« ジャパンカップの出走予定馬と軽い展望 | トップページ | 風邪っぴきの京阪杯予想 »

JC出走予定外国馬の参考レース動画

風邪が治りません。

動画で回顧は今週中には必ず。とりあえずはJC出走予定馬の検討を優先させます。

'09 Joe Hirsch Turf Classic / Interpatation

Interpatationにとっては実に4年ぶり2年ぶり(失礼しました)の勝利。ターフクラシック招待とは何気に相性がよくて、4着、3着、2着と来て今年の勝利でした。2着がBCクラシックでZenyattaの2着だったGio Pontiなので、レベルが高い…と思いきや、タイムは12Fにもかかわらず2.41.22。Softの馬場を考慮してもちょっとスローすぎる流れを逃げ切ったというわけで、どちらかといえばGio Pontiがポカやらかしたという見方のほうが正しいのかも。ただ最後はGio Pontiを差し返すという根性を見せていますし、馬場が悪化するようなら妙味ありか。今週末は天気が崩れるかもしれないようですし…。

'09 Canadian International / Champs Elysees

4着がMarsh Side、5着がJust as Well。Marsh Sideは去年のJCで直前回避という憂き目にあってしまい、今年はそのリベンチマッチなわけですが、正直去年ほどの勢いがあるかといわれると微妙なのかもしれません。このレースでも力負けの印象はぬぐいきれず…といった感じ。
Just as Wellはその更に後ろ。この結果だけ見るとかなり苦しそうですが、アーリントンミリオンでGio Pontiの2着がありますし、決して侮れない存在と見ます。外国馬で穴を空けるならこれか。

'07 Gran Criterium / Scintillo

探せばあるもんですね。2着は今年のドバイDFでウオッカを破ったGladiatorus。そう聞くとかなり強いんじゃないかと思えますが、今年のキングジョージでは大差の9着と近年の成績はぱっとせず。とりあえず今年の外国馬の中では一番格下、ということでいいんじゃないでしょうか?血統的には父ファンタスティックライトとJCとの因縁を感じさせますが…。

'09 Breeders Cup Turf / Conduit

説明不要な今年の目玉。実績で言えば歴代の出走外国馬の中でもトップ10には入るかもしれません。
とはいえ、凱旋門賞、BCTという2大目標を走った後であるということ、来年はビックレッドFで種牡馬入りするということをあわせて考えると、顔見世出走の側面があることは否めません。もちろん、調教師はあのM・スタウトですし、全く勝算がないままもってくるとは考えられませんが、信頼の◎というわけにもいかないでしょう。
というわけで、とにかくこの馬は調教と当日の気配が重要になってくると思います。個人的には8割以上の出来にあるなら普通に勝ち負けするだけの力はもっていると思いますが……。

追記

合田さんコラムより

来年から日本で種牡馬として繋養されることが決まっているため、繋養先のビッグレッドファームが仕掛けた「顔見世興行」のように捉える向きもあるが、これは事実に反する。現役で走っているうちは、コンデュイットはオーナーブリーダーであるバリーマコール・スタッドの所有馬だ。ローテーションに関して、日本サイドが「要望」を出すことは出来ても、決定権はなく、どこを使うかを決めるのはバリーマコールである。

だそうです。となると、心配なのはむしろBCT後にアメリカ→イギリス→日本という移動を二週間の内に行ったことの疲労がどうか、ということなのかも。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

|

« ジャパンカップの出走予定馬と軽い展望 | トップページ | 風邪っぴきの京阪杯予想 »

動画で予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/32342190

この記事へのトラックバック一覧です: JC出走予定外国馬の参考レース動画:

« ジャパンカップの出走予定馬と軽い展望 | トップページ | 風邪っぴきの京阪杯予想 »