬鹿者ですが(というか何度同じことを繰り返せば…)、今度は本当に狙います。後はスマイルジャックあたりも不気味ではあります。本来なら最上位評価したいメガワンはどうでしょう?前哨戦を使えなかった恨みはあります。オウケンは距離がちょっと足りない気がしますが、早い流れになれば当然浮上。あと、マツリダは実はこれくらいの距離はあってるんじゃないかとも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

’08年度版伝説の新馬戦

数年に一度、こういう新馬戦がありますね。例えばジャンポケの新馬戦とか。

ジャンポケ新馬戦
http://db.netkeiba.com/race/200001020105/

このときも後に全馬勝ちあがりというハイレベルなレースでした。でも同じ新馬戦からクラシックホース3頭にダービー2着馬っていうのはそうそうないか。重賞でよければアグネスタキオン@ラジオたんぱ杯2歳とかがありますが。何にせよ、後はリーチがどこかでG1を獲れれば…という感じですが、そのためには気性難をなんとかしないといけませんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】菊花賞馬は菊花賞馬から…菊花賞

タイトルに菊花賞が3つも。どうでもいいですけど、久々(去年のVマイル以来)にふて寝してしまいました。まぁふて寝というか凹み寝というかなんというか…。

いや、結局菊花賞はDD産駒だけ買っておけばいいんちゃいますの?

と言いたくなるような結果ではありました。でも身も蓋もないのでちゃんとやります。

'09菊花賞 / スリーロールス

こういうとあれですが、馬場さん衰えたなぁ。最後まで声が持たなくなっちゃったのか…。

ハロンタイム
12.9 - 11.5 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 12.1 - 12.6 - 12.6 - 12.5 - 13.4 - 12.9 - 11.7 - 11.4 - 12.2 - 12.2

参考タイム(06年)
12.8 - 11.5 - 11.1 - 11.6 - 11.7 - 11.7 - 12.9 - 12.8 - 12.9 - 13.2 - 13.0 - 11.9 - 11.2 - 12.5 - 11.9

最初の1200くらいまで早めに引っ張っているのはアドマイヤメインが逃げたときと同じような感じ。ただあのときと比べるとやっぱり中間での緩みが弱いというか、本当ならばもう少しスムーズに息を入れたいというのがあったのではないかな、と思います。今回は狙って作ったというよりも、馬が引っかかってしまった結果、という流れのために、こうなっているのでしょうが。

それにしても、リーチが早めに引っ張る結果、直線ヨーイドンにはならない、という予想自体に問題はなかったんですよね。ただ、①リーチが引っかかってこの結果になったこと②ナカヤマが向こう正面でスタミナ切れしたこと③フォゲッタブル、という3つがやや想定外ではありましたか(①については目をつぶったとも言えますが)。それを除けば、セイウンワンダーもヤマニンウイスカーも来ているし、勝ったのはスリーロールスだし、ということでそこまで悪い予想ではなかったはず、と自分を慰めてみたいと思います。

とりあえず、勝ったスリーロールスは人馬ともに素晴らしかったんじゃないかと思います。まず第一にスタートが良かったおかげで前目のいいポジションを確保できました。最初の下り坂でややかかる素振りをみせましたが、すぐに抑えましたしね。その後はヤマニン、ポルカマズルカに囲まれるような形になり上手く壁を作ることが出来たのも
良かったです。全体が動いたときもあわてなかったですし、何よりも直線入り口でのコーナリングは見事。最内をピタっと回ったことで、数馬身は儲けていますよね。けちをつけるとすれば直線力が入りすぎて(馬も疲れていたのでしょうが)大きく外によれたことですが、初G1がかかっていることを考えるとこれくらいはご愛嬌でしょうか。最後は詰め寄ったフォゲッタブルを押さえきっての菊制覇となりました。
今回の菊花賞で大外れをしながらも良かったことが一つあるなら、それは浜中騎手がG1を獲れた事。去年の夏ごろコーセーフィーバーに沸いていたころ、ひそかに実力をつけていたのが浜中騎手で、その後ディグラーティアで小倉2歳Sを制するなど、徐々に全国での知名度も上がってきていました。今回、スリーロールスを鞍上が心配、という人もいましたが、自分はむしろ浜中騎手なら安心、というくらいの気持ちで見ていました。長距離戦は特に騎手の腕が試されるといいますし、そういったレースで初G1を取れたということは本人にとっても大きな自信になるでしょう。関西は層が厚くて大変でしょうが、これを機に勝ち星を増やしていってくれたらな、と思います。

二着はフォゲッタブルが突っ込んできました。実に恐ろしいはDDと良血よ…。道中は中団後ろくらいですが、折り合いは出走メンバーの中でも1.2を争うくらい良かったですね。やっぱり長距離では折り合いが一番大事ってことですねぇ。もう一つは、この馬も下り坂では動いていないこと。「京都の坂はゆっくり上り、ゆっくり下る」。亡き栗田騎手がいったこの格言は今も生きているということなんですね。
最後はスリーロールスの粘りの前に屈する形になりましたが、戦前の評価からすれば十分な結果といえます。エアグルーヴの仔としてはアドマイヤグルーヴ以来のG1連対ということで、ひょっとしたら種牡馬入りも……まだ厳しいか。
秘められた力が開花した、という見方も出来なくはありませんが、個人的には淀の3000という条件があったというのも多分にあると思います。結局今回も3F35秒だったわけで、こういう底力勝負にならないと出番はないのかなぁという気がしますね。

3着のセイウンワンダーは仕方ない、という結果。道中かかり気味でしたし、坂の下りでもまだ祐一が必死になだめている、という感じ。これでいて最後リーチを交わすところまでいくのだから力はありますよね。ただ3000はこなしてみせたものの、本当にいいのはやっぱり中距離でしょう。折り合いも上手くつけば世代トップの力を発揮できると思います。あとは使ってからのほうがよい、というのもあり。

イコピコは4着まで。先行有利の菊花賞で追い込んでこの位置にくるのだから、よく走ったといえますし、今日のような展開になったとき、追い込みではよほどの力がない限りこれが限界、ともいえると思います。ただ実力が世代最上位にあることは確かだと思いますし、安定感は世代随一でしょう。東京とか合いそうだけどなぁ。

リーチに関してはあれだけ入れ込んでしまうとちょっと厳しいですね。それでも向こう正面までにはよく押さえたと思うし、何とか息を入れることも出来たんですが、今回のメンバーとはそこまでの力の差がなかったということでしょう。あとは内からアントニオに行かれてしまったのもよくなかったですね。あれでちょっとエキサイトしてしまった部分はあったんじゃないでしょうか。

ナカヤマ、アンライはもう距離としか。アンライは末脚が切れすぎる馬だから予想はつきましたが、ナカヤマはあそこまでダメかいな。春からの成長分がない、というのもあるかもしれませんが、少々がっかりな結果ではありました。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず

来週は(たぶん)東京競馬場に出撃なので、そこでは買うとして…。

実は今日かなーり菊花賞にぶっこんでしまったのでJC辺りまで冗談抜きで馬券が買えない状態という。
まぁ来週勝てばなんとかなるんですが、アカン、勝てる気が全くしません…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

運命の分かれ目

1-3-16なら持っていた…。セイウンとナカヤマで迷ったんだけど、ナカヤマ軸で買ったのよ…。セイウンにしておけば4万馬券だったのよおおおおおおおお!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞最終予想

結局風邪が治りきらないまま。最近いいことが全くないのぅ。とはいえ一応予想だけでも完結させて置かないとね。

◇東の総大将

京成杯ではアーリーロブストに逃げ切られるも強い競馬、皐月賞では先行馬で唯一粘りこみ、ダービーでは後方から唯一追い込んでみせ、セントライト記念で着差は小さいながらも他馬を完封。実は今年一番安定した走りをみせているのはナカヤマフェスタなんですよね。
前走の負かした相手に不満はあるものの、能力でいえばリーチ、アンライにひけをとらないだけのものを持っていると思います。問題は距離であり、鞍上ですが、長距離ではESPの影響もそこまで大きくないこと、距離についてもドリジャよりは柔軟性がありそうなことを考慮すると、今回のメンバーではトップクラスの評価をするべきだと考えます。

◇抽選を潜り抜けた馬たち

評価が高いのはアドマイヤメジャーとスリーロールスの二頭ですか。このうちアドマイヤメジャーは前走で3着に入っておくべきだったと思うので、そこまで評価は高くしません。対するスリーロールスはある程度評価すべきでしょうか。このとき二着にちぎったジャミールがトップカミングを次走で負かしていますしね。勝ち星が1800しかないというのが気にかかりはしますが、DD産駒ですし、個人的には鞍上浜中というのもポイントではありますか。

その他ではやっぱりノリさんのポルカマズルカ。正直力不足だと思うし、京都の芝が合うかといわれると?なのですが、鞍上が怖すぎますからね。余裕があればヒモで、という程度でいいとは思いますが、一応。

ヤマニンウイスカーは前走は藤岡兄がやらかしたので仕方がないと見るべきか。鞍上和田は何気に強化してると思います。ただイコピコもそうですが、マンカフェって長距離がどうかなーというクエスチョンはあり。

◇あとは

アントニオバローズに関してはスパッと切るということで。喉の炎症がどうか、というのが全てですが、そう簡単に完治するものなのか、という気もしますし、一頓挫あった馬は切るというのが信条ですから。走られたら仕方ないでしょう。
シェーンヴァルトは某タテヤマさんに被るといわれていますがどうですかね?ただ今年に入ってから何気に大崩はしていないとは思いますよ。前走もこっそりメンバー二番目の上がりですし、本当に走らなかったのは札幌記念くらいなんですよね。ということでこちらも一応。

◎リーチザクラウン
○ナカヤマフェスタ
▲セイウンワンダー
△スリーロールス
×イコピコ、シェーンヴァルト、ヤマニンウイスカー
キルトクールはアンライバルド

リーチとナカヤマはほぼ互角と見ていますが、鞍上と総合するとリーチがやや上か。ただ豊が今日勝ちまくってるのは気になります。こういうときは翌日ダメなときが多いからなぁ。セイウンワンダ-はこれくらいの評価をしていい馬のはずです。あとは上がり馬ではスリーロールスを一応筆頭に。イコピコ、シェーン、ヤマニンまで印をつけておきます。キルトクールはアントニオでも良かったんですが、人気のあるほうを。やっぱりアンライに淀の3000は長いと思います。2200くらいなら断然の本命なんですが。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっじさーん予想

適当ですいません状態!

◎ケイアイライジン
○サンカルロ
▲リザーブカード
△レッドスパーダ
×アブソリュート


ヨシトミ先生今日こそは頼みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞枠順確定&展望その2

風邪にはやっぱりリポDとベンザブロックだと判明した。

菊花賞枠順
http://keiba.yahoo.co.jp/race/denma/0908040611/

リーチは内枠なら危険視、外枠なら軸、と考えていたんですが、ど真ん中に入ったでござる。

アンライバルドは内、イコピコ、ナカヤマ、メジャー、ブレイク辺りは外へ。セイウンワンダーはいいところをとりましたね。アンライは上手く壁を作ってなだめることが出来ればいいんですが、やっぱり淀の3000で突き抜ける姿はちょっと想像しづらいなぁ。

◇資格は名前で決まるのか。

イコピコ、でございます。秋の新星のようにも言われていますが、ヤマニンウイスカーを破ったあたりから評判にはなっていた馬でした。ラジオNIKKEI賞でコロッと負けてしまったので立ち消えかけましたけどね。ただあの負けに関しては福島という競馬場もあっていなかったように思うし、それが広い阪神外回りに替わって前走その力を爆発されることになったんだと見ています。
さて、菊の予想についてはリーチがある程度早い流れで引っ張るという前提のもとで行うことにしていますので、イコピコについてもそれに基づいて考えることになります(当日スローになった時点で諦めるということでもある)。
んで、そうなるとイコピコにとってネックなのは神戸新聞杯で33.7という切れ味を見せてしまったことにあります。ウイニングチケットやアドマイヤベガ、それにドリームジャーニーと前哨戦で強烈な末脚を見せて勝った馬は菊花賞では苦戦を強いられています。これは要は求められている能力が違うということなんだと思いますが、単純に考えるとイコピコもこれらの馬と同じグループに入ってしまいそうです。また、菊花賞では先行馬が基本的に有利ですから、この点もイコピコにとってはマイナス。
といったところから少なくとも本命には出来る馬ではないと考えます。ただ、前走の2馬身差という結果は実は過去のトライアルの中でもトップクラスで(これ以上の結果を出している馬はディープ、ゼンノロブロイ、シンボリクリスエス)、能力自体に疑いようはないこと、四位騎手がとにかく乗れに乗れていること、枠順も悪くないこと、から印を消すのはとてもじゃないけど怖くて出来ません。ひょっとすると前走がメイチの可能性もあるので当日の馬体には気をつける必要がありますが、とりあえずヒモでは買っておいたほうがよさそうです。

◇重馬場下手なんて誰がいったの?

今見たら週末は雨マークなんですね。ということでセイウンワンダーのオッズはひょっとしたら下がりますか?

なんかダービーの結果を見て重馬場下手と思われているようですが、そんなことはないでしょう?確かに弥生賞はやや重で負け、極悪馬場のダービーでも13着に沈んでいます。ただ前者は明らかな調整ミス(太りすぎ)、後者は余りの馬場の悪さに後方にいた馬は全滅、というレースだっただけで、決してこの馬が重馬場下手なわけじゃありません。新潟で重賞勝ったときは不良馬場でしたし。
距離に関しても前走は止まったわけではありませんし、血統的にもグラスワンダーは長いところがダメとは思いません。鞍上祐一を確保したのも何気に○。枠もいいところを引きました。リーチとの差を逆転できるかといわれるとそれはやや疑問ではありますが、少なくともイコピコよりはこちらを本番では評価したいところです。というわけで、現時点の評価としては、

リーチ>セイウン>イコピコ>アンライ

といった感じで。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春クラシック二強の行く先は…菊花賞展望1

のど痛いのに1時間も電話してしまった…。次会ったら絶対カラオケと飯奢らしちゃる。

さて、巷ではどうやら菊花賞一番人気が確定なリーチザクラウン。大幅な馬体重減にもかかわらずセイウン、アンライを封じ込めて見せたあの走りはやっぱり世間でも評価されているようです。レースの展開を考える面から見ても、この馬が一番重要なポジション、ということになるんですよね。

ではそのリーチザクラウンは菊花賞ではどのような作戦でくるんでしょうか。考えられるパターンは3つ。

①神戸新聞杯のようにある程度後続を引き付けながらのスローな逃げ
②ミドル~ハイペースで飛ばす逃げ
③何かを行かせて二番手以降で競馬

とりあえず現時点での出走馬を見る限り逃げたい馬は他に見当たらないので③は無しと見ていいでしょう。では残りの二つはどうか。これに関しては②の作戦をおそらく採ってくると思われます。
何故なら①の作戦はリーチ自体のスタミナを温存できる代わりに、他馬にとっても楽な展開になるからです。とくに前走やられたイコピコなんかは強力な決め手を持っている馬ですから、この馬の脚を温存させるようなことをしては神戸新聞杯の二の舞でしょう。そうであるならば、早い流れで引っ張って後続にも脚を使わせたほうがいい、ということになります。もちろん中盤で緩めることは考えられますが、全体としては3分4秒台になるペースで引っ張るのだと思っています。
そしてこれは僕の感のようなものですが、ダービー、神戸新聞杯と走った段階で、少なくとも武豊はこの馬のスタミナ面である程度の目処を立てているような気がしています。この馬にとってはスタミナがどうこうよりもいかに気分良く走らせるかが重要で、それさえ出来れば距離はこなせる、と考えているのではないでしょうか。以上から、今年の菊花賞は直線ヨーイドンではなく、ある程度スタミナが問われる展開になるのではないかと予想します。
ではリーチザクラウンは馬券に絡むことが出来るでしょうか?この点については、現時点ではなんともいえない、というところです。この馬、折り合い面で目処がついたような印象もありますが、神戸新聞杯の回顧でも欠いたように、あのレースでも豊がかなり折り合いのために気を遣っていたわけで、精神面で問題がなくなったわけではありません。ということはまかり間違えば引っかかって終わってしまう可能性もあると思います。
そうした最悪の事態を回避するためにも是が非でも欲しいのが「外枠」。神戸新聞杯も外から出て、他馬と馬体を合わせず先頭に立てたことが良かったと思います。菊花賞も3000という長い舞台ですから、外枠発走の不利はさほど大きくありません。落ち着いた状態で逃げを打つ、というためにはこの外枠というのが大きな意味を持ってくると思います。よってもしリーチが外枠を引けたら勝ち負け、と考えます。

対する皐月賞馬、アンライバルドはどうか。この馬の不安は折り合いと鞍上の重賞での不調っぷりの2つでしょう。ただ前者に関しては結局後者の腕にかかっているので、要は岩田騎手がどう乗るか、という一点なんだと思います。
距離に関しては若干の不安があると思いますが、それは言っても仕方のないこと。とにかく道中どれだけスムーズにいけるかどうかです。そのためには皐月賞馬のプライドを捨て、チャレンジャーとして挑む必要がありそうです。下手に人気を意識してしまって早めに動いたりしたらそれはもう最悪でしょう。とにかく道中は折り合いに専念してじっと進み、直線でその脚を爆発させられるか。とにかくこの馬はこれに尽きるのだと思います。
ただこの馬、強烈な脚を持ってる印象がありますが、以外に33秒台で走ったことは新馬の一度だけなんですよね。まぁ一回走っていれば十分、という気もしますし、坂のない京都なら最後まで止まらずにいけるのでは、という考え方も出来ますが、これにかんしてはもう走ってみないと…としか。とりあえずリーチザクラウンと比べた上ではこちらのほうがウィークポイントは大きいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞出走予定馬一覧と軽い展望なぞ

┏━━━━━━━━━┓ ∧_∧  10/25 京都11R 芝・右外 3000m
┃第70回菊花賞(JpnI)...┃(´∀` )<3歳牡・牝(指定)オープン 馬齢 発走15:40
┣━━━┯━━━━━┻○━○━━━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
┃4550優│イコピコ         ..[牡3]│57│四  位│(西)西園正│神戸新 1┃
┃7650優│リーチザクラウン     . [牡3]│57│武  豊│(西)橋口弘│神戸新 2┃
┃5150優│セイウンワンダー   ...[牡3]│57│福  永│(西)領家政│神戸新 3┃
┃5500優│ナカヤマフェスタ     [牡3]│57│蛯  名│(東)二ノ宮 │セントライト 1┃
┃2600優│セイクリッドバレー     [牡3]│57│松  岡│(東)高橋裕│セントライト 2┃
┃. 900優│フォゲッタブル      .[牡3]│57│吉田隼│(西)池江郎│セントライト 3┃
┃8900万│アンライバルド     ..[牡3]│57│岩  田│(西)友道康│神戸新 4┃
┃3850万│(外)ブレイクランアウト....[牡3]│57│藤  田│(東)戸田博│朝日CC2┃
┃2400万│アントニオバローズ   .[牡3]│57│角  田│(西)武田博│神戸新11┃
┃2350万│トライアンフマーチ     [牡3]│57│武  幸│(西)角居勝│神戸新10┃
┃2300万│シェーンヴァルト    ..[牡3]│57│秋  山│(西)岡田稲│神戸新 7┃
┃1710万│(地)イグゼキュティヴ   [牡3]│57│川  島│(東)斎藤誠..|.セントライト15┃
┃1500抽│アドマイヤメジャー   .[牡3]│57│川  田│(西)友道康│セントライト 4┃
┃1500抽│キタサンチーフ     .[牡3]│57│藤岡康│(西)梅田智│大原S..13┃
┃1500抽│キングバンブー     [牡3]│57│小  牧│(西)鮫島一..| フィリピンT1┃
┃1500抽│スリーロールス     .[牡3]│57│浜  中│(西)武宏平│野分特 1┃
┃1500抽│ポルカマズルカ       .[牝3]│55│横山典│(東)畠山吉│阿寒湖 1┃
┃1500抽│ヤマニンウイスカー   . [牡3]│57│和  田│(西)池江郎│大原S 9┃
┃1500抽│ロードアイアン      .[牡3]│57│後  藤│(東)菊川正│九十九 1┃
┗━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛

某掲示板某スレより拝借。ずれてるのはご愛嬌です。

秋華賞と違って確たる軸馬がいない状況。とりあえずリーチが中心てことにはなっているようですが…。

アンライバルドが巻き返すには折り合い面とジョッキーの復活の両方が必要になるか。京都コース自体は悪いとは思わないだけに、勝負は直線までどう持ってくるか、ということになりそうですね。

個人的にはセイウンワンダーを狙いたいところ。過去に朝日杯馬が菊花賞を勝ったことなんでブライアンくらいしか思いつかないくらいですが、今年はダービーだって大逆転劇だったわけだし、ジンクスに縛られなければ…。鞍上は何気に長距離得意ですしね。あとはここでアドマイヤメジャーっていうのもありだと思います。

というか今週ちょっと多めに勝負したせいで菊花賞での予算が本気でヤヴァイんですが。冗談抜きでどうするの、俺?

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】二冠牝馬を完封…秋華賞

結局は上位人気馬で決着。

'09秋華賞 / レッドディザイア

パトロール

ハロンタイム
12.3 - 10.3 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 12.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.6

見事なV字型ペース。まぁ実質的にはクーデグレイス辺りが先頭、という感覚で良かったんでしょう。それにしても岩田のここ最近の重賞での空気っぷりはどういうことなの…。

レッドディザイアは中団から。というかこの馬にとって無理なく追走するとこの位置になる、というくらいのもんなんじゃないのかな?決して意図的に付けたという場所ではないですよね。そしてブエナビスタはなんとその真後ろ。受けて立つ側のはずがマークするという展開はちょっと予想ができなかった。外に早めに出しておけば、という気もしたんですが、見直してみるとあれで外に出すためには大分ロスすることを覚悟しなければならないですね。アンカツも出来れば、という思いはあったでしょうが、あれだけ囲まれてしまうとどうにもならなかったわけで、腹を括って内でじっと待つ、という選択肢になったんだと思います。結果としてはそれが痛恨の進路妨害につながりますが、下げていたとして最後詰め寄ることが出来たかどうかは結構疑問ですよ。

後方がごちゃごちゃしていたのに対して先行集団はスムーズな競馬。その結果として、レッドディザイア、クーデグレイスは無理なく直線で抜け出してきます。その一方で、後方のブエナ、ブロード辺りはごちゃごちゃしてはいたんですが、アンカツはあそこで無理して動く必要があったのかどうか。ホクトグレイスが下がってきている、というのはあったとは思うんですが、あれはさすがに不用意だったんじゃないかと思います。ブロードストリートはあれがなければもう少し際どかったかな、というのはあると思いますが、レッドを交わすところまではいったかどうか。

結局そのブエナも押さえ込んでレッドディザイアが勝ったわけですが、これはもう陣営の執念&四位騎手のファインプレーというしかないでしょう。前走太かった馬体をしっかり絞って仕上げてきた陣営に、完璧な騎乗で四位騎手が応えて見せました。うるえーな、おい!から1年以上経ちましたが、長いトンネルをようやく抜けたといったところですね。この人、何気に先週はトーセンキャプテンを持ってきていたりするし、ひょっとしたら確変期なのかもしれません。来週はイコピコで菊花賞に。個人的には微妙だなーと思っていましたが、この状況では買わざるを得ないかなぁ。

対して微妙に精彩を欠く、というかツキがないというか、なアンカツ先生。今回はいろいろな悪条件が重なった部分はあるにしろ、どうもブエナビスタで乗るときにはイマイチな騎乗になってしまいますね。陣営としてはこのままエリ女ということになるのでしょうが、札幌記念辺りから嫌な流れになっているのは何とかして断ち切りたいところ。京都外回り2200なら今回よりは大分勝てる可能性は上がると思いますが…。

ブロードストリートは出遅れ、不利とありながらも3番手ゴールで結果的には2着確保。前走メイチと思いきや、ここでもこれだけ走るのだから本格化したといっていいでしょう。今日の最後の脚をみてもブエナに劣ってはいませんでした。ただレッドディザイアには完敗な内容で、ブエナの替わりに新たな壁が出来てしまった感もあります。とはいえ完成度はレッドのほうがはるかに上で、こちらはまだ成長の余地あり、といった感じ。エリ女ではともかく、来年は逆転の可能性も十分あります。

クーデグレイスも強い内容でした。というかここ2戦の内容はほんとうに素晴らしくて正直去年のブラックエンブレムクラスにはあるんじゃないか、というくらい。上位3頭との力の差は大きいですが、それでもミクロコスモス、ジェルミナルは押さえきったんだから十分な結果。こちらも来年に向けて楽しみな一頭だと思います。川田騎手との相性もよさそうです。

ミクロコスモスは5着まで。期待通り内を突いてくれましたが、直線ではブロードのほうが勢いがあり、結果として進路をふさがれる形になってしまいました。とはいえ、あれは不利を受けたというよりは能力の差がはっきりでたというべきでしょう。メンバー最速の上がりはこの馬の意地。現状ではもう少し短いところのほうがよさそうです。京都自体はあっていると思いますが、中山とかだともっと強そう。

ジェルミナルは道中折り合いにちょっと苦労する場面も。というか思ったより後ろからいったなぁという感じもあります。直線入り口では夢を見ましたが、内側の馬の勢いにあっという間に突き放されてしまいましたからねぇ。春からの成長という点でも上位とは差があったと思いますし、この先もG1を勝ちきるのは苦しいのかなぁと思います。よっぽど条件が揃えば連対までならあるかもしれませんが…。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブエナ降着なの?

4コーナーでごちゃついてはいたけども。アンカツはここ最近散々だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画で回顧のその前に

レッドディザイアの厩務員さん泣いてるねー。あれだけ悔しい思いをしてきただけに、喜びも一入でしょう。

結局明暗を分けたのは、両馬の競馬センスであり、枠順なんだろうと思います。昨日の予想の段階で、ブエナビスタを負かすに必要な条件は揃っているといいましたが、レッドディザイアはその条件を十分に生かしてみせた、ということなんでしょう。ただ、それだけやってこの差なんだから、ブエナビスタ恐るべし、でしょう。

3着のブロードストリートはもう少しスムーズなら、という感じはありましたね。最内に突っ込んでいったときの迫力はさすが男藤田、という感じではありましたが。

ジェルミナルは直線入り口では一瞬夢をみたけどなぁ。ただあの2頭を負かすためにはあの2頭よりも相当上手い競馬をしなければならなかったわけで、レッドとブエナがあれだけソツなく競馬をしてしまうと難しいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドディザイア残しただろう

呪いが解けたかな?やっぱりワンツーで荒れずでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目が曇っとる

ベッラレイアとレジネッタねー。先行馬不在という状況が、返って流れを早くするっていうのはよくあることなんですが、それが読みきれないようでは馬券はとれないよなー。参った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中牝馬S

不忠牝馬って変換されたよ!

◎ニシノブルームーン
○ウエディング不二子
▲カワカミプリンセス
△リトルアマポーラ
×ブラボーデイジー、ムードインディゴ、マイネカンナ

とりあえず決まっていたのは○ウエディングフジコだけで馬券もウエディングからワイドで買ってます。◎はカワカミかニシノかアマポかってところなんですが、勢いを買ってニシノにしておこう。キッターとの手も合ってると思います。カワカミは結局2着止まりではないかな。

あと秋華賞は昨日の予想のまんまで、ジェルとブエナ2頭軸の三連複を。ブロードストリートも50倍くらいついたから買ってしまいましたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋華賞の予想(仮)

ちょっと頭がボケッとしていますがとりあえず。

◎ジェルミナル
○ブエナビスタ
▲ミクロコスモス
△レッドディザイア
×クーデグレイス

とりあえずこんな感じでござい。まぁ普通に走ればブエナが勝つんでしょうが、普通に走れなかった場合を狙ってみたくなるのが馬券師ってもんでござんしょう。それならレッドディザイアよりもいい枠を取ったジェルミナル。外枠を引いたことで、スムーズな競馬は補償されたと思います。レッドディザイアよりも競馬の自由度も高く、京都内回りでも上手く立ち回れそうなこの馬に思い切って◎を打ちたいと思います。祐一もそろそろG1獲っておきたいころだと思いますし。

対抗はブエナで仕方なし。10回やれば7~8回は勝てるんじゃないかとも思いますが、残りの2~3回になるのが競馬というものでもあり。臨戦過程は不満だし、枠も絶好じゃない。それに京都内回りという要素を加えれば、今回が他馬にとってはこの馬に先着する最大のチャンスであることは間違いないでしょう。

3番手はミクロコスモス。正直力は一枚落ちると思いますが、内枠を引いたので妙味有に。プレッシャーはアンカツと四位が背負ってくれるという状況での豊は物凄く怖いと思います。内をついてスルスルと、という展開は狙ってるんじゃないのかな?あとは馬がそれに応えられるだけの精神力を持っているかどうか。

レッドディザイアは4番手で。メンバー的には確かに断然の2番手ですが、今回はちょっと人気になりすぎている気がします。こういう時の四位っていう人はどこか守りに入ってしまうところがあるのが…。仮にブエナを抑えきったとしてもその前にもう一頭ということになりそう。

あとはクーデグレイスに少し期待を。ローズSではこの馬が一番強い競馬をしたといえなくもありません。後はあのときの調子を維持できているかどうか。

とりあえずこの5頭まで印を。あともう少し狙いたい馬もいますが、それはまた明日頭がクリアになってからということで。ブロードストリートは3着までならあるかもとは思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋華賞枠順確定

ブエナは3番
http://keiba.yahoo.co.jp/race/denma/0908040411/

枠を見た第一印象としては、ジェルミナルは抑える必要があるけどブロードストリートはちょっと評価を落とそうかな、といったところ。まぁいつも通り当たらないインスピレーションではありますが。

ブエナビスタはどの道最後方まで下げることにはなるんでしょうが、どうですかね、この内枠は。下手にスタートで出てしまうとマイナスに働きそうではあります。レッドディザイアは腹括って前にいく、という考えもあるでしょうが、なにせ四位騎手のことですからおそらく中団でじっと待機ということのなりましょう。
面白い競馬をしそうなのは豊=ミクロコスモスか。人気も微妙だし、枠的にも内を掬う気満々でしょうね。後は馬の力がそれに応えられるかどうか。あとはクーデレちゃんに期待したいところですが、前走メイチかもしれないので当日待ち。モルガナイト辺りも面白そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】二の轍は踏まず…毎日王冠など

朝まで飲む→そのまま学校へ行く→勉強するも途中で力尽き帰宅→仮眠→起きるも思考停止状態→そのまま出走時間

という感じで結局今週はまともに予想もせずで大変失礼しました。それでもこっそりマッハヴェロシティに期待して馬券を買ったけど、出負けした話にならず。これは本気で逆神の症状が出てますなー。

'09毎日王冠 / ウオッカ

ハロンタイム
13.0 - 11.3 - 11.5 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 10.9 - 11.1 - 11.6

去年よりは遅いペース。
にもかかわらず去年と似たような負け方をしたウオッカ。去年追い込んで届かなかったのを今年は早めに前に付けて差しきったカンパニー。

ウオッカに関しては集保が気分悪そうに走ってた、といっていましたが、確かにリラックスして走っているようには見えませんでしたね。結果として逃げる形になった上にナムラクレセントに絡まれたとはいえ、こういう競馬は向いていないというのはあるのかもしれません。上がりの33.8というのも決してこの馬の限界だとはいえないと思いますし。ただヨーイドンの競馬は向いてないんでしょうね。去年のVマイルもそうだし、毎日王冠もそうだったので、ある程度ペースに左右されるというところがあるのでしょう。秋天に引っ張ってくれる馬が出てくるのか(角居厩舎で用意するのか)は結構重要だと思います。そういう馬がいれば、斤量-1kgを含めてまた条件が大きく変わってきますからね。

対するカンパニーはノリさんの作戦勝ちといったところ。ウオッカマークに徹して乗れば、この馬この鞍上なら逆転は十分に可能でした。これで5年連続重賞制覇だそうで、これは偉業だと思います。ただここで「勝ってしまった」というのはありますよね。本番では頭数も増えるし、ここまで簡単にはいかないでしょう。後この馬はバランスオブゲームのように1800では鬼のように強いところもありますし。1800のG1があればなぁ。

3着にはまさかまさかのハイアーゲーム。お前種牡馬になるんじゃなかったんかい。とはいいつつも、前走オールカマーも33秒台で上がるなど、上がり勝負に対応できる力は十分残っていたんですよね。引退報道に惑わされた、というといいわけにしか聞こえませんが、これは買えたかもなぁと。

ナムラクレセントの4着はこの馬の力を示した4着だと思います。並み居る重賞馬を完封しているのだから大したもので、この馬自身が重賞馬になるのもそう遠いことではないと思います。でもこのままじゃ秋天には出れないよね?それが残念といえば残念ではあります。

あとはヤマニンキングリーを除けば大体こんなもんでしょうかね?スマイルジャックは道中かかってしまったのが大きなロス。あそこは思い切っていってしまうのも一つの手ではあったかもしれませんが、ウオッカがあれだけダッシュよくいってしまうとそれも苦しいですかね。
マッハヴェロシティはダッシュがついて先行出来ていれば…という結果ではありました。ホント近いうちに逆神祓いにいってこないと…。

◇菊花賞馬の帰還

'09京都大賞典 / オウケンブルースリ

ハロンタイム
12.7 - 10.9 - 11.0 - 12.2 - 12.3 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 12.3 - 12.8 - 12.0

プリキュアは以外にいいペースで逃げていたんですよね。それにもかかわらずあの壊滅っぷりはさすがですが。3ハロン目が響いたにしては…。あとクィーンスプマンテがちょっと残りそうな展開になったのが面白かった。

実質的に引っ張ったのはメイショウクオリアとトーホウアラン。ジャガーメイルは中団後ろで、それを見るようにオウケン、最後方にスマートギア、という流れでした。

結果としてはオウケンの強さだけが光った競馬ではありました。最後の直線ではもうモノが違ったという感じで、さすが菊花賞馬、という競馬だったと思います。考えてみれば阪神大賞典以外では大ポカをやらかしていないわけで、あれを例外と見ればやっぱり安定感のある強い馬だということなんですよね。この後はJCへ、となるのかな?秋天出ても面白いとは思いますが、無理はしないのだろうか。

2着のスマートギアは追い込みにかけての競馬。強烈な末脚は持っている馬ですから、これくらいは出来て当然なんでしょうね。こちらはちょっと間隔つめて使っていることが気になるといえば気になりますか。

ジャガーメイルは道中いい感じでいっていただけに案外でした。休み明けということを考慮しても3着には来てほしかったですね。これではJCには出れないのかな?アル共は背負わされるし、どこ使うのよ。

あとは、トーセンキャプテンは久々の四位騎手だったんですね。相性がいいというのもあるかもしれませんが、ここ2週間くらいの四位騎手は乗れてる印象があります。正攻法の競馬をすれば結果を出せる人なんですよね。ただ真正面から行き過ぎるところもある人ですが…。
マイネルキッツに関しては松岡何がしたいんだと。後ろからいってどうにかなる馬でも斤量でもないだろうに。先週といい今週といいちょっとひどすぎでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年と同じ負け方でござる

ハイアー何気に3着着てるよおい。

ナムラクレセントに絡まれたことが一つ。斤量が一つ。休み明けが一つ。探せば負ける要素は十分あったということで。カンパニーは1800だと強いですねぇ。

それにしてもマッハヴェロシティの騎乗はどういうことなの。公務員騎乗にもほどがあるわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらばカツラノハイセイコ

カツラノハイセイコ逝く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00000095-jij-spo

老衰のため。33歳での大往生でした。これでハイセイコー産駒で大きいところを獲った馬はハクタイセイくらいしか残っていないことになるのだろうか。SS以降一気にスピード化が進んだ日本競馬において、この血統が生き抜いていくのは大変なことであることは分かるんだけれども、なんとなく物寂しくもあります。

個人的にはカツラノハイセイコといえば、ホウヨウボーイであり、プリティキャストである、といったところでしょうか。ライバルホウヨウボーイが若くしてなくなったことを考えると、カツラノハイセイコはその分も必死で生きていたのかもしれない、なんて勝手な妄想をしてみたり。たまにはそういうロマンチズムに浸ってみたくなることだってあるんですよ。

'79日本ダービー / カツラノハイセイコ

父の果たせなかったダービー戴冠。 シンザンにも騎乗した松本騎手は当時最高齢のダービー制覇。


'80天皇賞(秋) / プリティキャスト

もはや伝説ともいうべき大逃げ。カツラノハイセイコはホウヨウボーイを意識しすぎて6着に沈む。

'80有馬記念 / ホウヨウボーイ

両雄とも天皇賞の二の轍は踏まず。歴史に残る一騎打ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sea the stars強すぎ

内の苦しいところに入ってたんだけど、外のDar re miを弾き飛ばすように出てきて最後は突き放しよった…。

これは間違いなく近年最強クラスですわ。レーティングはどうなってしまうことやら。

2着は当然のごとくYoumzainの模様。去年といい、今年といい、相手がモンスターすぎましたね。んで3着がCavarlyman、ということは、おや?こんなところで三連単的中では。

まぁ予想大会では良く出して◎Cavarlymanにした馬鹿者なんですけどね。

orz

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画で回顧】そこにいた王者…スプリンターズS

混戦だとか言われていましたが、結局はG1ホースで決まったと。

'09スプリンターズS / ローレルゲレイロ

ハロンタイム
11.9 - 10.2 - 10.8 - 11.2 - 11.5 - 11.9

流れとしてはサイレントウィットネスのときに似てますね。そしてあの時と同じように上位から下位までは大混戦に。

ローレルゲレイロは陣営が仕上げてきたことが第一。そして第二はアルティマトゥーレが競りかけなかったこと。これによって道中楽に逃げることができたわけで、体調さえ戻っていればスリープレス以外には負けることはない、ということなんでしょう。最後ビービーに詰め寄られましたが凌ぎきって春夏スプリント連覇。格の違いを見せ付けました。

ビービーガルダンは直線入り口では絶好の手ごたえ。道中もストレスを溜めることなく好位から進められたし、こりゃ楽勝だな、と思っていましたが、そこから差が詰まらなかったですねぇ。こちらも完璧な競馬をしたと思うだけに、実力に差があるということなのかもしれません。そのほんの少しの差が大きいんですけども。

カノヤザクラは実は去年と同じような展開になっているんですよね。上がりのタイムも一緒。それでも届いたのは去年より早かったからか、展開に差があったからか。まぁローレルがいいペースでひっぱったので、それに助けられた部分はありましたか。でも体調今ひとつといわれつつもこの結果なんだからやっぱり力はありますね。

アルティマトゥーレに関してはお行儀がよすぎたとしか。これが外枠ならそれでいいんですが、内枠では包まれる危険性があるわけで、松岡騎手にはもう少し攻めの姿勢が必要だったんじゃないのかな、と思います。結局直線ではその消極性をノリさんをつけこまれるように、外から被せられてしまいました。こういう甘いところがあるようではG1では厳しいよな、と思ってしまいます。

シーニックブラストに関しては、不利が全てでしょうし、あれで走る気をなくした部分が大きいでしょう。でも今日の展開では来ても3着までだったでしょう。やっぱりこのレースを差して勝つのは簡単じゃないってことですね。

それにしても、1着から15着がコンマ6秒差ですからね。展開一つで大きく着順が変わっていたレースだったと思います。ただ上位二頭はやっぱり抜けて強いかな、とも。というか、

カノヤザクラ…1.07.7
ソルジャーズソング…1.07.9

出遅れなかったら3着あったんじゃねーの?勝ったときに限ってやらかすんだから、本当ウチパクと相性悪いわぁ…。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オディール

これはダメか……?

嫌な止まり方をしたな。騎手も下馬しているようだけども、これは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画で回顧の前にさらっと

直線入り口ではビービー楽勝だと思ったんだけども。そこからローレルが粘ったなぁ。

アルティマはあのスタートならハナを獲ってしまえば良かったと思う。松岡騎手らしく好位に控えたんだけど、おかげで入り口ではコースが狭くなってしまいました。カノヤザクラは体調一歩といわれつつも、腹を括って控えたのが逆に良かったですね。アイルラヴァゲインはここで走るのか、という感じです。中山得意だけどさ。

というかあれですね、シーニックとやらかしたのはコーセーですね。イギリスでやらかしたばかりですけど、これは大丈夫なん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春夏スプリント連覇は

同一年度なら初かな?ビリーヴはと年をまたいでいたよね。フラワーパークが初年度にやってましたorz

というかなんだこの写真w フラワーパークとエイシンワシントンの再現なるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーニックブラストは

これでいいのかなぁ?ちょっとよく見えないというか、覇気がないように感じるというか…。

そんな素人目を信じて

◎ビービーガルダン
○アルティマトゥーレ
▲ソルジャーズソング
△プレミアムボックス
×キンシャサ、グランプリ、アポロ

ってな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1鈴鹿毎週やってください

みんなの競馬がつぶれて、ワイド中継でメインレースが見れるならそれが一番いいよ。頼むよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、世界を知れ…スプリンターズS予想

Sacred Kingdomが遠征断念したとはいえ、Scenic Blastを迎えることが出来たのは喜ばしいこと。過去のスプリンターズSではSilent Witness、Takeover Targetという二頭の世界クラスの馬が共に結果をだしています。前走10着に敗れているとはいえ、去年の豪年度代表馬にして今年のRoyal Ascotでも結果を出した馬。実力が出せればこの馬、だと思います。

ただ、過去勝った海外2騎は強力な先行馬だったのに対して、Scenic Blastは追い込み馬、というのは付け入る隙にはなりそう。というか、ここ5年間の勝ち馬はみんな先行馬で、追い込み馬は2003年のデュランダルまでさかのぼらなければならないんですよね。てなわけで、

◎ビービーガルダン
○アルティマトゥーレ
▲シーニックブラスト
△ソルジャーズソング
×グランプリエンゼル、プレミアムボックス、サンダルフォン、アポロドルチェ
キルトクールはカノヤザクラ

高松宮記念はあれだ、幸四郎だったからさ。

と思いつつ、去年の3着馬を本命に。前走鮮やかでしたしねー。枠もアルティマトゥーレよりもいいところを獲ったと思います。少なくとも連軸としては不動では。

アルティマはスタートで後手を踏んで包まれる、という心配は不要だと思いますが(この馬はとにかくダッシュ力がある)、前走ほどストレスなく先行する、というわけにはいかなそう。逃げてしまうのも手ですが、藤田=ゲレゲレが許すまい。そう考えると、ビービーよりは評価を落とさざるを得ないかなぁと思います。

シーニックブラストは3番手評価で。展開としてはやっぱり先行有利かなぁと思うんですが、届くだけの力は十分ある馬だとも思います。あとは体調が全てでしょう。

△はソルジャーズソングで。狙ってたのに相性の悪いウチパクかい。叩き2走目はいい競馬をするイメージがあるんですが、どうなりますやら。

あとは手広ーく4頭ほど。この中ではサンダルフォンはちょっと厳しいかな、と思う一方、プレミアムボックスなんかは一番面白そうだと思っていたり。まぁここ最近の流れからすると真逆の結果になりそうではありますな。アポロドルチェはもうだめかと思っていましたが滑り込みましたね。こういうときは一発あるで。

キルトクールはカノヤザクラで。去年ほどの勢いはないだけに…。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相性悪し

ついこの間までは豊との相性が最悪で、買うとこない、買わないとくるっていうことばかりだったんですが、一昨年のメイショウサムソンのJC辺りからその辺りはだいぶ解消されてきました。ダービーでは本当にお世話になったしね。

だからかどうかは知りませんが、その相性の悪さが最近は豊からウチパクに移ったらしい。買うとこない、買わないとくる…。

とりあえずあのクロフォードのどん詰まりっぷりはどういうことなんでしょう?枠の影響は確かに大きいとはいえ、ここまで相性が悪いと…。ニシノは来たのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'09 Prix de l'Arc de Triomphe !

現地時間4日。前日のPrix de la ForêtにはGoldikovaが登場。更にl'Arcの次のPrix du CadranにはYeats様と流石ロンシャンウィークエンドってところですね。

今のところダントツの人気はSea the starsで、その後にFame and glory、Conduit、Cavalryman、Vision D'eta、Stacelitaときて去年の二着馬、愛すべきYoumzainといった感じ。一昨年の4着馬Gatawayと今年のヨークシャーオークス勝ち馬で去年ヴェルメイユ賞でZarkavaの2着だったDar re miがその次で25倍。

人気上ではこんな感じですが、実際のところは3歳3強といったところではないですかね。今年の古馬は去年ほど目立った馬がいるとは思えませんし。

抜けているのはやっぱりSea the starsでしょうが、こちらは直前までスクラッチの恐れあり。そうなるとFame and Gloryでよさそうな気もしますが、Cavalrymanはロンシャン2400を2連勝中だし、鞍上はL Dettori。決してひけはとらないと思います。オッズもつくし、馬券を買うと仮定するならこちらから。

◎Sea the stars
○Youmzain
▲Cavalryman
△Fame and Glory
×Stacelita、Vision D'eta

たぶんなんだかんだで二着はYoumzainだとおもう。というかそうあって欲しい(笑)

という願望を踏まえた上で、こんな感じでどうでしょう?Sea the starsがスクラッチした時は、◎Cavalrymanで他を繰り上げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりリオでした

ペレが泣いてるー。ブラジル人は早くも脱いでいるー。

マドリッドも二回連続ヨーロッパっていうのはやっぱり高い壁だったねー。
それにしてもスペインが南米唯一のポルトガル語圏の国に負けるとはこれいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週は台風だそうです。

まぁとりあえずはシカゴ(笑)とかいって心を慰めておけばいいんじゃないですかね?

大体にして北京でやったばかりなのに又アジア、という時点で相当無理があったとは思います。現時点ではまだ結果は出ていませんが、リオできまりじゃないのかな?セクシーダンサーが見たいです。

travis / Why Does It Always Rain On me?

雨の日はやっぱり雨歌だねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は凱旋門賞

本気で忘れてた。

とりあえず出走馬が確定したらさらっとやりますか。あの馬とかは当日スクラッチしそうですけども…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »