« ふっじさーん予想 | トップページ | 運命の分かれ目 »

菊花賞最終予想

結局風邪が治りきらないまま。最近いいことが全くないのぅ。とはいえ一応予想だけでも完結させて置かないとね。

◇東の総大将

京成杯ではアーリーロブストに逃げ切られるも強い競馬、皐月賞では先行馬で唯一粘りこみ、ダービーでは後方から唯一追い込んでみせ、セントライト記念で着差は小さいながらも他馬を完封。実は今年一番安定した走りをみせているのはナカヤマフェスタなんですよね。
前走の負かした相手に不満はあるものの、能力でいえばリーチ、アンライにひけをとらないだけのものを持っていると思います。問題は距離であり、鞍上ですが、長距離ではESPの影響もそこまで大きくないこと、距離についてもドリジャよりは柔軟性がありそうなことを考慮すると、今回のメンバーではトップクラスの評価をするべきだと考えます。

◇抽選を潜り抜けた馬たち

評価が高いのはアドマイヤメジャーとスリーロールスの二頭ですか。このうちアドマイヤメジャーは前走で3着に入っておくべきだったと思うので、そこまで評価は高くしません。対するスリーロールスはある程度評価すべきでしょうか。このとき二着にちぎったジャミールがトップカミングを次走で負かしていますしね。勝ち星が1800しかないというのが気にかかりはしますが、DD産駒ですし、個人的には鞍上浜中というのもポイントではありますか。

その他ではやっぱりノリさんのポルカマズルカ。正直力不足だと思うし、京都の芝が合うかといわれると?なのですが、鞍上が怖すぎますからね。余裕があればヒモで、という程度でいいとは思いますが、一応。

ヤマニンウイスカーは前走は藤岡兄がやらかしたので仕方がないと見るべきか。鞍上和田は何気に強化してると思います。ただイコピコもそうですが、マンカフェって長距離がどうかなーというクエスチョンはあり。

◇あとは

アントニオバローズに関してはスパッと切るということで。喉の炎症がどうか、というのが全てですが、そう簡単に完治するものなのか、という気もしますし、一頓挫あった馬は切るというのが信条ですから。走られたら仕方ないでしょう。
シェーンヴァルトは某タテヤマさんに被るといわれていますがどうですかね?ただ今年に入ってから何気に大崩はしていないとは思いますよ。前走もこっそりメンバー二番目の上がりですし、本当に走らなかったのは札幌記念くらいなんですよね。ということでこちらも一応。

◎リーチザクラウン
○ナカヤマフェスタ
▲セイウンワンダー
△スリーロールス
×イコピコ、シェーンヴァルト、ヤマニンウイスカー
キルトクールはアンライバルド

リーチとナカヤマはほぼ互角と見ていますが、鞍上と総合するとリーチがやや上か。ただ豊が今日勝ちまくってるのは気になります。こういうときは翌日ダメなときが多いからなぁ。セイウンワンダ-はこれくらいの評価をしていい馬のはずです。あとは上がり馬ではスリーロールスを一応筆頭に。イコピコ、シェーン、ヤマニンまで印をつけておきます。キルトクールはアントニオでも良かったんですが、人気のあるほうを。やっぱりアンライに淀の3000は長いと思います。2200くらいなら断然の本命なんですが。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

|

« ふっじさーん予想 | トップページ | 運命の分かれ目 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/31929317

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞最終予想:

« ふっじさーん予想 | トップページ | 運命の分かれ目 »