« 久しぶりー | トップページ | 朝日杯FSの出走予定馬と軽い展望 »

【動画で回顧】Fly High!…阪神JF

案の定最終レースで減らしたでござる。

'09阪神ジュベナイルフィリーズ / アパパネ

ハロンタイム
12.2 - 11.0 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 11.8 - 11.1 - 12.4

ペースに関しては去年とほぼいっしょ。流石に大外からぶっこ抜いたブエナビスタと比べるのは酷ですが、上位馬は例年並みのレベルにあると見ていいと思います。

アパパネはゲート入りを嫌った上でロケットスタートというよくあるスタート。折り合いが心配されましたが今日はなんとかついていましたね。前走と比べてペースが早かったというわけでもないので、精神面での成長があったのかもしれません。もちろん次のレースで悪さをする可能性もあるのですが…。
最後の直線も空いた内側を上手くつくことが出来ましたが、珠玉だったのはゴーサインを出したときの脚。ウチパクがあっという間に差されてしまったというように、あの反応の良さは見事でした。それでいて最後まで脚も止まっていないのですから、力も本物。とりあえず桜花賞まではこの馬中心で回っていくと見ていいでしょう。

二着のアニメイトバイオは決め手の差が出てしまった感じがあります。先行していた分もありますし、直線も最後までアパパネに喰らいついていましたが、実力の差はちょっとあるんじゃないかな、と思います。春までにどこまで成長するかが鍵ですが、ゼンノロブロイ産駒なら早熟ということもないんじゃないでしょうか。にしてもロブロイ産駒がG1を走る時代になったのね…。

三着のベストクルーズは中団から差す競馬。こういう器用なところがあるのがこの馬の魅力な気もしてきましたが、3着に終わってしまう辺りもこの馬のキャラクターを特徴付けている気がします。器用貧乏から脱出するには思い切った競馬が必要な気もしますが…。

4着のラナンキュラスはエンジンのかかりがやっぱり遅い気がします。距離がもう少し合ったほうがいいとも思いますが、先行するのも向いてないような気がします。もちろん切れ味不足を補う意味もあるのかもしれませんが、ダラダラと脚を使うよりは思い切った競馬をするほうがよさそうです。まぁそのためにはもう少し距離が必要ということになりそうですが…。とりあえずオークス辺りまでは結果が出なくても見捨てないつもりで。

5・6着に入ったシンメイフジとタガノエリザベートは外に振られたのが痛かったですね。コーセーはG1になると普通のジョッキーになってしまうんだよなぁ。新馬戦では凄いのに。
それはともかく、あれだけ外を回ったにもかかわらず0.4差なのですから、この2頭は本物ですね。展開次第ではアパパネを上回っていた可能性も十分あります。とりあえず桜花賞に向けてはこの3頭がちょっと抜けたかな、という印象です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

|

« 久しぶりー | トップページ | 朝日杯FSの出走予定馬と軽い展望 »

動画で回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168533/32599512

この記事へのトラックバック一覧です: 【動画で回顧】Fly High!…阪神JF:

« 久しぶりー | トップページ | 朝日杯FSの出走予定馬と軽い展望 »